FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


ウクレレの会→センセー。
今日は某SNS内のウクレレ・コミュニティ有志によるオフライン・ミーティングがあって、午後から新宿に向かう。東口交番前で判りやすく待ち合わせて、13人ほどで歌舞伎町のカラオケ屋さんへ。ほぼ初対面同士の集いだものだから、とりあえず順繰りに自己紹介などしていったら「ウクレレのセンセーでいらっしゃるんですか!?」とか言われちゃってですね(笑)。常日頃から「インチキですよ」って言っているのに、どうにも世間に浸透していないなあ、まあいいけど(それ以前に、もうちょっとウクレレは上手いだろうし性格もよからんものと信じたい、世間の先生がたはさ)。

見てもよく判らないが、演奏中。 ホコレレ先生がいろいろと資料をご持参くださって、課題曲もありネタ披露もあり、それなりにいい会だったのではないかしら。ホコレレ先生、ありがとうございました。
面子のほうはとっても上手な弾き手から「今日初めて触るんです」というかたまでいらして、バリエーションもいろいろあって勉強になりました。
俺? 『Silent Night』のソロ譜でディミニッシュ・モーションがうまくできなかったもので、来週水曜日まで(←努力目標)になんとかしておくべき。
ちなみにほぼ2時間をフリードリンクのみで過ごして、割り勘で840円/ウクレレと非常にリーズナブルでした。カラオケ屋さんで、たといウクレレ関連のミーティングであっても酒呑まなかったのって初めて、かも(笑)。あ、ホットコーヒー・サーバーの使い方が判らなかった僕に親切に教えてくれた見知らぬお客さん、ありがとうございました。

終了後、有志で日高屋のラーメンなどしつつ談笑。この後のセンセーがなきゃバッキーあたりに流れてもよかったのだろうと思うのだが、まあまたそのうちに機会もあるでしょう。皆さんお疲れさまでした。


今日のセンセー!:生徒73-74号さん親子ペア、5回目。

自動車通学の小学生生徒さんは(お父さん生徒とのペアではあるのだが、この際だからそのへんは措く)、「19日の土曜日」だとやっぱり道路も混雑するのかなあ、18時からのところ30分ほど遅刻しての登場である。ヒマなんでテレビを眺めていた校長先生が「このまちゃまちゃっての、夜道で出会ったら怖いなあ」とか言っている。どうやら芸人さんらしいのだが、なんとなくテレビをちらりと眺めてみたら、まあ夜道では会いたくないタイプかな。そんなことはいい。


お稽古のほうは、今日のテーマは『チューリップ』(詞・近藤宮子、in C)のG7(2120)かな。みんなが知っているこの歌の、「どの花みても、きれいだな」というオチが実は『世界に一つだけの花』と同じだというのには最近気づいた迂闊な私ではあったのだが、そんな話をしてもしょうがねえし。

とりあえずG7は演ってみて、手首の角度とかいろいろするんだけど、けっこう難渋。ときどきネタとか演りながら興味を繋いで、でもどうやらそんなにはやる気のなさそうな気もするしなあ。いや、言うまい。 娘さんがあっちこっちしているものでヒマになったお父さんが、なにやらウクレレを弾いておられる。うかがってみたら『ブルー・ローズ』とかいう曲らしくてコード進行がざっくり「|G G△|C△ G△|」ってな感じでソロパートもあるものだから、ちょっとシフトして「2220」のG△も演ってみる(これができれば2320のGに進む心算ではあった)。

生徒さん:「このサンカクみたいなの、なに?」、
りびけん:「ジーサンカクですよ」、
といった感じ。まあ2220のセーハもうまくいかないもので、いちおうお父さんのソロと併せて実演だけはしておく。

そろそろ時限になったもので、2000のC△だけは弾いてもらって「わあ、弾ける!」ってんでウクレレの裏にマジックで「C△」と大書してあげました(前回の「C」と並んで書かれています)。「これ、簡単!」って喜んでいたから、それでいいんじゃないかしら。


ほぼ売り切れ状態のウクレレ・ショーケースに、僕がタクヤさんに進呈したゴジラ対アンギラスの置物がぽつんと置かれている。
娘:あ、ゴジラだ。
僕:うん、こっちがアンギラス。
娘:ゴジラが熱光線を吐くの。
僕:いや、ゴジラは放射能熱線ですよ。
父:メカゴジラのほうかな?
僕:メカゴジラはメーザー砲ですよ(念のために補足しておくが、原理的には電子レンジですね)。
娘:モスラ!
僕:モスラは、糸ですね。
娘:それは幼虫でしょう?
僕:大人になったら、暴風と鱗粉ですね。熱光線は出てきません。
何を教えているのやら(笑)。
校長先生が東中野に行くというので代々木駅から総武線に同乗して、吉本芸人(なのかな?)がいろいろと出演している秋葉原電気まつりの吊り広告に載っている芸人さんを眺めながら「これがさっきのまちゃまちゃですか?」なんて言っているところに、当のまちゃまちゃ」が乗り込んできました。噂をすればなんとやらというか、偶然ってあるもんですね。


スポンサーサイト



footcopy