徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


やる気なし。
今日の英語のお勉強:

stigmaって、僕は「聖痕」という意味しか知らなかったのだけれども、西欧圏ではけっこうネガティブな表現なのかな。そういえば『エクソシスト』で聞いたような気もするのだけれども調べる根性がない。まあいいや。


今日の日本テレビ:

ワイルド・エンジェル 今日のフジテレビのゴールデンは大作『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』なのね。対する日本テレビの金曜ロードショーは『ワイルド・エンジェル』っていうドイツの(たぶん誰も知らない)映画。念のために書いておくと、ピーター・フォンダとかジミヘンとかは出ていません。

その日本テレビには、かつてCXが『タイタニック』を放映したときに哀川翔+志賀勝『借王』をぶつけてきたという過去がある。ここまで一貫していればその基本姿勢は立派だよな(「当て馬」という言葉は死語なのだろうか)。僕はいっそ清々しい日テレの姿勢にエールを送る、その調子でどんどんやってくれ。


今日の生徒さんから質問:

会社でウクレレ部を作るとかいう話があって、

ウクレレの選び方、どんな曲が弾けるか、あたりを知りたいって人が社内に。なんて言えばいいんだろう。
うわ、重っ。

  • 借りた楽器(←重要)である程度弾けるようになってから「判ってる楽器屋さん」に行くか、
    あるいは「ある程度弾ける人」を同伴して「判ってる楽器屋さん」に行くこと、
  • いずれにしても、ブランドより何より楽器の個体差が大事なので、それが判断できるようにしておくこと、
  • 自信がないならT's Guitarさん買っとけ、

  • 弾ける曲に制限はないこと、
  • 証明してあげるからライブに来てみなさい、

といったあたりか。質問してくれるのはありがたいし当該の件についてはそのうちまとめるようにしたいけど、

  • エクス質問者は楽曲とかをなんで天井のほうから考えるかなあ。
  • 楽器だって「気に入ったものを買う」だけのことぜよ、
何が判らんのかがほんまには判らんもんで答えようが実はない。
夜半というか就寝前(21時くらいか)、そのへんから掘り出してきたレトルトの豚汁にこーれーぐーすと個装胡麻(やっとみつけた2.8g×15本のスティックタイプ)。
あとポッキーとかかりんとうとかそんなん。まあいいや。


スポンサーサイト
2006年3月31日、サワーグレープ。
13時、本日のミッション一旦終了。いや、まだあとテープ起こしが30分ばかりあるんですけど。腹具合はあいかわらずで、歩くとふらつく。座って仕事しているぶんには平気。1時間ほど横になってからお仕事再開。16時に一段落、17時までに納品完了。ふう、膝が抜けそうだ、儂も齢かのぅ、ごほごほ。
今日のニュース:

前原民主党、瓦解。時系列から判断すると、執行部が退陣を決めてから永田議員の辞職が申し出られたように思えるのだが、そうすると永田さんひとりで民主党を倒しちゃったということになるなあ。日本の古代史を崩壊させたフジムラ、日本の高層建築を崩壊させた(まだ崩壊はしてないみたいだけど)アネハと思い合わせると、ひとひとりのチカラってとても大きいんですね。よし、僕もいつかは。

というか、先に崩壊していたのは権威をカサにきたシステムのほうだったというほうが教訓っぽいのだろうけれども。考古学界しかり、建築審査システムしかり、民主党しかり、聴覚障害者福祉しかり。


今日のニュース(2):

例の電気用品安全法というかPSEマークのごったごた(と言ってしまおう)で、経済産業省が売買可能品(要申請)のリストを出してきた。読むと笑っちゃうような代物なのだが(「大手楽器店」のMOF担みたいなインテリが、それも無茶な納期を押しつけられて相手をしてあげたのに違いない)、なにしろ例によってPDFなので読みづらいし検索能の低いこと夥しい。こういうリストをメーカー別のhtmlで記述しちゃいけないっていう決まりでもあるのかね。
おまけだが、リストには随時「ビンテージ楽器等」(笑)が追加されていくらしいのだが、それにしてはファイル名に日付が入ってないぞ。楽器商は毎日PDFをダウンロードしてベリファイしろってか? ほんとバカ。

