FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


お仕事とか。
朝、てきとうに起床、コーヒーと粉砕バナナチップ。明日は加藤歯科クリニックで下顎のメンテナンスがあるからな、ちょっとはマシな生活が広がる筈だ。そんな期待を膨らませつつマンションを買ってみたらスカだった人もいるのだろうなあ、無辜の民が被害を被っているのは間違いないのだからここはいちばん国がなんとかすべきではあろうとも思うのだが、単純にすぎるだろうか。だってよ、明らかに被害者には責任はないし、危惧されているのは自然災害の影響なのだから、ちょいと法を拡大解釈でもすりゃどうにかなるのではないのか。俺ん家? 数年に1度くらいは雨漏りするような長屋だが、お隣にお住まいの大家さんが腕のいい大工さんなのですぐに修理してくれる。たぶん地震で全壊しても1週間くらいで直してくれるに違いない。
一昨日に請けていた仕事のシメキリが今夕で、作業時間をほぼ3時間と見込んでいたもので、余裕を見て午後からのんびりと作業にかかる。13時の昼飯は、ハナマルキのインスタント味噌汁をレトルトご飯にぶっかけて麸と納豆と生卵を放り込んだ、要するに「並のつゆだくにギョク」並みの「飲み物」だな。きっと咀嚼筋あたりが退化し始めているのに違いない。前歯がぶっこ抜けてからの半月で、体重が2kg半ほど戻りましたな(増えたんだよ)。いやあ、冷凍のグラタンとかパックのスープとかって意外とカロリーがあったんですね。それと、野菜がほとんど摂れなかったのも痛かったかな。そんな暮らしも明日までだと信じたい。

お仕事のほうは、久し振りに左脳を使うみたいな感じで、まあそれなりに。似合わないことをするとちょっと疲れるのだが(基本的には「総合判断と反射神経」が僕のウリだとは思うんだな)、それなりに仕上げてはみた心算。ちなみに、インターネットがなかったりブロードバンドじゃなかったりするとものすごく手間を食う仕事なのだが、今日びそんなものは卓上にあるのですごくラクになった。


メール納品の後、夕刻から某所事務所まで仕上げ&集金に向かう。

某所事務所に着くなり「弁当買ってきてくれ」って言われて二千円渡されて、近所の弁当屋(レジのお姉ちゃんが可愛い)で社長には生姜焼弁当、僕は他に選択肢がなかったので麻婆丼。それで仕上げ作業などして、トッパライで12,000円を頂戴する。そのあと、おごりだと思っていた弁当代を400円取られる。まあいいか、バンスを含めて15,000円の売上は、明日の歯医者さんとZirconsのリハーサル・スタジオ代で消え去るであろう。


あと、テレビ廻りのヒマネタ。

東中野のレンタルDVDの「GEO」をヒマこいて熱心にチェックしてきたのだが、品揃えはダメだな(僕にとっては、ですよ)。先代のビデオRさんは『2000人の狂人』とか『エル・トポ』とか『まぼろしの市街戦』とかも平気な顔をして置いていたのだが、そんなものは根絶されてふつうの作品しか置かれていない。それはいいとしても、『カンフー・ハッスル』よりも『少林サッカー』よりも『少林サッカー・外伝』のほうが在庫が多いってのはどういうことよ。マーケティング担当者がぜんぜん映画を好いていないことはよく判る。
個人的な好みで言えば、ビデオR時代と比べると、店全体で怪獣の数も死体の数も流血量も10%くらいになっているんだろうなあ。『死霊のはらわた2』と『ブレイン・デッド』が無かったもので「もしや」と思って調べてみたら、案の定だが『Night Head』も無かった。図書館かよここは。
どのみち、棚を眺めている僕の目の前を店員がなんの挨拶もなしにソフトを抱えて通りすぎるし(ふつう一言しねえか? 客商売じゃねえの?)、棚のソフトもバラけ放題で見た目が美しくないこと夥しい(商品に対する愛情がないことが判る)。
もういいや、早期入会特典の割引クーポンがあと25枚ほどあるのは誰かに進呈して、大江戸線中井駅上のTSUTAYAにでもシフトすることとしましょう、あそこだったらせめて『ダークシティ』は置いている。


