FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年1月25日、お仕事。
昨晩はシオドア・スタージョン『人間以上』(矢野徹(たしか僕の30歳の誕生日に没、合掌)訳、ハヤカワ文庫SF)があんまり面白くて止まらなくなっちゃって、夜更かしして今日は素直にお昼起床。原因不明の宿酔を抱えたままふらふらと音羽屋へ。今日はテープ起こしじゃなくて通常業務で、訳のわからない理系の論文のゲラを4時間かけて読む。4時間読んでもなにが書かれてあるのかさっぱり判らないのだが、こんなことでいいのでしょうか。少しく悩む。

原因不明の宿酔を患っているもので、朝から(私の目覚めた時刻が「朝」だ)なにも食べずに、15時くらいにコンビニでなんかパック入りのゼリーみたいなのを買ってきて飲んで、あとはチョコレートと麦茶など。なんか食欲ないし、たまたま寄ったセブンイレブンが弁当端境期(個人的には「弁当閑期」と呼んでいる)だったこともあって、まあしょうがないな。
社長に「食糧も休憩も与えられず勤労を強いられる毎日」って言ってみたら怒られました。あたりまえだな(笑)。

あと、音羽屋就業以来の懸案だった「反古紙の山」が、今日ついにクリアされました。平たく、古紙回収に出すためにゲラとか原稿とかの山のような束からホッチキスのムシを抜いて束ねていくという作業で、昨年12月6日に最初にやった音羽屋作業がこれだったものだから「ふむ、これがメイン作業にしては時給はいいなあ」と思ってはいたのだが、無理矢理メイン作業にしていた(自称:ホッチキス部長。社長談:社長代理)ものが、本日無事終了。というわけで原稿は読めないわホッチキス部の仕事はなくなるわでレゾンデートルを喪う私。まあいいか。


19時終業と言い張っていた社長の作業がやはり20時に至って(もう馴れました)、中野の元締宅まで集金に行く。ついでに新中野駅前(駅上ってのか)「志喜千庵」で温製とろろ蕎麦など。腹が減っていたことを割り引いても、近年小食な僕が汁までほぼ飲んだくらいに美味しい(さいきんの「美味」のメルクマールは「消費量」。理性で判断したり説明してるようじゃいかんよこういうのは、『美味しんぼ』とかバカじゃねえの?)。

肝心のお仕事のほうは、品質がちょっとけちょんけちょんに言われてですね。内容に納得できるだけに、またやるこたやった心算だったからなあ、少しくヘコむ。というか申し訳ないばかり(でもギャラはふんだくった。さいてー)。


帰宅して、ネット廻りの不具合をようよう本気で治してみる。

結果はご覧の通りってわけでですね、ご心配をおかけしました(あー吃驚した)。



スポンサーサイト



治った治った。
なんとかネット接続完了。
ちなみに原因不明(さる)。
footcopy