ちょっと経済産業省のサイトから引用させていただく。

~前略~いわゆるビンテージと呼ばれる電気楽器等(~中略~)については、希少価値も高く、その取り扱いに慣れた者の間で売買される蓋然性も高いという特徴があり~以下略~
そんな蓋然性ねぇよ、バカじゃねえの? ローズのスーツケースだろうがコンボオルガンだろうがmidiが付いてなきゃ叩き売りだし(僕は欲しがるが、一部のマニアの範疇にいるだろうことは自覚している)、価格目当てで中古を漁る中学生(褒めてます)だったらうじゃうじゃいるだろうし。 よし楽器について「希少価値」を言うならば、それは経年変化により音色が向上していく木製楽器(ex. エレキギターとか、数多の生楽器とか)か、現在では期待できない機能(無いことは無いがタッチビブラート、あるいはハモンドのトーンホイール)を装備した電気楽器くらいのものだろう。後者は本当にレアなので、法的規制をかける意味が判らない。

それよりなにより、「旧い機械が危険」であるのならば、経済産業省はあくまで「検査を前提としたPSEマークの付与」に固執すべきだろう。そうでないなら、法の基本理念が間違っているというだけのことだ。
そもそれ以前に、売買を禁止するより先に国民の各家庭にある機器をいちいち検査していくべきではないのか? 余計なお世話だっちゅうの。

各地でいろいろとイチャモンが噴出しているようだが、とりあえず衆議院議員・川内博史さんのblogを読んではいる。民主党だっていうあたりがタイミング最悪なんだけど、頑張っていただきたいものだ。


The中古楽器屋さんのサイトを見にいったら、トップページに「買い取り再開!!」と大書してあったのが涙と笑いを誘いましたな。日付?
更新:2006年 3月 30日 (木)5:29 PM。

今日の郷土愛:

再放送の『水戸黄門』(もちろん僕が観ているのだからフィルム撮りの東野英治郎版)を眺めていたら、今日は宇都宮で黄門様が「釣り天井」(断じて「吊り天井」ではない)にひっかかっておられた。

僕も出身は宇都宮で(生まれは大阪の天王寺だが)、そういえば餃子を無理矢理流行らせる以前の宇都宮の売り物は「干瓢」と「釣天井」だったなあ、なんて思い出したことでしたよ。いや、それだけ。


 大谷灯籠・2尺5寸 0325アップ祭5 0330アップ祭5ふと思い出したが、そういえば名産の「大谷石」というのもあって、ほら、田舎の石倉なんかに使われてる穴だらけの凝灰岩なんだけど、ご存じあるまいか。
まあ「干瓢」と「天井」くらいしか売り物がないものでこの大谷石も地下から掘りまくって、しまいにゃ地上で崩落事故が相次いで最近はあんまり掘ってないらしい。さすがは僕の育った町だなあ、なんて思わないこともないわけで。

晩御飯の用意がなにもできていないのだが、寝る。限界説。
夜なべテープ起こし。
夜なべテープ起こし。

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーDVD-BOX 1 深夜に働いているからって俺が偉いわけじゃない、単に昼間のハタラキがないだけのことだ。それは判っている。判っているなら文句も言うなと理性は告げる。そんなことで片づけば、却って人生はつまらないんだろうな。

午前2時、お腹が空いたもので近所のサンクスまで出て、レトルトの黒米と中村屋のスパイシーチキン、景気づけにウイスキー・ボンボンと鮭ハラスなど買ってくる。いやまあ、アル中のやることですから、ずらりと並んでいる焼酎だのビールだのを買ってこなかっただけ褒めてくれや。

