FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


ギネス級ウクレレ。
以前からお稽古では「ウクレレはギネスブックにも載っている"世界一簡単な楽器"なんですよ」とは言っていたのだが、じつは周辺情報以外にはウラがとれていなかったんだよね。どこ見りゃいいんだと思っていたら、左腕生徒61号さんが調べてきてくれました。以下、『ギネスブック '88 世界記録事典』(昭和62年、講談社、pp.349)から引用させていただく。
最も易しい楽器・難しい楽器
米国音楽協議会の1977年9月の発表では、最も易しい楽器はウクレレ、最も難しい楽器はホルンとオーボエである。オーボエは「誰もうまく吹けない、いじわるな木管楽器」といわれる。
半分くん。
生徒61号さんによると、「1980~1988年にはこの文章は記載されていますが、現在のものにはありません」との由。そのココロは‥‥それこそギネスビールに問い合わせてみるんだろうなあ、俺が。

さらにウラをとろうと思ってちょいとネットを漁ってみたんだけど、よう判らんなあ。全米音楽協議会というのはおそらくAmerican Music Conferenceのことだと思うのだが、UkuleleとFrench Hornあたりを組み合わせて検索してみたのだけれどもよく判らん。俺はむずかしい漢字は読めないけどアルファベットは英語でも日本語でもドイツ語でも読めるのだが、英文はやっぱりよく判らんのだよなあ。原文はこれ(↓)かな?

"The American Music Conference announced in September 1977 that the easiest instrument is the ukulele, and the most difficult are the French Horn and the Oboe, which latter has been described as 'the ill woodwind that no-one blows good'." (GUINNESS BOOK OF RECORDS)

よく読むと、オーボエは「病んだ楽器」とまであるぞ(笑)。ほんとはAMCのサイトあたりで詳細な理由まで教わりたかったところではあるのだが、まあいいや。単に「ウクレレというのは期待されていない楽器であった」というあたりが真相なのかもしれないけれども、腹を立てたり義憤に駆られたりする局面でもあるまいし(どうでもいいけど、プロのオーボエ奏者はこれを読んでどう思うのだろうかしらん)。
スポンテニアス・インヴェンションズ 実のところ、稽古場では「ウクレレは1977年にタンバリンもカスタネットも抜いて一位に輝きました」とかヨタを飛ばしていたのだが、西暦の年数だけは合ってたな(笑)。もとよりタンバリンとかカスタネットとかEZ-TPとかを虚仮にする心算はなくて、たとえばイツァーク・パールマンとかゴンサロ・ルバルカバあたりを「楽器の上手い人」とするならば、手にしている得物の種類なんかどうでもいいでしょう、そんなもん。対案としてローランド・カークあたりを引っ張りだしてくれば「なんでも難しそう」という見方もできるのだろうし、ついでにボビー・マクファーリンさんに来てもらえばもう話題は瓦解したようなもんだ。

でもやっぱり理由は知りたいので追跡調査はする。



スポンサーサイト



週末の落穂拾い。
ほっとけない 世界のまずしさ 土曜日のてっちゃんの出版記念パーティでは、ホワイトバンドを装用している人が僕を含めて3人いらっしゃいましたな。割合にすると15%ってとこかしらん。街中でもたまに見かけるようになってきたいて、ここ半月で10本ほどってとこか(「レッドバンド」も1本見た)。けど、やっぱり世間さまが言うほど「ファッション」っていう感じでもないよなあ。やっぱり「ダサいのは判ってるけどしょうがなく」って感じだと思うんだけど、気のせいあるいは考えすぎなのだろうか。

とりあえず「ホワイトバンド詐欺」まで言うのはたぶん言い過ぎだよな、300円くらいで地球レベルの貧困がどうにかなる(資本として、あるいはグローバルに動き始める)と思うほうがまぬけでしょう。誰でもお手軽に始められることこそが大事で、それはせいぜい意志表示くらいのことであって、実効はそのあとについてくるものだろうに、と嘗てNIFTYの障害者フォーラムでスタッフをやりながら「できることから始めようよ」とばかり言っていた俺は思うのであった。福祉関係ってば本筋と関係ない余計なことがややこしすぎてよく判んね。もういい。


