FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


お筆先。
よく「酔っぱらって意識をなくす」という表現を聞いたりもするのだが、そこのあなた、そうディスプレイの前のあなた、君のことだ。あなたは間違えてはいけない。通常この表現が用いられる場合に「無くなっている」のは意識ではなくてまず「記憶」、そして不幸な場合には「理性」であって、記憶や理性がないのにいろいろとアクティブに行動するから問題が発生したりするわけなのですよ。詳説するならば、「意識をなくしたヨッパライ」は単に「寝ているだけ」ということはお判りいただけよう。自慢じゃないけど実体験を含めて、そのあたりには僕は詳しい。ほんとに自慢じゃないね。
清酒「嫁いびり」画像は某所より無断借用、すまんな。 さて全く記憶にないのだが、特殊工作任務から帰宅してPCを開いてみたら、『君に会えてよかった』のMP3ファイルがいつの間にか、ある。

昨日はT.M.Revolution西川貴教監制になる清酒『嫁いびり』を飲む会が某西オタ宅であって、お嬢さんがた5人ほどはとうぜんさほどは飲まないわけで俺が五合くらいも飲んで、帰宅して到来物の焼酎の封を切ったあたりまでは覚えているのだが、あとはまず記憶はないなあ。

ということは、酔っぱらって録ったわけだな。
ふうん、俺ってシンセベースも使うんだ、なんていう新しい発見もありました。っておい、自分のことだろうがこのすっとこどっこい。
宅録としてはご近所さんにも気を遣うところではあるが、ボーカル以外はほぼ無音みたいなもんだから、いいや。たぶんまだ陽のあるうちだったわけだし、いいや。


まあ聴いてみてください。Oppo Jamに出すぶんはおそらく素面で録り直すとは思うが、そんなに悪くもないと思う。なんつっても同一人物だもんだから、それなりに揃ってはいるんじゃないかな。弱点としては、個々のパートだけ引っ張りだして聴いてみるとけっこうショボいあたりかしらん。たぶん最後に録ったであろう(録音チャネルから類推できるんです)コーラスパートなんか、単独で聴いてみると泥酔していることが明らかなんだな。ハモってるからバレづらいだけです、あはははは。

Personell:
Vocal:
Ukulele:
Chromatic Harmonica (CX-12):
Synth Bass(手弾き):
Piano:
Chorus:
というわけで知らない間に骨格も出来たし、なんか得した気分。るん。
思い出したので書いておくと、そらみみさんの譜面作成をすっかり忘れていました。これが終わったらちゃんとしますごめんなさい。
あと、『プレイヤーズ王国』『Player's Paradise』に、『家とカサ』『君に会えてよかった』アップしておきました。近未来に本文でmp3がリンク切れしていた場合にはそっちで聴いてみてください、よろしく。


スポンサーサイト



今日の特殊工作。
本日の任務は2件、初の単独行である。まあ「はじめてのおつかい」みたいなもんですな。
いちおう「背広で」という指定があったもので、パンツに革靴にTシャツは着用、上着とワイシャツとネクタイは「背広袋」に放り込んで。
大江戸線と西武農業鉄道とバスを乗り継いで、現場近くのキャベツ畑の隅っこを借りてネクタイとワイシャツを着用。暑い。

1件目は、新座市某所での侵入工作でクラッキング作業。楽勝かなと思っていたら、本部から支給されたPWCDが動作しない。なにやってんだ秘密結社(笑)、とぶーたれていてもしょうがないので手作業でパスワードなどを探り出していく。けっこう苦労したけれども、これで1特殊任務2,500円。ふむ。

手をもみもみして下さい。 次の任務まで少し時間が空いたもので、近所のサミットストアでお手洗いなど借りる。ハンドドライヤーに「手をもみもみして下さい」と書いてあって、少し笑う。いい社風なのだと思うのだが、この店舗の個性なのだろうか、それとも全国的に統一されているものなのだろうか。全国統一だったら、サミットの本社庶務課長は偉い人だと思う。

2件目は、大泉学園某所のエージェント宅を訪問しての教育作業。ぴんぽーん。こんにちはぁ、13時のお約束で秘密結社のほうから来ました特殊工作員でぇす。え? 聞いてない? おっかしいなぁ、本部のほうでこちらだって聞いてきたんですけど。ちょっと待ってくださいね。とるるるる。本部ですか? エージェントさん、聞いてないって。ええ、クーポンはお持ちですから。はい、では一通り作業しておきます。すいませんね、連絡不徹底で。いや、すぐ済みますから。いい画ですね、え、息子さんが描かれた? 台紙の色とも合っていますし、元気があってたいへんによろしい。てなこと言いながらミッション終了、また2,500円の稼ぎ。


公園のベンチ、特殊工作用具鞄、背広ぶくろ。 任務終了後、近所の公園でネクタイを外して、上着とワイシャツを脱いで「背広ぶくろ」に詰めて、缶コーヒーなど買ってきて一服する。微妙に漂う寂寥感というか、そこはかとない哀愁がいいなあ、末端工作員なんてこんなもんだ。

帰宅して、Gootaとご飯。腹ができたところで、秘密WEBに任務完了報告をアップして、本日のミッション、コンプリート。

footcopy