エイリアン2 アルティメット・エディション <初回限定生産>3時から東京12チャンネルで『エイリアン2』がかかっていたので、音声を消して映像だけ流しておく。もとより眺めているヒマなんかないのだが、不思議と人が死んだりする場面では手が勝手に休むあたり、うまくできてる。いやまあ、何度観たか判らんくらい観ている映画ではあるからなあ。とりあえずラストの要撃戦とバスケス爆死だけは見逃さないようにして、そこに合わせてカレーなどいただく。あとはまあいいでしょう。

導入部のバカ中尉はやっぱし腹が立つのでシカト(こいつは後に漢を見せるが)。こいつといいウェイランド湯谷のアホ社員といい、実は反資本主義映画なんじゃねえのかこれ。

【予約】 小出由華1st写真集「DEPARTURE」あとがんばれニュート。ヒマこいて(忙しいのに)調べてみたら、ニュート役の女優さんってこれ1作で映画は辞めちゃったみたいね。どうやらお父さんの仕事の都合でイギリスに行っちゃったらしくて、どうやらアメリカのウゴウゴ君といったところか。お元気ならいま30歳くらい(当時9歳)、想像がつかん(笑)。

まあ僕も『ゴジラ2000』でさりげなくゴジラに踏みつぶされていたり、『オートバイ少女』の函館上映イベントであがた森魚のバックバンドにいたり、『スーパーナチュラル』のオープニングアクトに出てみたり、『いそしぎ』だの『冬のソナタ』だののレコーディングもしているくせに(←まったく自慢にならず)、映画産業とはすっかりご無沙汰だしなあ、いろいろあるのでしょう。


午前6時、ちょっと限界を迎えて少しだけ眠る。
いちおう一段落はしていて、あと1~2時間あればぜんぶ終わる。筈。
2006年3月30日、しょぼたん。
【送料無料】ウコンの力 ウコンエキスドリンク 100ml 2ケース (60本入り) けっきょく昼間は一日じゅう寝床で死んでました。夕刻からちょっと桜など眺めながら歩いて、コンビニでオムスビとユンケルとチョコとお茶など買ってきて、20時くらいからあきらめてお仕事。どうでもいいけど寒かったね、花見に行かれた皆さんのご無事をお祈りします。
22時半、おむすびなど齧りつつちょい休憩。東京12チャンネルで『レッド・ブロンクス』がかかっているのが丁度いい感じで脳味噌に優しい。

メシ食ったらまた仕事だ。テープ起こしってBGMとかかけられねえからつらいよなぁ。


ワーナー・ホーム・ビデオ レッド・ブロンクス スペシャル・エディション (2枚組)追記:
そのジャッキー・チェン『レッド・ブロンクス』に、「屋外ステージの目前まで巨大ホバークラフトが暴走してきて大騒ぎなのに演奏をやめようとしないバカなヘヴィメタル・バンド」というのが登場する。先日は『大怪獣東京に現わる』にも「日本が滅亡しようとしているのにショボくライブハウスに出演しているバカなロックバンド」というのが出てきたのだが、個人的にものすごく好感度高し。
2006年3月29日、のんびり。
【0325アップ祭10】急性吐瀉病、腸炎、下痢症に杉原達二商店の散剤 四逆散(しぎゃくさん) 400g のんびりというか、日曜日からこっちvery soft stoolsがずうっと続いておりましてね(belowな話で申し訳ありませんね)。もう征露丸も酢突破も効きゃしません、しょうがないからほぼ寝たきり状態が続いているのでした。今晩じゅうになんとかしないと、明日シメキリの仕事がかなりヤバいぞ(現段階で既にものすごくヤバいのだが、病身を抱えて仕事にかかっても時間の無駄だし、という考え方なんだな)。

ガキの時分から、胃は滅多矢鱈と丈夫なのだけれども、腸は弱いんだな。義務教育履修時分はまだ「学校でトイレに行くのが恥」な時代だったもので(今は知らん)、けっこう辛い思いもした。長じてからは「酒飲み便秘せず」というわけでだんだん馴れてきたのだけれども、もともとの基準が軟らかいものだからちょっと腹を下すとたいへんなことになるわけですよ。いやまいった。まあこの話題はこのへんで。


