徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


hai'ine!
こんどライブでご一緒するかもしれないので、ハコに提出する企画書用にちょいとhai'ineのプロフィールなど書いてみたりなんかして。いちおうデビュー当時から知ってはいるしクマケツは弟子筋に当たるのだから、とくに不当ということもあるまいて。

    hai'ine(ハイネ)
    パニオロソング(ハワイアンカントリーウェスタンスタイル)を得意とする若手女性ウクレレ弾き語りデュオ。景気のいいスタイルが人気を呼び、都内はもとより全国各地で活躍中。

あ、URL入れとくの忘れた。
今日そのhai'ineのライブが池袋Free Flow Ranchであるのだが、ニートの俺としてはそんなところに行ける身分ではないのだが、なんかカバテツが例の件の打ち合わせもしたいらしくて誘ってくるし、まあノーチャージだから投げ銭を無視すればたいした金額にもならなかろうし、ニートだからヒマだし、行ってみるかという話ではある。
久しぶりの池袋なので、ちょいと早めに出向いて東口などうろうろする。



[hai'ine!]の続きを読む
スポンサーサイト
今日の選挙。
あんまり興味がないんだけど、やっぱり気に入らない奴を落とすために微力ながらも投票には行くかなあ、と思い始めた今日子の頃。蟷螂の斧っての?

と思って調べてみたら、東京7区ってつまんねえなあ。3人しかいないし。

  • 民主党の前職は勢いはありそうなのだが、以前に元秘書が部下に駐車違反の肩代わりをさせていたのが事件になっていたなあ。いや本人がどうなのかは判らないが、民主党って障害者施策がいいかげんだしなあ(ここの4月24日とか)。たしか菅直人直系だったような。
  • 自民党の元都議の新人は、都議選時代のポスターに「東京の来のために」って思いっきり刷っていた人で、今回もサイトを見にいったら「初心貫徹」って書いてあった。日本語が苦手なのかな。あ、こいつも画像にALTタグがない、ったくどいつもこいつも。小泉直系のようだが、郵政については記述がないなあ。
  • あとは共産党の29歳のお兄さんで、まあ共産党候補に個性を求めてもしょうがないのかもしれないが。おや、日商ワープロ検定一級って、なんでそのトシでそんな古いものを取得しているのだ。
ふむ、民主の人と自民の人は比例にも上がっているが、そこは特に考慮する必要もなかろうし。だいたい予想はついたしどこに入れるかも判ってきたが、もうちょっと海外派兵と年金と障害者福祉と天皇制と憲法と政教分離(笑)の話をしていただけると判りやすいのだけれども。みんなして微妙に避けてくんだもんなあ。
ちえすとぅ。
朝5時、あんまりに腹が減ったもので目が覚める。というか貧血。落合公園前の自販機まで這っていって、プリンシェイクだのココアだのを飲んでとりあえずの栄養補給。それから帰宅してとりあえずトウモロコシなど焼いて喰ってみたら、なんか生焼けだったみたいで腹を下す。『新警察故事』のジャッキーか俺は。

少し寝て、朝8時くらいから真面目に朝御飯を作って食べました。よし、復調。


究極のウクレレ・ソロ~ジャカソロ(CD付) てっちゃんの本がネットで売られているのをようよう発見した。表紙がまたリキテンシュタインみたいでいいよな。指の形も「キモの3連」になっているし、シャツが著者写真と同じだし、いい仕事をされていると思います。

4弦のペグの巻きがちょっとヘンだけど、まあいいや(笑)。


Uke'Elli こちらはソリッド・ウクレレで有名なRisaの新作ソリッドで、サウンドホールのように見える箇所はただの「穴」です。

なに考えてる会社なのだか知らんが、大好き。


昼、あんかけかたやきそば。ちょっと焦げちゃった。
夜、あさりの酒蒸しとゴーヤ・チャンプルー。さいきん生野菜食べてないなあ。
押忍。
小さな疑問:
「飛ぶ鳥を落とす勢いの人」というのは、具体的にはどんな作業や動作をしているのだろうか。とりあえず現状で「絶好調のホームラン・バッター」くらいしか思いつかないのだが。
てっちゃんの本。
究極のウクレレ・ソロ~ジャカソロ(CD付)
『究極のウクレレ・ソロ~ジャカソロ(CD付き)』中央アート出版社、\2,625
ISBN4-8136-0298-3
これはウクレレ生徒会必修にしちゃおうかなあ、なんて画策もしているのだけれども。さすがに付き合いが長いだけあって、僕は弾けないけど弾き方は判るぞ(爆)。いいのかそれで。

