FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


メモ(ホワイトバンドの話)。
そのうちまとめますが、「現状でこんな感じで考えているのでした」というのをざっくり。

みなさん、ありがとう。


1. 「ホワイトバンド詐欺」まで言うのは間違いだと思う。
1-1. 「募金ではない」については、金額の僅少さから見て、ただの思い込みからの誤解。
1-2. 収支報告や広報の齟齬については、日本の福祉系がもともと無能なのは自明。
1-3. ボランティア活動に従事する人にも生活があるし給与も発生する。なぜ「無償性」を要求するのか。

2. ホワイトバンドを装用しているのはダサいと思う。
2-1. 人さまの手首にホワイトバンドを見つけて、その「魂胆」まで類推するのは失礼だと思う。
2-2. 実効についてちょっとでも調べれば、意外とナサケナイことはすぐに判る。
2-3. 装用することが問題意識の表明である以上、それは自己の「無力さ」の表明に他ならない。

3. それでもホワイトバンドは装用すべきだと思う。
3-1. ホワイトバンド以外に、具体的に啓発活動を行っている事業が見当たらない。
3-2. 例の「ほっとけない」について、他に僕たちにできることがあるのか。
3-3. とりあえず300万本を売ったという事実は利用すべきだろう。
浅く考えて、こんなところかなあ。

僕blogのコメント欄で紹介していただいたWhere Angels Fear To Send Trackbacksさんの当該記事(とその追記)はしごく真っ当なもので、

だから、先進国のNGOは国際金融の知識を身につけ、第三世界の伝統について理解し、援助が適切に行われているか監視するためにこそキャンペーンのお金は使われるべきであり、もしパン工場で済むのであれば「これまでの募金とちっとも違わない」のです。
とかあといろいろについても首肯するにヤブサカではないのだが、同時に「他に無いんだからしょうがないじゃん」くらいのことも言わせていただいてひっかきまわしてみようかな、という僕もいるんです、ごめんなさい。

社会問題化した(と言っていいと思う)ホワイトバンドによって、少なくとも問題意識の共有ができ始めたような気はするんですね。だったらホワイトバンドを装用して煽ろうよ。

  • ボランティアという言葉の意味とか(基本的には「I will」だと考えています)、
  • 救援される側もする側も人間なのになんでそこに気づかないんだとか、
  • 日本の福祉の貧乏くささ(日本だけじゃないと思うけど、とりあえずオーストリアやアメリカと比較するとけっこう貧しいくらいのことは判る)とか、
  • ホワイトバンドがスカなんだったら、じゃあどうすりゃいいんだとか、
面白い話の「ネタ」になりそうな要素はいくらでもある。


スポンサーサイト



今日の西川貴教さん。
ギャグなんだかそうじゃないのだか判然としないのだが、なにかのインタビューで「好みのタイプの女性は?」と聞かれたT.M.Revolution西川貴教さんが、
>>僕より色白の人。
と答えたのだそうで。

かつて、ギネス級の高齢者だった泉重千代翁が同じ質問をされて「年上の人」と答えたという逸話があって(やっぱり長生きする人は自由だねぇ)、そこにひっかけた冗談なのかな、とも思ったのだが、やはり判断に迷う。


ほら、
  • ゴッホの絵を飾ってある美容院とか、
  • 「ルルド」っていう名前の指圧院とか、
  • 『タイガー&ドラゴン』の最終回で虎が高座で「恥ずかしながら、帰って参りました」って挨拶するとか、
  • ラズウェル細木がジャズ批評に描いていたマンガとか、
判りづらいギャグってあるじゃん。
おーい、そこ。付いてきてくれ。頼む。
Where have All the Ukes Gone?
失われしものたち。


写真はたぶん2000年の暮れくらいに撮影したものと思う。
左から、
ラナイさん。
1999年暮れにお茶の水アキオ楽器で最初に買ったウクレレ。稽古場の「置きウクレレ」にしていたものが、2004年の11月15日に生徒56号さんに持ち逃げされてそれっきり(笑)。

