FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年1月22日、雪かき(25日アップ)。
今日のびっくり:

ホンダ・シビック3ドアHBGL2-5 かないまるさんに教えていただいた、HONDAさん作成の現代音楽合唱作品発音からタイミングからフォルマントまで指定すると、人力でここまでできるんですね、あー驚いた。


午前中からちょいと実家に寄って、門扉から玄関先までの雪かきなどする。前の通りはお向かいさんがやってくだすったのかしらん、きれいになっていました。
うちのスコップ(へえ、scoopって書くんだ)は屋外に放置しておいたものだから、木製の把手のところにキノコが生えていました(笑)。しょうがねえなあ、もう。
というわけでそのスコップというかシャベルというかショベルでもって踏み石のところだけ軽く除雪して、竹箒で仕上げる、と。思ったほどにはたいへんでもなからせば、ラッキー。
音羽屋の社長にもらったダウンジャケットを着ていったのだが、あったかいねえ、これ。上着はずうっと皮革製品か羊毛製品で通してきたもので、暖かさと重量は比例するものだと信じて生きてきたのだけれども。なにごとも経験、だなあ。
え? ビンボー? エコロジストって言ってくんないかなあ、だいいち「貧乏」と「貧乏くさい」はまったく違うもので、僕は前者であって後者ではないぞ。「貧乏くさい」っていうのは叶姉妹みたいなのをして言うのだ。
あれ? ほんとにダウンなのかなあ、なんか「ポリアミド」しか書いてないんだけど。そもBonevilleっていうイタリアンブランドがネットでひっかからないのだが、以前にCP Companyで扱いがあったような気はするのだけれども。

実家で牛乳などご馳走になって‥‥消費期限ぎりぎりの「MEGUMILK」ってスリルあるなあ。


衣裳つながりで、Zirconsの最低が「サーモンピンクのスーツが欲しい」とか言い始めている。
テープ起こしのネタがCD-ROMで届いたのだが(もはやぜんぜん「テープ」じゃありませんね(笑))、ファイルの拡張子が「.msv」ってメモリースティック用の圧縮形式じゃんか。えーと、Memory Stick Voice Editorが要るんだけど、持ってませんよそんなもん。まあ音羽屋か元締んとこ(お、両方とも女社長)のとこにあるんじゃないかなあ。

というわけで今日は仕事にならず、ビール飲みながらお掃除などする。


今日の不具合(PC):

漬物学者が、某学者のプロフィールを調べてファクスで送ってくれというもので、調査自体は簡単だったものだから洒落でワードのドキュメントを顔写真入りで作ってみて、さてプリントしようと思ったらPCがプリンタを認識していないのだかなんだか、セキュリティがどうしたとか言っている(べつに共有設定とかしていないのだが)のを捩じ伏せようと思ったら、覿面にインターネット接続とプリンタ認識が死にましたな(笑)。たぁっ。

まあファイルさえ作れれば「髪さらさらストレージ」に放り込んでおいて、あとはネットカフェあたりでなんとかなるし(メーラもストレージに突っ込んである)、当座はどうにかなるべし。いざとなったらHawaiian Dreamさんあたりに行けばいいのだし。


ローマ字入力でドキュメントが記述できないのが弱点だなあ。
入力がめんどくさくて書く気がしないというか、(昨日音羽屋で話題になったのだが、)思考乃至は記述のリズムが親指シフトのリズムと揃っちゃっているのだろうと考えるわけですよ。たしょう外れるかもしれないのだが、実は弘法が筆を選んでいたのと同じような話なんだと思う。表現と表現技術は密接に関連しているし、表現技術と道具とはさらに密接に関連していると思うわけです(自前のスタインウェイを空輸してくるホロヴィッツとか、それこそ弘法大師とか)。

まあ、今みたいに(このテキストがアップできたとして)、テキストは家で作っておいてどこかからアップすりゃいいんだけどさ。それで問題が発生するほどタイトな案件はない(処理サイトについてはないようにしている)し、メールチェックを頻繁に為していたのは素早い反応を為すためだったし、いいや問題なし。



スポンサーサイト



footcopy