FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年4月4日と5日、バンド三昧。

4日の火曜日、Lanternのジャムセッションに2時間ほど遅刻して行ってみる。なにしろ皆さん20時から呑んでるもんだから、22時くらいに着くといい感じで僕だけ素面なのね(笑)。ピアノチームは4人ほどで、僕は例によってむずかしい曲はパスして、と思っていたらなんかよく知らないロッカバラードを、しかも譜面なしのヘンなキー(Abでしたか)で弾かされて(ウソ。喜んで弾いてはいましたが)、よせばいいのにソロまで廻ってきました。いやまあ、なんとかはしましたけどね。

体調はまだあまりよくない。



5日の水曜日、とりあえずのセンセーは生徒46号さん19回目で、ネタがないので井上陽水『少年時代』のAメロだけソロ譜でざっくり書いて、これは宿題。あとはストロークの話とかスリーコードの話とかでお茶を濁す。

自分でコードを書き出せるようになりたいのだそうで、「数をこなすことですね」と言ってみたら「数をこなさなきゃダメなんですね」って、どこかで聞いたようなことをおっしゃる。人ってのはたいがい「これができなきゃダメ」とか言ってるからなんにもできないんだけどね、といったお話もしてみました。

ちょっとそのあといろいろあって、4年目にしてセンセーはHawaiian Dreamを離れるかもしれません。そのへん追ってお報せします。いや俺のことならぜんぜん構わないんだけど、教室の都合で生徒さんにご迷惑をかけちゃいかんよ、そりゃ。ましてや校長先生が責任回避でウソつきはじめるにおいてをや。


ジルコンズ、左から最大、最悪、最高、最低 お稽古後のちょうどいい時刻から代々木のゲートウェイスタジオ(牛とは関係ない)でZirconsのリハーサル。ええ、4月19日にライブ演りますからね、よろしくお願いします。

最高がピアノの準備をしていて、「ほい」ってんでJanis Joplin『Move Over』の譜面が出てくる。「へえ、Cってこう弾くんだ」とかバカを言いながら、Zircons個人芸コーナーのために2度ほど合わせてみて満足する儂らはあいかわらず仕事が早い。クロマチックのモーションがけっこう多いのだが、まあなんとかしましょう。つぅか、ふつうピアノとのデュオでこの曲を持ってくるものなのだろうか。いやまあいいけど。
僕の個人芸? ギターとのデュオで、歌とウクレレとハーモニカとベースとピアノを演ろうと思っているのですが、と言ってみたら個人芸コーナーのトリが決定! まあいいか。

Zirconsのお稽古のほうは、ライブのセッティング通りに曲をどんどん演っていって、ヤバそうなところをチェックしていく。というか僕は記憶力がヘタクソだもので、たまにまったく記憶にない曲とかがあって、面白いなあ。面白がっている場合か。まあ、あと2週間もあるからなんとかなるべい。


過剰に多い煙草休憩では、
  • ローリング・ストーンズの話(最高は上海公演に誘われているのだそうな)、
  • 東京ドームの話、
  • 『SIXTY MINUTES MAN』を自信を持って歌えない話(今からでも『Sixteen Minutes Man』に変更できませんか)、
  • 僕は友だちはいないが敵は多いぞ、みたいな話(最悪が倒れた)、
  • 「友だち」と「恋人」との間の遠い遠い距離の話、
  • ウクレレ弾き語り3時間公演の話、
といった感じで楽しく。ヘタに演奏なんかしないで、この楽屋話をステージで公開したほうが面白いんじゃないか、なんてたまに思うことがあります。放送はできないけどな。


スポンサーサイト



footcopy