FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年3月15日、お仕事。
なんということもなく朝からテープ起こし。瀬名秀明を読んでいてよかったなあ、という感じの細胞内部探検隊のお話でたいへんに楽しい。昼過ぎにだいたい終えて、納品。

夕刻から音羽屋に出て、郵便物をまとめたりとか単純作業。校閲もちょっとやったのだが、正月に初校を読んでいる筈なのにまったく記憶になし。郵便物発送の刻限がタイトだったもので、タバコ休憩(トイレ兼)はナシで2時間ほども働いているフリをする。

19時にシビックセンターに郵便物を提出して、丸の内線をわざと後楽園から大回りして新中野へ。車中で都筑道夫『怪奇小説という名の怪奇小説』、読了。たいへんおもしろい。ちゃんと怪獣も出てくる。1975年の作で、当時無かったものはえーと、携帯電話とパソコンと五百円玉とビデオデッキと、あとなんだんべ。

晩飯は新中野「尚ちゃん」でワンタンメン。それで某事務所に集金に寄ったら、27,500円貰える筈のところが「カネがない」とのことで15,000円だけ貰ってしょんぼり。あと適当に帰宅してお風呂。晩酌のツマミに豆と蒲鉾。


明日は、四谷三丁目ソケーズでリコちゃんのライブ見物。某人に貸し出すウクレレ持参、と。


スポンサーサイト



footcopy