FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年1月17日と18日(かーすい)、バンド三昧。

17日の火曜日は、メインはLanternのSBCセッションなんだな。

とりあえず音羽屋で仕事でもしようと思っていたのだが、出社して2時間目くらいでリタイア。いやあ、なんか14時くらいからやたらと眠くなるし、頭頂部脇がいきなりズキりと痛くなるし、なんか体調がヤバそうだったので早退させてもらって、帰宅して2時間ほどぐっすり眠ったら復調、東中野銀座の十番でタンメンなどいただいてからランタンに向かう。なんだったんだろう、あの体調不良ちゅうか異様な眠気。


ランタンについてはスギちゃんの説明文を無断で引用させていただく(ありがとな)。
※説明しよう。
「Soul Bumpuin Crew」のシステムを知らない方のために、直木ちゃんの優しい説明講座。 この神泉Lanternのセッション「Soul Bumpuin Crew」(訳してSBCとも言う)は、とってもプレイヤーに優しいシステム。 と言うのも、、演奏した人はタダ。 でも1ドリンク以上はオーダーしてちょ。 ってシステム。 しかもしかも、、演奏した人の飲み物の料金がひじょ~に安い。 ビール400円。それ意外は、ソフト、ハード問わず300円。(ハードは勢いで言って見た。) こんな素敵なセッション。あなたもどうですか? と宣伝してみたり。。 そんなワケでと~っても大人気なこのセッションは毎回万盛り。 と~っても人がいます。 そして楽しいです☆ ネクラ大王の僕が言うからそりゃ間違いないです。 以上。

演奏中(ブルーズ中だとおっさんくさいような)。 ランタンのキーボードは入口近くに置いてあって、つまりそのへんは寒い。寒いので、最初のうちはお店の奥のほうに籠もって鑑賞に終始していました。ピアノの前に座ったのは、だんだんあったまってきた後半からだな、いかんいかん。

今回の出番はまずブルースが多くて、スギちゃんの変則ブルース(コードが変則ブルース)で変則テンションを入れまくったのがまあ得点、かなあ。あとオルガンは割と上手くいったと思うのだが、でも減点のところはいくらでもあるぞ、ナサケナイぞ俺。

疲れたので、焼肉喰って帰宅して死に寝。



18日の水曜日、 目覚めて、音羽屋へ。

インデペンドントの仕事をする心算だったものが、つい音羽屋業務などしてしまう(笑)。

あとはHawaiian DreamZirconsのリハーサルなど。いちいち書くこともないのだが、4月19日にBITでライブ演ります、よろしく。

つうわけで寝ないと。



スポンサーサイト



footcopy