昨日はHawaiian Dreamの臨時講師陣の話をちらりと書いたのだが、書いちゃって構わないと思うので名前をずらりと並べておくと(敬称略)、カマテツ、ikuwaっち、まいたけ、Lee、シゲト、ふくすけ、山崎規夫ってものすごく豪華な教室のような気もしてきました。
いやなに、たまたまお稽古中に通り掛かったところで僕が「なんか演ってって」ってにこにこしながらウクレレをお渡ししているだけのことなのだが。いつもありがとうございます>>みなさん。だってさ、俺のウクレレばっかり聴いてると偏るでしょう、間違いなく。みなさんいろんなベクトルで極端なものだから喜んでいるのでした。


新しい知人。
以前にも書いたかな、裏の長屋でジャズギターを弾いている人がいらして、こいつが滅法上手い。今日も聴こえてきたものだから、「すいませーん」とか声をかけて、とりあえず手持ちの自作CDなどをエアコン室外機ごしにお渡ししておいた。まあ顔つなぎ、ですな。とりあえず「家が近い」のって、バンドやるならとてつもなく有利な話でもあるし。

友だち付き合いができるかどうかは判らないが、音楽のほうだけならうまくいきそうなことは音を聴けば判るの。そういうこと(さきさまがどう思われたかについてはまた別のお話)。


タンコさん。
そういえば昨日の紀伊国屋で「10月3日、石橋幸コンサート」ってのを見かけたなあ。タンコさんって10年くらいお会いしてないけど、お元気そうでなにより。
本格的にヒマなのか儂。
水野マキさんと水野ミキさんがいるのだから、以下にムキとかメキとかが続いているんだろうなと思ってネットをあたってみたけど見当たらない(たりめーだ。でも「水野フキ」まであたったのに)。

ピアノの小森瑞香ミズカ さんの姉妹が「ドヅカ」さんから「シズカ」さんまでの7人編成だというのは有名な話なのだが。


夜、ジャッキー・チェン『新・ポリスストーリー』など眺める。尊敬するジャッキー・チェンさんが徹頭徹尾ダメオヤジで酒焼けしているのがすごくいい。
あと僕が尊敬しているのはセロニアス・モンクさんとゴッホさん。以上終わり、次点でピカソさん(但し晩年)。

食欲はないのでメシは喰ってない。燃料補給せんでもけっこう動けるもんですね、人類って。

てい。
28日は朝、鶏肉と厚揚げの煮物でも作ろうと思ってだし汁を仕立てたところで、鶏肉も厚揚げもないことに気づいた(どうやら、とっくに作って喰ったのを忘れているらしい)。しょうがないので急遽、ゴーヤと豚肉とヤマブシタケの煮物に変更。てきとーに作った割にはおいしいというか、豚肉とゴーヤって合うんだねやっぱり。

ダシにこーれーぐーすとウコン粉など追加、これがまた(^^)/
あと、見覚えのないアブラゲが冷蔵庫にあったもので、刻んで冷凍しておいた。これはこれでなんにでも使える。


『りびテツ』でもこれ見よがしのテクニックを披露してくれているカマテツさんのウクレレ教則本が出た、らしい(実物は未だ見ていないのだが)。
『究極のウクレレ・ソロ~ジャカソロ(CD付き)』中央アート出版社、\2,625
ISBN4-8136-0298-3
てっちゃんてば僕の教室でも臨時講師(たまたまHawaiian Dreamに遊びに来たら弾かされるだけ)をしてくれていることもあり、生徒会は全員買っておくように。僕も夕方に楽器屋さんに行ってみます。

