FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年1月11日、センセーとか。
今日の動線は間抜けだったなあ、音羽屋の帰りに水道橋まで歩いて、総武線で代々木へ。代々木のあとはまた総武線に乗り込んで、水道橋の隣のお茶の水へ。お茶の水からの帰りは、また総武線を使うのもくやしいので地下鉄にしました。

正確には、

  1. 東中野→渋谷→中目黒(歯医者さん)、
  2. 中目黒→霞が関→後楽園(音羽屋)、
  3. 後楽園(徒歩)→水道橋→代々木(センセー)、
  4. 代々木→お茶の水(Zircons新年会)、
  5. お茶の水→新宿→東中野(帰宅)、
ってな感じ。なんかT.M.Revolutionのツアーの道順みたいなんだな。
今日のセンセー!:生徒38号さん20回目。

昨日落っこちた前歯を中目黒で差してもらって、音羽屋でなんか個人的な作業などいろいろしてから後楽園のメガネ屋さんを見学して、代々木Hawaiian Dreamへ。

18時からの38号さんは前回はクリスマス特集だったもので、今日は初心にかえって『島唄』『カーニバルの朝』『Amazing Grace』などのソロ譜など。
ちなみに『島唄』あたりは「歌ったほうがラクだし楽しいんじゃないんですか?」って聞いてみたら、やはりソロを弾きたいのだそうで。ふむ、まあそれはそれでひとつの見識だしなあ、尊重しましょう。

でもやはり「音がプチプチ」と「テンポキープがいまひとつ」というのが大問題なので、実はほかのことを診るいとまがあんまりないんだよなあ。


慌てて書き足しておくが、上達はなさっているのだ。2004年の4月24日に見学にいらして、以前のしょうもないウクレレスクール(後述)の終わるのを待って同年10月25日に僕のもとにいらしたわけなのだが、当時の記述が下記。
あーあ、左手首が全部ヘッド側からだよ。
あーあ、ストロークがぜんぶフォアだよ。
あーあ、テンポ入ってねえよ。
なにやってたんだカルチャースクール。決めた。全とっかえ。

そんなことで、ネック側から入れる手首とか、単音の人差し指残しとかを教えて、タップも入れて、といった感じで。勘のいい生徒さんであるだけに、へっぽこ教室に通った期間が勿体なかったなあ。
当時を考えれば、夢のようだ。
それで、テンポキープについては僕がタップを踏みながら指導して、と。
音がプチプチと切れてしまうについては、押弦がわりといいかげんなのも原因なのだが、なにより左右のタイミングが合っていないのが大きいよなあ。こっちはしょうがない、おそらく本人がバカにして演っていない『救急車』(単弦3-7bisクレシェンドから2-6bisのディミヌエンド)を強迫的にお薦めして、と。

あと、シューベルトのセレナーデですか? よく判んないけど演りたいとの由にて、これは「センセー譜面検討メモ」に加えて、本日終了。


Zirconsの新年会の前に、おちゃのみず楽器さんでウクレレ見物など。店長さんとけっこう深くダベって、名刺交換などしてしまいました。

Zircons新年会のほうは、大量の無駄話を交えつつも次回へ向けての気概を感じさせる内容でですね。


明日は、音羽屋で音羽屋業務と個人的業務を予定。
本日の書き落としとして、
  • アメリカ人から礼状が来た。
  • 日本人から「譜面作成依頼」のメールを頂戴した。
  • 映画『キングコング』に引用された『闇の奥』の意味がようやっと判った、ような気がする(というか、ここまで半月かかったのが間抜けでした)、
  • あとなんかあったけどもういいや(25時だし)。


スポンサーサイト



footcopy