STUSSY 018557Super Skull App Sweat(Full Zip Hoodie) 今日は特売で買ってきた千円の髑髏マークのロンTを着ている。単に正面に骸骨の絵が描いてあるバカな品かと思っていたら、今日になってバックプリントに"Skull Equality"とあるのを発見。訳すと「にんげん一皮むけばみな同じ」ってな感じか。

うーむ、馬鹿な衣裳(僕はふだんからステージ衣裳で生活している)だと思っていたら、それなりに立派な人権思想を語っていたのだなあ。失敗したなあ。特売のついでに「7足千円」という気の狂ったような安売りの靴下も買ってみたのだが(品質はまともでした)、翌々日くらいに通り掛かったら「10足千円」になっていた。踏まれたり蹴られたり。


ソルジャー ものすごくくだらないことを書こうと思って、とりあえず楽天アフィリエイトで『ブレード・ランナー』の映像素材を探してみたら、なんか無くね? いや、こないだ新宿TSUTAYAで現物は見かけたような気がするからまあいいや。リンク先はカート・ラッセルの『ソルジャー』で、そう言われてみれば「『ブレード・ランナー』の続編」という気もしないでもない。まあ劇中のカート・ラッセルが自閉症かというと、そうとも見えないわけではあるが。いや、レプリカントもなにやら進歩したのでしょうよ。

さて、ものすごくくだらないことのほうだが、さらりと流します。その『ブレード・ランナー』でデッカードが「ウドン、フォー」(正確にはgimmi fourか?)と言ったら屋台のオヤジに「2つで充分ですよ、判ってくださいよ」と言われるシーンがあるのだが、これは「吉本新喜劇からレイザーラモンHGが登場し"フォー"で大ブレイクする」ことの予言だったのではないのか? 「2つで充分ですよ」というのは、ぜんぜん目立たないRGの存在をこそアピールしているのではないか。わかってくださいよぉ。


見事です!!さぼてん寄せNO1 関係ないけど、今年の椿ってずいぶん遅くない? 桜と木蓮と辛夷と椿がいっぺんに咲いているのって初めてかもしれない。ついでに雪まで降ってきた(笑)。

もっと関係ないけど、音羽屋にはひょろりと立っているサボテンさんがお一人、住まわれておられる。先日ふと気がついたら、非常口のわきの窓枠にハート型のサボテンさんが住まわれているのを発見、音羽屋オフィスまでお連れして挨拶していただいた。

私はなにをしているのだろうか。いやまあ、ある意味いい話でしょ?


明日はお仕事。

いや、まじヤバい。

2006年3月28日、不言実行。
この人、ほんとに『キングコング』に出ていたのだろうか。
朝、バナナ。
昼、コンビニ飯。
夜、コンビニで「つぶ貝」とかチーチクとか餃子とか小龍包とかカップ麺とか。

コンビニで売られている丸善のチーズちくわには切ってあるものとまるのものとがあるのだが、切ってあるほうが150円、切られていないほうが100円なんだな。さして分量が変わるような気もしないのだが、なんでこんなに価格が違うのだろうかしらん。


ブレイド3 アンレイテッド・コレクターズ・エディション ◆20%OFF! いーかげん脳味噌がですね。大脳新皮質はとうに使い尽くして、大脳辺縁系は視床下部あたりまで干からびていて、しょうがないから脊椎反射で仕事してます。ええ、腰のちょっと上あたりでもの考えてますよ。文句ありますか? ありませんね。よし。ええ、いませんだみつおゲームやったら、たぶんネアンデルタール人に負けます。そのへんが実力ですな。