まだネット書店とかにねえんだよなぁ、ISBNとか判ると近所で注文しやすいんだけどな。


夕刻から新宿に出て、てっちゃんの本とシゲト用DVD-Rを買ってきた。

カバテツからメールで、1日の夜に勤務先でウクレレのデモ演奏などして欲しい、との由。えーと、ネタ演ればいいのね、快諾。

とお。
朝、ヒマこいて『ウルトラマン・マックス』など眺める。

とりあえず、怪獣がいきなり出てきた段階で「呼称」のテロップを流すのはやめたほうがいいんじゃないかなあ、わけわかんないもんが出てくるからこそ怖いわけなんだし。かんたんに論証できるよ、あなたの目の前になんかわけのわからない生物(なり物体なり)が出現したら、とりあえず名前を調べて安心したくなったりしない? 「あれはなんですか?」ってちかくのオトナに訊いたとして、とりあえず名前を(「台風だよ」とか「月食だよ」とかで構わない)教えて貰ってなんとなく安心した記憶って、ない?

それで、怪獣が「ナツノメリュウ」とかいうレトロな名前だし、格闘も操演多用だし、謎の美少女は出てくるしってんで監督はてっきり金子修介だと判じていたら、大ハズレでした。いや文句はないけど。


いま流れているVodafonのCMなんだが、「G|C|D D7|G」(デンデデンデデ、デンデデンデデ、デンデデンデデ、デデデデッ)ってまるっきり『家とカサ』だなあ(笑)。

もちろん(俺が「もちろん」という言葉を使うのは珍しい)、ただの偶然の一致というかありがちなわけで、でも曲がかかると笑う俺。


『ドラゴン桜』(TBS)。

観てない人は置いていく。

世の中で成功するのにいちばん邪魔なものって判るか?
弁護士の答えは「人間の感情」だったが、俺の答えは「プライド」だな。たぶん俺のほうがソリッドには正しい(たとえば「優しさ」とかが邪魔するような奴は、基本的に成功しない人材だと思ったほうがいい)。

ちなみに例のグラフの問題文の結句は「考えよ」であって「答えよ」ではないので、答えなくてもいいのだ。桜木ってば考え方が俺と同じだな。


ちなみに、この番組で高校生たちが解いている問題も回答も、儂ゃひとつたりともさっぱり判らん。俺の学力が中学生レベルであることがよく判る。
T.M.Revolution CD【vestige-ヴェスティージ】送料120円(8/17発売) 野暮用で中野に出たついでに、元締のところにちょいと寄って先日のスポーツ新聞など届ける。へえ、T.M.Revolutionって東スポにまで載ってるんだ。

帰りがけに「vestageのCDちょうだい」って言ってみたら、案の定余っていたらしくて1枚くれた。みんなも身近にT.M.Revolutionのメンバー(この概念も浸透しねえなあ)がいたら頼んでみるといい、ひとりあたま3枚がとこは買い込んでいる筈だ。

ここからマニアネタだが、『vestige』とか『crosswise』とかに投票してどうすんのよ(ガンダムおたくは)、という気はするのだがまあいいか。『Burnin' Xmas』が入ってないのは納得いかないのだが『Twinkle Million Rendezvous』があるからまあいいや。投票は、しない(できない)。


帰宅して『28日後...』のDVDなど観る。風雅。
やあ!

どう判断したものやら。

女の子を31日のhai'ineのライブに誘ってみたら、

その日は山寺で座禅を組んでるので行けません。

え?

