FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年1月9日、音羽屋。
HOTEL RWANDA 備忘録:1月14日、映画『ホテル・ルワンダ』公開。公開要望のネット署名に参加した際に「公開されたら観にいきます」って書いちゃったからなあ、約束は守らんと。

そして僕にはシアターN渋谷というのの入場方法がいまひとつ判らんのでした(笑)。ま、いまだにスターバックスでの注文方法が判らんでバナナとか喰ってるようなやつですから、ミニシアターなんぞ知らん(バイオハザード以外で人が病死する映画とか観ないし)。


そういえばなんかの祝日なんだけど、午後から呼び出されて音羽屋へ。

今日は2時間ほど原稿整理などしてから、ほっといたテープ起こしのほうにシフトする。QC(って死語か?)絡みの同時通訳講演会のテキスト起こしなのだが、なんか同時通訳さんの挙動が不審だ。なんというのか、英語(ものすごいフランス訛り)の後追いで、英単語を日本語の文法に乗せて喋ってくれるんだな。たとえば、そうさの。

    ほんとにこんな感じ:
    『Take the "A" Train』の3から4バーズはホールトーンスケールですから、in CならばDから始まる6ノーツになります。
    こうありたい例:
    『A列車で行こう』の3小節と4小節は全音音階になりますから、ハ長調であればレ(ニ)から始まる6音で構成されます。
ぶつくさ言いながら2時間ほどもだらだらと処理してから、やっと気がついた。どうやら講演にスライドかパワーポイントかなんかが付いていて、この通訳さんはそれをまるごと読んでいるのだ。じゃあ、その資料をクライアントさんから提供して貰わないと話にならんな、はい今日おしまいっ。あとは明日だ、こういう決断は早いぞ僕は(笑)。
この時点で18時くらいなんだが、人っ子一人いないオフィスに居残り中の社長ひとり置いて帰るのもなあってんで、さらにそんなには信用していないのだが社長が19時半には帰ると言うもので、サービス残業でちょいと付き合ってあげる。具体的には、馬鹿話などしながら、山になっている不要書類のホッチキスを引っこ抜いて個人情報関連部分はシュレッダーにかけて、残りは反古にする、と。この軽作業で編集作業分の時給を貰うのもなんだし、たまにゃあいいでしょう。

とか油断していたらけっこうコキ使われたりなんかして(笑)。


東中野ライフで、半額になっていた「浜茹でズワイガニ」と、半額になっていた加熱用生牡蠣を買い込んで帰宅。先日来の鍋シリーズの豆腐とか野菜とかに牡蠣でトドメを刺して、カニは500円なら安いんじゃないかという魂胆。
明日は、
  1. 午後の歯医者さんに行きがけの東中野サミットでお手軽にメガネを注文して(所要30分程度を予測)、
  2. ヒマがあったら中野の元締のところで新型イヤホンを奪取!
  3. 14時半からの歯医者さんでは前歯の型をとって、
  4. 16時くらいから音羽屋で原稿整理があって(というか、そろそろ著者校を返してくれないと出版できませんぜ先生)、
  5. 希望としては20時くらいからラバーキャットのジャムに、ものごっつ久し振りに行きたいような(お給料日だし)。
ということは、家を出る時点で、
  1. 新型メガネのお手本になる悪者サングラス、
  2. 旧型メガネ、
  3. ウクレレとハーモニカ、
は持っていくわけだな。
ボディ・スナッチャーズ(期間限定)さて歯医者さんでの僕は、型取りとか加工待ちとかのヒマな時には治療椅子で胡座をかいたり体育座りしたりして文庫本など読んでいるヘンな患者ではある(だってヒマなんだもん)。とうぜん佳境にさしかかったジャック・フィニィ『盗まれた街』(ハヤカワSF文庫)も持っていって、ついでに歯医者さんのうがい用の水の出がショボいもんだからエビアンのペットボトルとか持っていったりしているんだな。

ひょっとして迷惑なのかも知らんが、そんなもん知らん。



スポンサーサイト



footcopy