究極のウクレレ・ソロ~ジャカソロ(CD付) ISBN4-8136-0298-3 その宴会では、なにやらステージでのソロで緊張していたらしき生徒さんに意見を聞かれた俺がだな、「あんまり自分に期待しないほうがいいですよ」って言ってあげたらしい。我ながらまあその、言ってることは間違ってはいないし正しいのだが、他に言い方はねえのか。

シャツ。 東中野ギンザ通りにさいきんできた古着屋‥‥古着ばかりじゃないって店員さんが言ってたなあ、なにやらアウトレットのお店で、ついうっかりアロハとTシャツなど購入。そんな身分じゃないんだけどなあ、バカだ俺は。

アロハのほうは、折り紙を切り貼りしたような柄の木綿のもので、ちょっと気に入っちゃったんだな。ついでに買ったチェ・ゲバラのTシャツって、いつ着るんだよそれ。いまさら革命でもなかろうに、ってところでふと気づいたのだが、T.M.Revolutionのライブに着ていけばいいのか(←絵に描いた大間違い)。2着でつごう3,800円でした、大散財。


国政調査、来る。ざっくり住居の延床面積が200平米、先週働いたのが3時間くらいに書いておいたのだが、今回は「年収」の欄とかないのね。たしか以前に年収5億円とか書いて提出したような記憶があるのだが、つまらんなあ。

それで記入しながら知ったのだが、俺って長屋住まいなんだと思っていたら、実は「テラスハウス」ってのに住んでいたんですね。少し裕福になったような気がする。

嵐を呼ぶウクレレ(カマテツ出版記念宴会)。
究極のウクレレ・ソロ~ジャカソロ(CD付) ISBN4-8136-0298-3 土曜日はお稽古後に、渋谷バッキーでの『カマテツ教則本出版記念パーティ』に行ってきました。うん、楽しかった。

なにかの厄日だったのだろうとおもうのだが、
  • 取り落としてぱっくり割れたKAMAKAがひとつ、
  • すっ転んだついでに折れたウクレレがひとつ(僕が発注していた特注品)、
  • 階段を転げ落ちてドリフ状態になった従業員が1名、
って、ちょっと凄いな。
数回の乾杯があって、王者カマテツの披露演奏のまえに出席者でなんかウクレレを弾こうよという話があって、それで二十名くらいの出席者のぜんいんがなにかしらの演奏を披露したのではないかしら。凄ぇよこいつら、なんとなくステージに出てきて、なにかしらの説得力あることをやってのけるもんな。

ふと気づくと、まだ演ってないのが僕とM茸さんとてっちゃんだけだったもので、M茸さんが出てくる前にステージに上がって、と。『'Round about Midnight』(in Am)と『カーニバルの朝』(in Am)を演ってみました(弾き語りはちょっと違うな、と思ったもので)。客席でチェルさんが合わせて弾いてくれたのがちょっと嬉しかったかな。きっちりとアルペジオを足してくれると、安心するものです。


いったん終了後にやはりバッキーに居座って飲み倒して弾き倒して、あと大島ラーメンでみんなで飲んで、飲んでいるうちに終電がなくなって、どっかの居酒屋でまた飲み倒して、昏倒して目覚めたら月曜日だよ。どうすんの俺。
センセー(土曜日の、新人生徒72号さんと73号さんと74号さん)。
究極のウクレレ・ソロ~ジャカソロ(CD付) ISBN4-8136-0298-3 おはようございます。土曜日の午後に家を出て、ウクレレのお稽古を2コマ済ませて、そのあとカマテツさんの『ジャカソロ』出版記念パーティが渋谷バッキーであって、久しぶりにじゃぶじゃぶ飲んで帰宅して、目覚めたら月曜日の午前零時だったセンセーです。元気があってたいへんによろしい。うむ。
ちょうどカマテツさんの宴会がお稽古後にあって、会場の渋谷バッキーをご存知ない生徒70号さんが同伴出勤(笑)がてら来てくださる。よし、アシスタントめっけ(笑)。
footcopy