そうか、hai'ineって「座禅」に負けるのかあ、もうちょっと頑張ってほしいものだ。
イチャモン。

どうせ僕は投票になんか行かなかろうくだらない選挙の話題で、テレビのニュースが「刺客」を「しきゃく」「しきゃく」と発音しているのが気に入らないなあと思っていたら、ここんとこなんとなく「しかく」のほうが増えてきたような気はする。いいこと、なんだろうなあ。

と思っていたら、NHKのニュースではその自民党の「刺客」(発音は「しかく」)の話題の直後に剣道の話題が出て、「剣客」を思いっきり「けんきゃく」って発音していた。まあどうでもいい話なんだけどさ。


歯痛。

上顎右側中切歯の歯根が、こないだうちちょいと腐ってましてな(歯痛じゃないじゃん)。ちょっと腫れたり痛んだりしているのを冷やしたり散らしたりして誤魔化していたらどうやら治っているみたいなんだけど。よかったよかった。って、東北の寒村で父ちゃんが出稼ぎに出て母ちゃんが病気で、それで一家の大黒柱たるお姉ちゃんが盲腸を発症したものだから一所懸命お姉ちゃんのお腹を氷で冷やしているいたいけなく幼い兄弟かよ俺は。

だって歯医者さん、怖いんだもん。痛いし。子どもか。


ライブ。

11月か12月のいずこかの水曜日に、Zirconsのギグが入りそうな気配。なに演るんだろうかしらん(笑)。

10月29日のウクレレ・イベントはどうなんねやろ。いちおう生徒会は全員予定を空けておくように。
あとは自主公演だな、そろそろなんかしたいんだけど(3年間くらい休んでいるような)。

センセー(19時から、生徒51号さん16回目)。
朝、なんか食べようと思って冷蔵庫を開けたら、イカしか入ってない。しょうがないからイカを捌いて焼いて、あと珈琲ってそれ朝飯かよ。
昼、赤丸うどんをかけに仕立てて、アシタバとか鶏肉とか朧昆布とか生卵とか放り込んで、と。あとは半端仕事。

お風呂後の19時前にHawaiian Dreamに着いたら、校長先生は東中野の焼鳥じげに行きたいというので場所を教えてあげて、と。なに、東中野の飲み屋さんなら俺が知らないわけがないのだ。あとはセンセーしながらお留守番。

実は夏休みの宿題だったJake Shimabukuro『While My Guitar Gently Weeps』の譜面をセンセーはいっちょも読んでおりませんでですね。え? うん、生徒さんに僕が出された宿題ですよ。いやあ、タブ譜を書くのには馴れたけど、読むほうはいっちょも判らん。こういうのは生徒54号さんに任せておけばいいのだ。俺の場合は、どちらかというと音源を入手して耳コピーしたほうが早いんじゃないかなあ、まあそのうち。やる価値があることは判ってるんだけどね、なかなかねぇ。

あとは『島唄』の新型譜面で、センセーも生徒さんも「8557」のDmが入らないねえ、なんて笑いつつ。

さてネタがねえな、というところにGeorge Harrison『Something』のテキストタブ譜が出てきてですね(だいたいこんなやつ、アメリカってこんな使い辛ぇもんが標準なのか?)、稽古場のPCでMIDIなど引っ張りだしてきて、曲はだいたい判ったぞ(僕はどちらかというとストーンズ派なのだ)。記憶を頼りにちょっと書いてみようかしら。

|F F Eb G|
※【|C|Cmaj|C7|F F F Fmaj|
|D7|G G G E7|
|Am Ammaj|Am7 Am6|
|F F Eb G|】くりかえし
|A|
|A Amaj|A6 A|D G|A|
|A Amaj|A6 A|D G|C| (d.※)
へえ、こんなんなってたんだ、知りませんでした。転調の行き帰りとか天才じゃねえのかハリスン。それで指遣いなどいろいろして、本日終了。
DVD。
水曜日はビデオRさんが190円デイだもので、3本ほど借りてきた。あとGyaOとかそんなんでいくつか、だな。

えーと、『下妻物語』と『Swing Girls in Concert』と『パーフェクト・ストーム』あたりか。


さきに、GyaOで『ハンニバル伝説』というプログラムがあってまだ未見なのだが、解説文から引用する。
20年間で400人を殺し、死体を切断して食べていたアルバート・フィッシュ。
数はかなりサバ読んでると思うけど、まあそんなもんだ。
旧ソ連にて52人の少年少女を惨殺したアンドレイ・チカチーロ。
これもまあ、そんなもんだよな。こいつも殺して喰っていたわけだが、その記述がないなあ。
17人の若い男性ばかりを拷問して殺害したジェフリー・ダーマー。
そんなことしてたっけ、ジェフリー君は(おや? こいつも喰ってた筈だが)。ここはちょっと疑問。

