FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年1月10日、ジャム・セッション。
HOTEL RWANDA 朝、なぜか好調に午前9時起床。お風呂の後、今日はお給料日なので早めに小石川へ。近所の喫茶店で優雅にモーニング・セット(コーヒーにトーストとゆで卵と小さなサラダ、390円)などいただいてから、音羽屋へ。90分ほど原稿整理などしてから、働きもないのに先月分のお給金をふんだくって、14時半から予約してある中目黒の歯医者さんへ。
歯医者さんはそろそろ仕上げの段階に入っていて、じゃあ4本の前歯の素材をどうしようか、という話になる。えーと、「松竹梅」とあってですね(以下グロス、但税抜き)、
  • 梅:2万円、プラスチック製でちと弱いし変色するが健保治療でお得。
  • 竹:34万円、セラミック製で丈夫で長持ち。
  • 松:44万円、セラミックの台座にプラチナが植わっている。ほんとは48万円のところ、4万円おまけしてくれるのだそうです。
ふむ、実はいま抜けている以外にあと2本の差歯がお隣にあって、そいつは景気のよかったころに「松」を植えたんだよな。ということは「梅」を採用すると前歯がツートンカラーになっちまう危険性もあるし、こりゃまいったね。せめて「竹」ということになるのだろうが、カネなんかねえぞ(笑)。
後楽園から中目黒まで移動するのに今日は丸の内線を利用して、日比谷線への乗換は「行きは霞が関、帰りは銀座利用」というのをやってみました。ふむ、乗車位置さえ間違えなければほぼ等価だな。駅構外へ出たい場合はどうなるんだろう、こんど調べてみようと思いました。
帰りの丸の内線車中扉際で、英語で痴話喧嘩をしているアメリカ人らしきアベックがおりましてな。けっこう感情的になって赤裸々なことも喋っているのだが(F言葉とかSH言葉とかも頻出していましたな)、見た感じでは明らかに「どうせ車中の人間には判るまい」と思ってるらしいんだな。
いや、座席にはけっこう笑いを噛み殺しているらしき人物が、僕を含めてずいぶんいらっしゃいましたよ。

ずいぶん以前に、昼飯どきの蕎麦屋でアメリカ人の先生風味と日本人の生徒風味と相席になったことがあって、さきに喰っていた俺が蕎麦を啜っていたら先生風味が「日本人って、ものを食べるときに音をたてるんですね」って言って、生徒風味が「ええ、マナーができていない国民ですもので」とか答えていた。そんな英会話を聞きつつマナーができていないのも国際文化交流に理解がないのもてめぇらのほうだよとは思ったが(明らかに、レイシストたる君たちこそが「下賤の民」でしょう)、大人の日本人としては特に指摘もせずに、と。それで構わんでしょう。
彼女らは極めてお静かにお蕎麦をお召しになっておられたが、その心中はお察し申し上げられないこともないのだが、なんかマズそうで気の毒でもあったなあ。つうか、あんたらは蕎麦屋とラーメン屋には来るな。バカなんじゃねえの? 日本の国民食たる牛丼でも喰ってろ、あんたの国からやってきたもんだよ。

そういえば、ベネチアでパスタ屋に入ったときには、ペペロンチーノかなんかを食べるときに僕は堂々とクーキーアエオア(お匙というかスプーンですね)を頼んだ。だってさ、そうしないとどうしてもパスタを啜っちゃうんだもの(不器用)。
あるいはボストンの饂飩屋さんでは10cm長に刻まれた饂飩に文句をつけなかったとか(不思議な食い物でした)、といった態度は非難されるには当たらないと思うのだけれども、どうなんだろう。


SF/ボディ・スナッチャ-<DVD大バーゲン>【楽天野球団】 移動中にはジャック・フィニィ『盗まれた街』を読んでいて、これがけっこう爆発的に面白くなりそうなんだけど。なんせ20分刻みくらいでの読み込みになるもんで、ちょっと辛いなあ。昨日はレベッカかなんかのパパがヤバくなって、今日はマイルズのコピーができかかっていて、こいつはマズいぞ。

そういえば小説に「カウフマン医師」というのが出てくるのだが、これは偶然なのかなあ(偶然に決まっとる)。


今日のジャムセッション:

音羽屋に戻ってもうちょっと軽作業などしてから、今日は東中野『クラブ・ラバーキャット』でジャズのジャム・セッションだ。毎月第2火曜日の20-22時、チャージが1,500円であとはドリンクだから価格としてはふつう、音はすごくよくて演りやすい。但し場内禁煙ってのは珍しいなあ。


今日の編成は、え? ピアノって俺ひとり? あとはGx3、Bx2、Ds、TSってな感じで、けっきょく持参のウクレレ(とハーモニカとカズー)はケースからも出さんとずうっとグランドピアノを弾いていました。
ちなみに、ここのジャムへの参加はほぼ1年ぶり。それも、
  • There will never be another you,
  • Oleo,
  • Wave,
  • On Green Dolphin Street,
  • Blues(知らないテーマでしかもin C),
  • Bye bye blackbird,
  • Donna Lee,
って一曲たりとも弾いたことねえぜよ(ほんとにジャズピアニストなのか俺)。まあ、譜面があるからなんとかしたけど、さらに全曲でソロと4barsが廻ってくるんだから堪らない(笑)。ちょっとアタマ使っちゃったかもね。みなさん、ありがとうございました。

次回はそうだな、『You don't know what love is』とか『Well you needn't』とか『'Round about midnight』とか演りたいような。


今日の国際交流:

帰宅してみたら、外国人から英文のメールが届いていた。

Reviken:
Where can I listen to samples from Herb Ohta Jr.'s Ukulele Paradise? It appears that this CD is only available in Japan but I would like to hear a bit of it to make sure that is the one I am looking for before I place an order. Any help will be appreciated.
Thanks,
Jerry

誰なんだよJerry(笑)。ジュニアのCDのサンプルが聴きたい? 日本限定発売? 前半は俺に質問する理由が判らないし、後半はデマだとは思うのだが、いちおうサイトを調べてあげて教えておきました。

まあ知りたいというのだから教えてあげるのは構わないし、ときどきは僕の勉強にもなるわけなのだから(今回はならない)ある意味ありがたくもあるのだが、どうでもいいけど英語圏の人って滅多に礼状を寄越さないねえ。ドメスティックだとたいがいは礼状もいただけるしゲンブツが届くことさえある。

そういえば、以前に「学研の社員」を名乗る人物から「ジョーズの正式バージョンは何作目までありますか?」というそれこそ「なんで俺に聞くとよ?」というメールがあって教えてあげたら梨の礫だったりなんかもするが、あれはなんだったんだろう(アドレスは*@gakken.co.jpだったけどな)。


帰宅して、焼酎など舐めながらニボシを齧っていたら、また前歯が落ちました。
もちろん「仮歯」なのだから抜けなきゃ困るのだが、正面2本が落っこちているという間抜けな仕様なので明朝はまた歯医者さんだなあ。
あと、18時からセンセーは生徒38号さん20回目。前回と前々回はクリスマスソング特集だったもので、どうやら『カーニバルの朝』と『Crazy G』と『Kaimana Hila』で様子をみてから新ネタってところか。
そのあと、20時からお茶の水のカラオケ屋さんでZirconsの新年会、というか謀略会議。

昼間はそうさの、音羽屋でテープ起こしでもするか。とりあえず加藤歯科医院の予約がクリティカル・パスということにならん(前歯代の調達がボトルネックだな)。いや、マジで俺ってばラウンジ・ピアノの仕事を捜してます。



スポンサーサイト



footcopy