俺たちの勲章 Vol.1 さらにテレビネタで、帰宅して譜面台に乗っけっぱになっているテレビ番組表をみたら、TBSの2時間ミステリー『父が来た道』というのが監督・出目昌伸に脚本・鎌田敏夫って『俺たちの勲章』やんけっ! 主演も阿部ちゃんだったし、ちきしょ、エアチェックしておくのだった。

フジテレビの23:30分からのニュースで、アナウンサーが「フセイン大統領が声をアララゲルと」と発音していた。調べてないけど、合ってるのかなあ。

ものすごくついでなのだが、テレ東午後ローは今日が『猿の惑星』で、明日が『続・猿の惑星』なんですね。とうぜん水曜日は『新・猿の惑星』かと思ったら『エアポート'75』で、木曜日が『エアポート'80』。さいきんは週毎のテーマを前面に押し出してくる午後ローなのだが、今週はなんの特集なんだろうかしらん。チャールトン・ヘストンでもなさそうだしなあ、なんだろべい。



スポンサーサイト



『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』。
Abingdon School abingdon boys school、生徒数800人の男子校だそうです。しかし校章がグリフィンとユニコーン。なんか縁起悪そうな気もするんですけど、そういうものなのだろうか。
怪獣つながりで、表記のDVDを(まさぜんが余計なことを言うものだから)、もう1回観てしまった。なにしろ主演がエビだからなあ、なんて思っていたのだが「美々卯」のうどんすきで茹でられてじたばたしているエビを蓋で押さえつける感覚を思い出すと、意外と強そうな気もしてきました。
関係ないけど、岡山のほうではアメリカザリガニを食べるのだそうだが、ほんとに美味しいのだろうか。どなたかご存知であればご教示願いたく。

今回は洞窟で眠っているゴジラに避雷針から電気ショックを与えて目覚めさせるわけなのだが。何度か書いているのかもしれないが、「避雷針」ってぜんぜん避けてないよな、雷を。誰が名付けたのかは知らないが(フランクリン以降ではあろうが)、いいかげんなものだ。

国産怪獣映画(というかゴジラだが)については、「なんでいちいち南洋の孤島なのか」について映画評論家のかたからご託宣を受けたことがあるのだが。でもさ、北と西と東は使えないんだから南しかないじゃん、って言ってみたら怒られたことがあるぞ(笑)。でも、フィリピンやボルネオを「西」と考えれば、やっぱりニューギニアあたりをイメージしているとしか思えないのだけれども。

関係ないけど、やはりGODZILLAは本土上陸して皇居を避けてくれないとなあ。銀座に上陸したゴジラが新宿で暴れるのに、まっすぐ来れば靖国通りなのになんでか渋谷方面から北上してくるあたりに小さな愉しみがあるのだ。そう、南方戦線で憤死した英霊の集合体たるゴジラは、皇居を踏みつぶすことはできないのですよ。憎むべき核兵器の残存効果によって生かされているゴジラは、しかし自らが核兵器と化して生きていくのですよ(見慣れたからなんとも思わないが、そういえば全身ケロイドだし)。そんなこんなでどうしようもなくなって、制約はありつつも「ぜんぶぶっ壊してやる!」というパンキーな姿勢こそがゴジラなのになあ(『エビラ』にはそんな話はちくとも出てはこないのだが)。

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 もっとぜんぜん関係なく、先日は元締とabingdon boys schoolのライブに行くのに、新宿から埼京線を経由して東京テレポートまでりんかい線で乗り入れた。渋谷駅のあたりで、明らかに渋谷駅を通りすぎたところで埼京線の渋谷駅プラットフォームに停車するんだな。「このあたりを、"ガメラの落ちたあたり"と言います」って教えておいた。嘘はついていない。

ゴジラも1作目界隈ではそれなりに漢をみせていたものが、『エビラ』ではなんでか怪獣プロレスを演らされて、って今気づいたけどこれって和泉元彌じゃん(笑)。『キングコング』ではアニメだなんだで同じ現象が見られたのを、いちおうラウレンティスが元に戻したというのは功績だと思う(「2」は無視する)。キングコングについてはピーター・ジャクソンがもっとなんとかしてくれるものとは思うが、ゴジラはどうなるのかなあ。

footcopy