ところで、ハンニバルといえばエド・ゲインかテッド・バンディとかヘンリー・リー・ルーカスとかなのだろうが、そんなものはビタ一文たりとも出てこない、ようだなあ。残念だなあ。

さて夏らしい話題は措いといて、と。


『下妻物語』は、実は深キョンとヤンキーのロードムービーみたいな印象があって(ってそのまんまなのだが)遠慮していたのだが、観てみたらなんだこのノンストップ・アクション・ジェットコースター・ムービーは。僕はSABUの『弾丸ランナー』も大好きなのだが、似たようなテイストで楽しめました。
育った環境も似ているしな。僕がモノゴコロついたのは栃木県宇都宮市峰町某所なのだが、竹藪のなかに家が建っていたもんだわ。

『スウィングガールズ ファースト&ラスト コンサート』も借りてきて、ライブ映像としてはまあまあかな。いちいち「素人ですから」みたいな言い訳が入るのが減点で、ステージで楽器いじってりゃ全員がミュージシャンでしょうが。演奏者に貴賤はないことが判ってねえなというのと、あといちいち役者紹介とかするのが余分だ。いらねえことしねえで演奏だけしてりゃあいいのに、と切に思う。
でもシーラカンスは大好き。

ついでに借りてきた『パーフェクト・ストーム』は、話としてはどうでもよかったなあ。単なる船長の判断ミスじゃん、あんなもん。きちんと準備していないからパニクる、パニクったから墓穴を掘る。日常生活でもよくあることです、映画にする必要なんかない。
そうさの、カレン・アレンとかダイアン・レインとかが懐かしかったかな。

のこった。
25日の朝、Hawaiian Dreamから電話で、今日の生徒50号さんは台風の影響で中止。そういえば昨日の生徒37号さんも体調不良で中止だったな。ヒマだなあ。

さて、楽しい颱風だ。暴風雨がやってくる前に籠城グッズを買い込もうとて五の坂下のサンクスに向かう途中で、さいきんできたパーマ屋さん美容院がふと目に入る。たしかずいぶん昔には「三匹のこぶた」やらいう飲み屋さんだったんだよな。そのあと香港レンタルビデオとかマカオ飲み屋さんとかいろいろあって、いまは美容院、と。実はいらかのあたりから「この半端に"生徒68号さんの足"している髪形をそろそろなんとかしねえとな」とは思ってはいたのだが、なんか機会がなくてな。

というわけで、こんな日に散髪する奴もそうはおるまいと思ってちょいと寄ってみました、Hair-Bonit@ボニータ。日本語にすると‥‥「美少女」なのかなあ、まあどうでもいいやってんで委細構わず脇刈り上げの上ツンツン。いつも通り。

店長さんと話などしている端に「ウェブサイトも作ってるんですけど、検索にひっかからないんですよね」などという話題が出たもので、コンビニと生協経由で帰宅してから「一発太郎」あたりのアドレスをメールするついでに、メタタグの設定などについてもちょっと書いておいた。なにしてんねやろ儂。


一昨日のトイレ掃除会社に、実は俺が途中退出したりしてきちんと御礼を言えていなかったものだからお礼状を出しておいた。午後になって、実務担当のお嬢さんがものすごく嬉しそうに現れて挨拶していってくれた。

トイレに引きずられて余所もちょっとずつ綺麗になっていく予定なので、2週間くらいしたら様子を見にきてくれるとの由。うーむ、プレッシャー。


夕刻から、漬物学者がワインを飲ませるというので外出。台風に降り込められて帰れず、早朝までいろいろバカ飲みする。

5時くらいになって、あれは台風の目なのかなあ、ちょっとだけ静かになった隙を縫って帰宅。

footcopy