FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年2月20日、雨。
珍しく早起きして(つまり昨晩は酔っぱらって、いい気分で眠ってしまったわけですよ)「さぁて、仕事すっか」と思ったところに実家の母から電話があって、昨晩から父が腹痛を訴えてたいへんだったらしい。「医者に行くのは嫌だ」って、誰かさんみたいなことを言っているらしい(僕です)。

しょうがないので、軽い朝飯とコーヒーの後に急ぎのテキスト仕事を1時間くらいでやっつけてから、とことこ歩いて実家まで行ってみる。なにやら胃のあたりが痛いらしくて、父はまだベッドでごろごろしていた。言い出したらきかない誰かさんのように難儀な性格なのは判っているのだが、いちおう説得を試みてみる。

り「医者行きゃいいじゃん、どうせ医療費安いんだし」
父「仕事があるし、大学病院でたらい回しにされるのが嫌だ」
り「たらい回しにされるくらいの病気だったらなおさら行っとかんと」
父「何か見つかってまた痛い思いをするのがヤだ」
たしかに5年くらい前の胆石では偉い目に遭ったらしいが、だからっつうてあんたは俺か(笑)。

いろいろあって、近所の開業医には行ってみるということで話をつけて、いちおう付き添っていって医院に放り込んで帰宅。あとで電話で聞いてみたら「風邪か胃炎」だったらしいのだが、あそこの評判のいい開業医さんがじつはけっこうクイック・シルバーであることを僕は知っているので多少の不安がないこともないが。まあ、しばらく待っても症状が改善されないようなら、勝手に大学病院にでもなんでも行くだろう。はい、この件おわりっ。


今日の疑念:

仕事絡みでなんでかこんどはドイツ語が出てきてですね。「fuer」というのは「für」のことだと思うのだが、ワードでの入力方法がよく判らん。めんどくさいのでYAHOO! Deutschlandまで行ってコピーさせてもらって来ました。やりようはあると思うんだけどな、そのうち調べておこうかと。

あと、Dresdner Kreuzchorという固有名詞が出てきましてね。「ドレスデン十字架合唱団」って感じなのだろうと思うのだが、「Dresdenの」ならば「Dresdener」なんじゃねえの?と思って調べてみたら、これは「Dresdner」で正解らしい。
まあ勉強にはなるのだが、ネットだと「Dresdner」と「Dresdener」がけっこう混在しているのがまたよく判らない。


午後からテープ起こしにとりかかって、また「同時通訳モノ」だったのだが、英語部分を省いて録音してくれているものだからところどころ内容がよく判らない。いや、ヒアリングがヘタクソでも固有名詞部分なんかは原語があったほうが判りやすいんだよね。それでテープというかMP3の50分ほどをほぼ2時間で仕立てて、念のため1時間ほどかけてブラッシュアップする。仕事としてはラクなほうかな。

たまに脳味噌を使うときには「おめざ」を常備しているのだが、今日は目先をかえて「かりんとう」を採用してみたらこれが大失敗(笑)。噛み砕くときのボリボリ音が邪魔して、MP3の音が聴こえないんですよ、なるほどね。次回からやっぱりチョコレートにしましょうか。


さて、買物行ってきて鍋でも仕立てて、一杯やって寝るとすっか。


スポンサーサイト



月曜日、午前7時起床。
今日は急ぎのテキスト作成が1つ、本日中のテープ起こしが1時間分。
余裕があれば音羽屋にも行く、と。

日曜日は世界最大の日本語ウクレレ・メーリングリスト「最初はC」のオフライン・ミーティングで、六本木に午前9時集合で23時解散(笑)。僕の演し物は午前中の『B級ウクレレ講座』と、午後の一芸大会で『カーニバルの朝』、『涙そうそう』、『涙そうそう(ピアノ)』、『Crazy G(ピアノ)』。
朝、コンビニの「いちごみるくサンド」とコーヒー。
昼、カバテツとラーメン屋に行って餃子とビールと生ニンニク。あとでじゅんきちに「にんにくくさい、にんにくくさい」と言われた。
夜、ウチアゲで和民。いろんな人があいかわらずダメで楽しい(救助してあげた人が2名)。帰りの大江戸線は寝すごして練馬まで行きました。

土曜日はまずセンセーで、生徒76号さんと77号さんと78号さん。ちょいと書いておいた『結婚行進曲』の単音とストロークをみっちり演ってから、ちょい延長で『てんとう虫のサンバ』も診てあげる。

そのあと2時間かけて『もののけ姫』『Bohemian Rhapsody』のコード譜を採って(いやあたいへんでした)、四谷三丁目Sokehs Rock横ヤン・ナイト。
ふつー『Bohemian Rhapsody』をデュオで、それもリハ1回で演るか?(笑) ちなみに曲の真ん中へんでウクレレも登場しました。あとはThe Beatlesバンドの人とかゴスペルの人とかがでてきて、楽しく深更まで。

footcopy