FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


合唱連盟『虹の会』第32回定期演奏会 at 中野ゼロ。
先に書いておくが、文句たらたらではある。

ネットではどこを漁っても「19時開演」とあるものが実は「18時30分開演」で(せめて訂正しとけや、前日の22時17分に言われたって手遅れだろうに)、頑張ってセカンド・ステージには間に合った心算が最終ステージしか聴けなかった。

翌日追記:
事後に調べてみたら、6時半開演の情報もけっこうありましたな、ついてねぇ。だからどうしたというわけでもないのだが。


プログラムは誤植だらけ(「正誤表」が入っているだけでも恥ずかしいのに、正誤表から洩れている誤記乃至誤植がいくたりもあるぞ)。
ハリダシの2階客席は閉じてあってみっともない(←これは考え方にもよるのだろうが、中野ゼロなら2階正面がいちばん眺めも音響もいいと個人的には思う。2階を閉じる理由を「客席を埋める」以外に思いつかないのだが、どなたかほかの理由をご存知であればご教示いただきたい)。
ピアノの足の車輪の向きはバラバラだし(後ろはまっすぐ、前は45°に揃えとけ、基本だろ)、田中信昭先生も高橋悠治さんも登壇するなり譜面台とかピアノ椅子とかの高さを調節なされていた(つまりステマネが記録していない)。
こうなってくると、カーテンコールの途中で客電が上がったのもなにかのミスなのかなあ、などとも思えてくる。ふつう李静和さんが登場するところで上げるでしょ。そこで上げないなら、終演まで上げないのが常識というか、上げた意味を教えて欲しい、マジ想像がつかん。

要するに運営がトウシロウで、ステージ・マネージャも仕事をしていないということだな。均すと「経営がなってない」というわけで、ちょっと驚きました。

■以下(↓)、たしょう褒めるモードです。



[合唱連盟『虹の会』第32回定期演奏会 at 中野ゼロ。]の続きを読む
スポンサーサイト



センセー(17時から、生徒65号さん3回目)。
ジンボさんお薦めの映画『ライディング・ジャイアンツ』、7/9公開。 今日も今日とて特殊工作任務を2件ほどこなしてから、ネクタイ締めたままHawaiian Dreamへ。なんかネクタイを着用しているほうが貧乏くさいという不思議なことになっているのだが、まあいいや。到着してみたら校長先生がジンボさんに、新しいボディボードの自慢をしていた。

校長先生が「仕事」と称してラウラのライブに遊びにいってしまうもので、16時に到着してあとは店番などしながら、明日の特殊工作任務の準備などする。訪問先の地図をダウンロードして印刷して‥‥プリンタが認識されとらんがね、でも特殊工作任務の成果もあってとっとと修理して、と。あとは必要なドライバなどいくつか落としてきてCD-ROMに焼く。

footcopy