ちょっとその神経細胞というか脂肪分(だよね?)を休ませようと思って、東中野GEOでなるべくバカなビデオを借りてきました。『ブレイド3』、文句ないよな。


120分経過。いいねえ、ソリコミ入れたヤンキーがテンパって悪と闘う話。いや、Yankeeったってもともとウェズはアメリカ人ですけどね。楽しませていただきました。
コンビニの餃子とかレンジで焼いていたらだんだん悲しくなってきたもので、閉店間際の近所の魚屋さんでハマグリを買ってきて、よく洗ってから吸い物にしてみました。併せて水菜と麸、味付けはお塩オンリーでそれなりに。

調理中にCX『世にも奇妙な物語』など眺めていたのだが、なんでこんなにつまんないんだろうか、いつもいつも。ラリー・コーエンとかジョン・ウィンダムとかフレドリック・ブラウンとか岡崎二郎とか藤子Fとか、先達の遺産を(生きてる人もいるけど)なんだと思っているのだろうか、製作陣は。


あれ?

カップ麺買ったような気がする。
ぜったいカップ麺買ったような気がする。
カップ麺買ったような気がする。

どこにあんねん。

ユーリズミックス。
スウィート・ドリームス 期間限定 廉価版 ◆20%OFF! GyaOにライブ映像があったのを眺める。いや、音楽的にはどーでもいーんだけど(つうか、『Sweet Dreams』以外覚えてねえぜよ)、ずいぶん昔にロンドンのカフェだかパブだかでたまたまデイブ・スチュワートと話をする機会があって、あいつが「バンド演ってる? 楽しいよ」って言っていたのが印象深い。いや、マジでいい奴でした。つうか、ただの楽器とバンドと音楽の好きなにいちゃん。

あー、バンド演りてぇ。

と書いて2秒で気づいたのだが、今やニート脱却した俺ってば、すぐできんじゃん。人を集めてスタジオとって、あとはハコを押さえるだけのことだ。他人のためなら年柄年中やってるこっちゃねえか、こりゃ気づきませんでした。
痛い。
これはちょっと前のケガ。 いまさら特段に驚くかたもいらっしゃるまいが、真っ暗闇の台所で思いっきり転びました。ヒジをちょっとやったのと、左手の親指がやたらと痛い。折れてはいないと思うんだけど、いずれにしても騒々しいことです。

タイピングとウクレレを試してみたら、まあ痛いのを我慢すれば実用性に問題はない。
まあ、せいぜい冷しとけってことだな。コンビニで氷を買ってきました。寒い寒い。

朝23時起床。
演奏中。 もう生活時間とか無茶苦茶なんだけど、まあどうでもいいや。

そういえば今日は音羽屋に行くのを忘れていたのだが。ほんとは行かないとマズかったような気もするのだが、まあ忘れていたものは仕方あるまい。社長も忘れてくれているといいな。明日行ったとして、頭ごなしにものすごく怒られないといいな。暗い部屋の隅っこで仔ウサギのように震える私。


4月11日のライブに向けて、少々レパートリの見直しなどする。毎度同じだと俺が飽きるからなあ(お客さんからは『All of Me』演れとか『ラストダンスは私と』演れとか年中言われるがシカト)、ちょいとストーンズとかウェスタンとかRC Successionとか山崎ハコとかを混ぜておくことにする。1曲くらい作ってもいいくらいの勢いで、ふだん演っていないものを演りたい。
お客さん(か、てきとうにつかまえたゲストさん)にウクレレを弾いてもらって、僕は歌うだけ、なんてのもいいな。楽しみだな。
音羽屋では、オンライン辞書でMerriam-Webster Onlineというのがあって、goo辞書がなんとなくイマヒトツ(というか、コンサイスやエクシードでなんとかなるようなもんじゃないんだな)なもので重宝しているのだけれども、なにしろ物件が英々辞典だもので難儀していたのだが、さいきんいいものをみつけました。Merriam-Webster for Kids! うん、ちょうどいい感じです。
エイリアン・ネイション 叩き売りされていたDVD『エイリアン・ネイション』、観る。そうか、あいつってばテレンス・スタンプだったんですね、知りませんでした。いや、よくできていると思います。