いやマジな話、ウクレレ教室の初回のお稽古で「ウクレレを持っていない」と仰るものだから手持ちを貸し出して、2週間後のお稽古は連絡もなく欠席。俺はひとりで1時間待ってたんだよ。そのあとスタッフが気を遣ってくれて電話連絡をとって、翌年5月7日(また空いたなあ(笑))にウクレレを持ってお稽古にくると言っていたのがまたなんの連絡もなく、とにかく来ない。俺はひとりで1時間待ってたんだよ。
そのあとも「送ります」とか「持っていきます」とかいうやりとりがスタッフとあったらしいのだが、記念すべき初号機が僕の手許に帰ってくることもなく。そしてスタッフも阿呆らしいからもう連絡をとることもなく。
そろそろ時効になっちゃうんじゃないかとも思うので、町田まで追い込みに行っちゃうぞコラぶつくさ。なにやら返却できない事情でもあるのならば、言ってくれれば大して惜しい品でもないのだ(僕にとってのウクレレは「消耗品」なのだから)からそれで済む話なのだが。ウソばっかりついて人に(俺に、か。いや、スタッフにも)手間と迷惑をかけているあたりがちょっとなあ。

てんくにくん。
2000年2月くらいに渋谷のイシバシ楽器だったかで購入した2本目。スプルースでよく鳴る品でしたな。『家とカサ』の作詞者に進呈しました。

バンジョレくん。
2000年春、お茶の水の下倉楽器かその隣で購入したもの。24フレットと値段に魅かれて購入して、いまは浅草橋のピッツェリア『ボーノボーノ』の壁にかかっている筈。

アラモアナさん。
中野の薬師あいロードの楽器屋さんで、1,500円しなかったんじゃないかな。フレットの多いソプラノが欲しかったので試しに購入。ある晩にいきなりブリッジが吹っ飛んで、そのまんまだなあ。いかんなあ。

ルナさん。
四の坂下のいまは亡き古道具屋さんに陳列されていたヴィンテージが1,000円だったもので、義務として保護したもの。T's Guitarさんでリペアしていただいてお気に入りだったのだが、ある晩に酔っぱらって帰宅してケースを開けたら大破していました。
その事件以来、僕はウクレレをハードケースで持ち歩くようになりました。

タンギさん。
合唱団E.S.P.の若林千春個展でソロバンを演奏した折りに、合唱団のダンジョーさんから借り受けて借りっぱなしの品。音が柔らかいもので、誰かの入院時とかに病院の個室で弾いたりするのに便利です(なんしとんね儂)。というか、写真の6本のうち手許で稼働しているのはタンギさんだけなんだな。ちょっとびっくり。

ほかに、
  1. なんだこれくん(明大前のハナムラ楽器さん謹製)、
  2. カメダ(T'sさんのギャザリングで購入、良き相棒)。
  3. ケリーさん(大破)、
  4. MANAさん(Low-Gに張り直してある)、
  5. ウクレレレ(スチール弦を張った4弦のギタレレもどき)、
  6. チャランゴ、
  7. カントリー・ギター(中国製のウクレレみたいなもの、6弦)、
  8. しまうまくん(これもT'sさん。ネットオークションで購入、現状のメインマシン)。
  9. ドミノさん(たぶん最高齢)、
  10. アイランダー(高橋重人くんのキャンペーンで入手)、
  11. とかげくん(電化したスタフォード)、
あと何本かあったと思うけど、もうなんだかよく判らない。
そしてなんとなくジェンダーのあるらしきことが判明。
ホワイトバンドで、他人に言われて納得した話。
以下は、この話題に関して僕のウクレレ弟子筋のLeoneさんが某所(ってmixiだけど)の日記に書き込まれたものです。

僕と同じような違うような論点ではあるのですがやたらと面白かったし、SNSにとどまるのも惜しかろうと思いましたもので、全文転載させていただきます。ありがとね。


ここから(↓)。
Sub:<ホワイトバンド>趣旨説明不足で購入者から批判

という記事が今日のヤフーに出ていたので。( http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051024-00000025-mai-soci )
要はこの製品の売り上げが直接貧しい国の人たちに届くわけじゃないって事がちゃんと説明されていなかったというのでクレームが出てる。

