FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


1月6日、またしても音羽屋(もういちいち「音羽屋」って書くのやめちゃう)。
ふつうに朝8時半くらいに起床。なんか絶好調かなと思ったら、ご飯とビーフシチューと辛子明太子の朝飯を食べたあたりからなんか薄ら眠くなってきた(笑)。どうやら昨晩のキムチ豆腐鍋と酢豚(張り込んだね)が一瞬だけ効いていたのか、あるいは風邪を追い払っちゃったものだから細胞が喜んだのだがさすが俺の細胞だけにバカだから喜びすぎて疲れちゃったとか。

とりあえず、やっと届いた韓国農水産物流通会社のカレンダーを飾る。昨年も使っていた非常に美しい品で、知人に頼んでおいたんだな。


うすら眠いまま、今日の音羽屋内職で使う音声データをCDRに焼いたり、じんのくん(お元気だろうか)の開発アプリケーションを「髪さらさらストレージ」に放り込んだり、昨夏から使っていない親指シフトのノートPCを引っ張りだしてきてお掃除したりしてから、昼前に音羽屋編集部へ。とりあえず、昨日やり残していた原稿整理を13時半までに終えて、と。
その時点でタイムカードを打って退勤扱いにして、あとは音羽屋経由で請けたテープ起こしに移行。つまり自営業モードにシフトしたわけで、まあ「間借り」ってことやね。
社長:ということは、いつ魚屋さんに買い物に行ってもいいってことだね。
りび:いつも平気な顔して行ってますけど。
社長:いつ煙草休憩してもいいし。
りび:ふだんも平気な顔して休んでますけど。
ヤなバイト君だなあ、雇っている側の気が知れない(笑)。それでも肩書は社長代理。でも今日も近所の魚屋さんで助宗鱈の切身を買い込んできました。

持参のノートを音羽屋の社内LANに繋いだり、イケメンじんのくんのテープ起こしソフトをあっちとこっちのPCに放り込んだりしてから、のんびりとテープ起こしを開始して、夕刻までに作業見込み12時間分(多め)の1/6パートを消化。テープ起こしは最初のうちは慎重に作業するべきものだから、結構いいペースだと思う。途中で助宗鱈を買いにいったり、なか卯で肉うどん喰ったりしてたもんな。

適当なところで解散して、東中野ライフで助宗鱈に合わせる糸蒟蒻とネギとまいたけ(喰える)など買い込んで帰宅。テレビ欄に『バーティカル・リミット』と『半落ち』と『女王蜂』が並んでいたなかから日テレ『バーティカル・リミット』を選んで、スコット・グレンもいいけどイチローもいいなあなどと思いながら雑用など。


あとヒマネタ。

駄洒落。
社長:ここの確認を怠ると、乱丁が発生するわけよ。
りび:美は乱丁にあり。
社長:……。

日本語文法。
なになにを話すという意味での「オハナシスル」というのの日本語表記なのだが、「お話する」というのと「お話しする」というのの2種類がある。もちろん原稿整理をする側からすれば統一を謀るべきなのだが。
社長としては「し送り」をしたいらしいのだが、僕としては送りたくない。本来ならば「ハナシ」をサ行変格活用するのか、それとも連用形として扱うのかという話なんだから(←勘で書いてますが)どっちでもいいのだろうとは思うし、そうすると先ずは好みの問題。あとはどちらが誤解が少ないかという話になるわけで、説得戦略を構築中。前哨戦ではとりあえず僕の勝ち(だったと思う(笑))。

巨匠もいろいろ。
音羽屋の隣の古本屋さんの日替わりの棚に、今日はポー『モルグ街の殺人』があった。
ポーは嫌いじゃないけど、むしろところどころ積極的に好きだけど、『モルグ街』だけは「ヒドい小説」だなと思ったよな、たしか小学生の時分に。だってよ、あれだけやっといて犯人は××でしたなんて、読者をバカにしてるとしか思えないでしょう? エドガー・アラン・ポーも生活たいへんだったのかなあ、なんて思わないこともないのでした。

『バーティカル・リミット』
スコット・グレンは経年変化でリチャード・ウィドマークに似てくるのかなと以前は思っていたのだけれども、思いっきりデビッド・キャラダインになっちまっているような(髪形のせいもあるのでしょう)。
映画のほうはそれなりに面白くて(撮るのはたいへんだったろうなあ)、『恐怖の報酬』(フランスのほうね)はすぐに思いつくのだが、復讐劇と人命救助のほうも引用がありそうなんだけど思い出せない私がバカだ。ちきしょ。

あと助宗鱈の鍋を仕立てて、適当に飲んで風呂入って寝る、と。

明日からは、

  1. 土曜日は歯医者さん、
  2. 日曜日は17時からウクレレのセンセーで見学さんがいらして生徒さん増えちゃったらどうしようとか思っていて、
  3. 月曜日は祝日を吹っ飛ばして音羽屋でお仕事、
  4. 火曜日はせっかくなのでラバーキャットのジャムに行きたい、かなあ、
ってな感じです。


スポンサーサイト



footcopy