そういえば生徒さんから「B級映画ってなんですか?」という質問があってまだお答えしていないのだが、こういうのがB級。スタジオがAとかBとかは関係なくて、「併映に堪えるかどうか」が僕としての「B級映画の基準」なのであって、ペキンパーとかはずうっとA、『ターミネーター』とか『インデペンデンス・デイ』とかがBでしょう。

基準がよく判らんくなったについては、僕のせいじゃないよ。知らん。

2006年3月27日、おうちでお仕事。
あいかわらずなにを教えているのか判らないセンセーの私(笑)。
お稽古風景、演奏中の生徒さんです。
朝、てきとうに起床して粛々とテープ起こし。ご飯を食べるのを忘れていたもので、昼過ぎに慌ててバナナ(生)とコーヒーなどいただく。そんなに捗りもしないが、初日はまあこんなものでしょう。

夕刻から東中野ライフまで出て、鱈の切身と豆腐と蒟蒻と、浅蜊の缶詰と大根など買ってくる。昨日の水菜とまいたけが残っているので、晩飯は素直に煮物のペアですな、どうやら。


今日のシルミド:

フルメタル・ジャケット組の生徒さんたちの披露宴イベントはどうやら大成功だったようで、なんでも花嫁さんが『てんとう虫のサンバ』を聞いて涙したらしい。珍しいこともあったもんだが、もともとその心算で作ってたもんね、俺。生徒さんたち(無料で教わってた見学さん含む(笑))、うまくやってくれたようです。


今日のウクレレ:

そのシルミド組のいち生徒さんの会社で「ウクレレ部を作ろう」というヨッパライ話がどうやら具体化しそうなのだそうで、数名は「10万円くらいの予算でウクレレを買いたい」のだそうです。「最初に安物を買っちゃうと長続きしないような気がする」のだそうで、いつどこで僕の講話を聞かれたのだろうか、その会社幹部のかたは。たいへんいい考え方だと思います。

どうやら僕がセンセーで呼ばれるらしきこともあり、Ko'AlohaとG-StringとKAMAKAとT'sとマーチンとか揃えられると面白いなあ。ええ、単なる私利私欲ですとも。


4月のウクレレ:

4月11日の火曜日、新宿Mojo53さんでのライブなんだが、曲目はともかくとして大まかな流れは考えてみました。

  1. 19時ころ:現場でリハーサルというか音の確認ですね。なに、マイク2本なんだから10分とかからんでしょう。
  2. 20時ころ:開場。キャパが十数人がとこだとも思うのだが、独自イベントは久し振り(前回は2002年の秋のバッキーではなかったか)だものだからあんまり気にしない。というか、このキャパシティだと入るも入らないもないもんな、どうでもいいや(笑)。
  3. 20時30分:第1部開演。この日のポイントは「開演時点で素面であること」であって、あとは(焼酎のストレートだとヤバそうなので)ジントニックなどでゆるゆると酔っぱらっていく予定ではあるのだが。
爾後、第1部でちょいと難しそうなソロワークなど演って、40分目くらいで10分休憩を入れて、それから無理矢理「ウクレレ教室」を演って(例によってくだらないやつ)、また休憩を入れて、第2部ということで22時くらいからどうでもいい弾き語りをメインで演ってみようかな、といった感じか。レパートリーを洗い出したらものすごい数になった(Hawaiian Dreamのファイルだけでも200曲近くある)もので、ハーモニカとかの余計なことはしない。
あと、おーうちさんとか来ちゃったら無理矢理引きずり込んでなんか演ってもらおうと思う。

お店のチャージが千円なのだが、この金額が僕の思惑で自由にアップできるらしいんですね。またお呼びがあれば、次回1,100円、次々回1,200円ってな感じで徐々に吊り上げて行って、どこでお客さんが来なくなるのかを見るのもまた一興でしょう。楽しいな。

footcopy