FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年1月27日、電気掛け毛布。
午前9時くらいに起床、洗濯機を廻してからお風呂に入って、音羽屋へ。
しまった、バナナ食べるのとお洗濯物を干すのを忘れた。

11時から、重役出勤の社長が不在の音羽屋でしみじみと原稿整理など。
昼、セブンイレブンの牛ゴボウ弁当。漢字で書くと牛牛蒡弁当。
日暮れ、セブンイレブンの豚ネギ塩弁当。
いいかげんちょっと食生活を考えないといかんな。社長が愛ツマ弁当持参なのは正解なのだろうが、そんなわけにもいかねえしなあ(弁当作ってる間に日が暮れるな、僕の場合は)。

夕刻からちょいとお仕事がcomplicatedなことになってきて、新旧の建築基準法での耐震仕様の違いとか、通常光の光量による光速の違いとか(そんなものはないと思うのだが)、感覚刺激の強弱によるシナプスの伝達速度の違いとか(これならあるかもしれない)、なんか余分なことばっかり調べていたような気もするのだが。いや、社長としては「そこまでやるのは編集の仕事じゃないよぉ」とのことだったのだが、そういう性分だものですみません。


19時頃に退社して、中野の元締のところに向かおうと思って携帯電話にメールしたら、なんでか赤坂見附界隈にいたらしいもので、意味なく新宿で合流。

漁師のお母さん自信たっぷり!じゃこ天地元・吉田町で捕れた魚で作ります。『はるちゃん天ぷら...今日の晩飯は新中野の四国屋さんで、僕は「じゃこ天うどん」、元締は「ごぼう天うどん」。じゃこ天とごぼう天を半分ずつトレードしたのだが、どっちもバカうま。牛蒡天はともかくとして、ジャコ天のほうはインチキ前歯の心配をしながら(鯖に負けたのだから、さつま揚げライクなジャコ天に負けても不思議はない)だが、とにかく食ったね。
えーと、次回は「かきあげうどん」で決まり、だな。揚げ物と牛蒡天が美味いのだから、かき揚げが美味くない筈がないのだ。

そのあと元締の事務所にて、先日の僕仕事の不具合についてこんこんと説教されてヘコむ。でも引越で不要になったという電気かけ毛布をお土産で頂戴して復活する。子どもか>>じぶん。


帰りがけの総武線で乗り合わせたどう見ても小学生らしき男子3人の話が面白かった。

「‥‥だからアメリカにナメられてるんだよ」
「そうだよな、ちょっと戦争に勝ったと思って日本を植民地くらいに思って」
「牛肉偽装とかいい例だけど、対米輸入なら日本がダントツだぜ」
「買ってもらわなきゃ困るとは思ってるんだろうな」
「だいたい日本経済がコケても困るのは向こうだろうに」

「姉歯さんの偽装って、なんか圧力がかかったんでしょ?」
「いや、圧力とかじゃなくて、営業政策的にやったみたいよ」
「それより問題は、行政の側が偽装を見破れなかったことであって」
「だって偽装するとか思わないじゃん」
「人間のやることには必ずミスがあるんだから、そこを見張るのが行政でしょ?」

時刻からすると塾帰りかなんかなのだろうか。この会話を吊り革にぶら下がって遊びながらやってるんだからたまらない、なんなんだこいつらは(笑)。お兄ちゃんちょっと混ぜてもらいたかったんですけど(爆)。
明日は、
  1. 昼間は適当にしてテープ起こしなど。音羽屋さんでやるかも。
  2. 17時から久々のセンセーが2コマで、
    1. 生徒72号さん5回目は『涙そうそう』のソロ譜と『星に願いを』のコード譜ってとこか。
    2. 生徒38号さん21回目は、『島唄』と『カーニバルの朝』と『Amazing Grace』のソロ譜の前に、とりあえず『救急車』が必須だな。この人は「発音する意志」さえ持てれば、あとは習いにくる必要なんかねえんだ。
夜は、久し振りにバッキーにでも行ってみっか。


スポンサーサイト



footcopy