そもそもホワイトバンド運動というのは、「自分はアフリカの貧困をどうにかしなきゃと思っているよ」、という意思表示の為に白いものを腕に巻きましょうや、という話だったと私は理解している。商品としてのホワイトバンドが出る前からこの運動はあった、と思う。

だから白ければ紐でも包帯でもハンカチでも良い。
むしろそっちがオフィシャルだろう。
でも私にとって紐や包帯を「みっともなくない」風に巻くのは至難の業なので、ホワイトバンドが売られているのを知った時は喜んだ。それでも購入には一ヶ月悩んだが。

悩んだのは「やっぱこれって偽善だよな」というのがあるからで、その意識は今でも変わらない。慈善と偽善は双子の兄弟なので、その事に問題はない。

私がホワイトバンドをしているのは、それが募金になっていない点を評価しているからだ。
お金よりも意思を供出することに力点が置かれている部分を買ったのだ。
買ったところで何にもならない。だからそこで満足したり安心したりしていられない。そこがいい。
募金活動じゃなければ意味が無いと言うなら、只の紙や布を手首に巻いてホワイトバンド運動に参加している人たちの意思をどうやって尊重すると言うのか。
逆に言えば、タダで済むものに適当な価値を上乗せして販売して、よしんばそれでボロ儲けする奴が居たとして何だと言うのか。そういう世の中じゃないか。そこんとこが結構ダイレクトに世界の貧しさと自分の生活との矛盾に繋がってんじゃないか。

私は LIVE 8 についても賛意と反意が半々だ。
ホワイトバンドの CM に出演してる有名人たちに対しても、愛憎相半ばするような(そこまでじゃないけど)感情を抱いている。
要するに、気に入ってるけど、気に入らない。

そんなムズムズザワザワするような振幅を感じさせてくれるアイテムを、身に着けない手はないじゃないか。
貧しさって嫌だよね、なんて事をワザワザ主張しながら表を歩かなきゃいけないのは世知辛い気がするが、ハッキリ言っとかないと分かんねえのかな、ってのも先の総選挙で思ったしね。
(選挙で思い出したけどこのホワイトバンド、ウチの選挙区では石原の息子本人と共産党候補のスタッフが着けてた。この振り幅。)


参考リンク:
ほっとけない 世界のまずしさ ( http://www.hottokenai.jp/ )
ホワイトバンドの問題点 ( http://whiteband.sakura.ne.jp/index.php?FrontPage )
ほっとけない 日本の汚さ ( http://www.geocities.jp/red_band_campaign/ )

(他にも色んなカラーバンドがある)
ネットで少しだけ世界のためにできること ( http://ribonband.seesaa.net/ ) カラーバンドの意味・解説 ( http://ribonband.seesaa.net/category/764191.html )

(ブラックバンドはコレ位?)
I Did Not Vote 4 Bush ( http://www.ididnotvote4bush.com/pages/1/index.htm )


ここまで(↑)。
僕の意見については、こちらに記録がありますのでよろしければご覧ください(また書きますけど)。

たとえば「ホワイトバンド詐欺」という言葉があるのだけれども、それならホワイトバンドが300万本売れて3億円できたとして、それを現地に寄付してどうにかなるのかちくっと考えろい、ライブエイドは300億円寄付して焼け石に水だったぞ、といったようなことを僕は思っているのでした。「一過性の現金供与ではしょうがない」というのが常識なのでしょう、現場(今回で言えばホワイトバンドの運営側)はそれを常識として知悉しているからこそ説明できなかった(その説明こそが必要であることが理解できなかった)し、もっと言っちゃえば基本的に福祉の現場関係者に社会性がないのはあたりまえじゃないですか。

