FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


宴会(人物紹介とか略)。
Magic Chef まずは荷役だ。

11時にさらせんのマスターと待ち合わせて、上井草の日産レンタカーでワンボックスを借りて、なんか西東京市のほうのマスターの自宅まで業務用ガスオーブンレンジを回収しに行く。平たく、店でピザなど焼きたいので自宅のを引っこ抜いて店まで持っていく、ついてはさすがにひとりじゃ無理なのでおまえ手伝え、とそういう話だ。引っこ抜き作業と移動を含めて都合3時間くらいの予定、だったのだが。



[宴会(人物紹介とか略)。]の続きを読む
スポンサーサイト



ホワイトバンド。
ホワイトバンド。 少し目に余るので書いておくが、ホワイトバンドのことを「イカリング」と呼ぶのは間違いなんだよ。ネット各地で見かけるものだからひとことしておく。

一般に「イカリング」と言えば揚げ物のことを指すのが証左のイチである。ほら、生で白いまんまのイカの輪切りを食卓に供されたり供したりしたことのある人、手を挙げて。ほらいない。あるいはホワイトバンドを眺めて「イカっぽいな」と思って「イカリング」って言っちゃった人、じつは庄屋だの和民だので「イカのリング揚げ」って見たことあるでしょう? はい、ないひとは手を挙げて。え? なに食べてんの?

イカの胴体というのは(リングの話なのでゲソは相手にしない)呼吸筋つまり筋肉のカタマリなのであって、細胞の連なりは「横方向」に向かっている。白いまま、つまり生のままでいただくのならば、その筋を分断してやるのがスジというもので、したがってたとえば「いかそうめん」は「縦方向に切り刻んだもの」ということになる。

加熱調理する場合にのみ「輪切り」が登場するのは、煮物でも焼き物でも揚げ物でも皆さんがご承知の通りです(この場合には、歯ごたえを出すために輪切りにする)。次世代に向けて「イカは生食でも輪切り」などといった誤解を残さないよう、禍根のなきよう、気をつけていただきたい。


俺? 最初から「イカリング(生)」って書いてるからね。これは加工前の、ワタを抜いて下ごしらえをしたあたりのことを描写しているのであながち間違いとは言えないのだ。
footcopy