これまでもずうっと疎外され続けてきたのだから。
なんの将来性もない世界でちまちまとやってきたのだから(日本では、ね)。

26日(水曜日)の動線(付:お仕事)。
久しぶりに仕事の依頼がきて、って映画に出てくる「貧乏していてたまに仕事をする私立探偵」みたいに「日当4万円プラス必要経費、成功報酬20万円」などということもなく、市場分析の予備作業みたようなことで3時間くらいインターネット検索とかモノカキとかして10,000円くらいをトッパライで。ハードボイルドで酒飲みなところだけは、俺も映画や小説の私立探偵とも共通しているのだが。つぅか、自炊もしているもんだからパーカーのスペンサー・シリーズを騙っても間違いではないぞ俺は。
朝8時、元気に起床。っかしいな、4時間くらいしか寝てないんだけどまあいいや。お洗濯などしつつお風呂で、あとコーヒーとバナナチップ。

今日は出先のお仕事が14時にあがって(希望的予測だが外すこともあるまい)、そのあと大富豪のところでアップグレードしたXPだのもろもろのユーザ登録だのをしてやる約束があって、19時からがセンセーだな。たまにスケジュールが埋まっていると、鬱陶しい半面ちょっと嬉しい。ふだんはなにしろとにかくヒマだから。


9時過ぎに、クライアントの作業場に、ベロンチョのサンドイッチなど土産(というか俺が喰うのだが)を持参して行ってみて、野菜サンドはいいのだけれどもタマゴサンドのほうがけっこう粘着質というか、年季の入ってかなりグラついてきているインプラント前歯を抜きそうなくらいに食べづらいことを発見。歯医者さん行かなくちゃなあ。しかし予算(←正確には資本)もないしなあ。

仕事のほうはそれなりに順調で、昼までにレポートを10本ほど仕上げる。
ついでにネット検索の仕事を引き受けたり、昼御飯で社長のぶんの饂飩も作ってあげたりしているうちにいろいろあってですね、大富豪宅訪問はあきらめて、夕刻からHawaiian Dreamのお稽古場に向かう。


狙ったように18:15にHawaiian Dreamに到着して、プレイボールから日本シリーズを観る。
ちょっとは試合らしくなっているようなので安心する。
自宅近所のお姐さんから電話で、なんかの手配業者に見積もりを頼んだら、その業者が20時半に来るという。ついては、女子のひとり住まいとてちょっとは不安だもので、ちょいとその時間帯に寄ってはくれまいか、との由。ちぇ、生徒さんも誘ってバッキーにでも行こうと思っていたのに、しょうがねえな。

というわけで、お稽古。例によって校長先生はどこかへ行ってしまいましたとさ(笑)。


お姐さんのところに、実はお稽古中にもぐーぐーお腹が鳴っていたものだから、そのへんのスーパーで甘塩の鱈と春菊とシラタキと木綿豆腐と氷結レモンなど買い込んでから20時半くらいに到着。お姐さんはダイエット中だものだから俺が勝手に湯豆腐を作って食べる。ダイエット中のお姐さんがものほしそうに寄ってきたものだから、実はロットのでかすぎたシラタキをメインにして湯豆腐をちょっと分けてあげる(マジで、具の半分がシラタキの湯豆腐って健康的だと思うよ)。てきとうに来ててきとうに帰っていった手配業者さんはてきとうに手配していってくださって、まともなかたでしたけどね、きょうびちょいと用心するについては文句はつけられない、よなあ。
そんなことを言っている間にタイガースが。
今日はちょっとは試合らしくなっているかと思ったタイガースが。
というか、タイガースってば毎イニングに1点ずつハンデを貰っても勝ててないんだぜ、のタイガースが。

もういい。帰宅したらビールかけの中継をやっていてですね。
サッカーだと、ゴールするたびに全員で「その場かけっこ」とかで喜び合うのが僕は気に入らなくて、そんなもん半分は「運」なんだから敵前でやらんでも、とは思ってはいたのだが。

違う意味で道頓堀に飛び込むトラキチがいませんことを。切に祈る。


23時、帰宅してもうちょっとなにか食べたり。今日の体脂肪率19%。
footcopy