FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


【ご案内】『関屋晋先生を囲む会』、5月4日 at 人見記念。
「関屋晋先生」と書いて「おやじ」と読む、だから恒例「おやじを囲む会」なんだと思っておこう、なんて話は措いといて。

おやじの追悼式典(ということなんだろうな)について、僕の所属する合唱団から届いた案内を転載しておきます。


「関屋晋先生を囲む会」のお知らせ


晋友会合唱団の創立者であり常任指揮者の関屋晋先生が、去る4月9日、合唱団京都エコーと松原混声合唱団のジョイントコンサート前日のリハーサル中に、急性心筋梗塞のため京都の地で客死されました。そして、2日後の11日、京都市中央斎場において荼毘にふされ、奥様の待つ世界へと旅立たれました。
その場に居合わせた人はもちろん、はるか離れた地でその一報に接した人にとっても、そのあまりにも唐突な知らせは衝撃的で、到底受け入れがたいものでした。この嘆き、この悲しみを受け止め、そして受容するには、一人ひとりの心の中で、限りない多くの時間が必要なことでしょう。
故人の死を悼み、ご冥福をお祈りするとともに、あの独特な合唱指導に接したことのある多くの人々が関屋晋先生とお別れすることができるよう、故人を偲ぶ「関屋晋先生を囲む会」を開催いたしますこと、ここにお知らせ申し上げます。できうる限り、関係各位にご周知いただきたくお願い申し上げます(なお、服装につきましては平服でお願いいたします)。
関屋 晃
晋友会合唱団
社団法人 全日本合唱連盟
日本合唱指揮者協会

1. 日時
5月4日(水) 午後1時30分~3時
1. 場所
昭和女子大学人見記念講堂
(世田谷区太子堂1-7)
東急田園都市線・世田谷線 三軒茶屋駅下車徒歩5分


かつての「おやじを囲む会」をご存知のかたならお判りなのだろうけれども、ぜんぶで90分だとすると「各合唱団の演奏」ということにはならないのだろうな。どちらかというと追悼式典と献花ということになるのだろうと思う。

できれば最後に『鳥が』あたりは皆で歌わせていただきたいというのは、僕の個人的な希望ではある。あまりややこしいことは言わない。ハンティング・ワールドに納まったオヤジにご挨拶できればそれ以上のことは、ない。

本文に「できうる限り、関係各位にご周知いただきたく」とあります。blogごときに掲載することの意味というか効果は判らないのだけれども、たとえばH.H.君みたいに反応してくれるかつての盟友(つまり「関係各位」のいち)もおることとて、掲載しておきます。

でき得ればどなたかのお役に立たんことを。


スポンサーサイト



今日のウクレレ。
明日のセンセー。

15時から、生徒46号さん9回目で、テーマは「愛想」だな。曲はなんでもいいけど、音が切れないように、左右の動作がシンクロするように、もうちょっと大きな姿勢で弾くように。奇しくも下の生徒35号さんと同じテーマなんだな、ちょっと人体実験も含めてやってみようかしらん。

おニュー。

先週末の生徒23号さんのお稽古後、帰宅途上の代々木駅前でふと見るとあっちから生徒35号さんが歩いてくる。聞いてみたら「お誕生日だって言ったら、校長先生になんか呼ばれた」のだそうで。ふうん、ってんでHawaiian Dreamまでにこにこしながらついていく。

じつは35号さんがずいぶん以前に注文していたG-Stringのフルカスタムがお店に到着していることを僕は知っていて、さらにそれを校長先生から口止めされていたのだ。わはははは、誰が喋るか、そんな面白いこと。

お店で、校長先生がフルカスタムとはまったく関係ない話をしてさらに楽しんでいるのを横目に、僕もしばらくにたにたしてから帰宅。はい、センセーは根性は曲がっていますが性根は腐っていますけれども、腹の中は真っ黒です。

翌日のBBSには、35号さんからの喜びの声が投稿されておりましたな。楽器自体はさすがの出来で、僕も事前にちょっと見せてもらってはいたのだが「弾いちゃ悪いな」と思って音は知らないのでした。どんなんなってるかなあ、楽しみだな。

James Hill。
Playing it like it isn't...
James Hillのワークショップに関する僕の記事を読まれたらしい未知のかたから、礼の尽くされたメールが届く。

それでざっくり、
いろいろ捜したのだがジェームズ・ヒルの『Playing it like it isn't...』が入手できません。タワー・レコードあたりも当たったのだが、取り寄せも不可なのでどうにかなりませんか。
といったような話で。

そうね、Amazon.comにあることはあるが、基本的にはインディーズみたいなものなので国内での入手は難しい、かもしれません。いちおう校長先生に確認してみて、Hawaiian Dreamに在庫がありますぜ、という旨はご連絡しておきました。
On the Other Hand
なんでもラジオで流れた『Super Mario Bros.』がたいへん気に入ったそうなのだが、ほかの曲は聴いていないんだって。そいつぁ勿体ない、赤いほうの『ミザルー』も聴かなきゃってんでこちらもお薦めしておく。べつに廻し者ってわけじゃありませんが、どうせ買うなら両方でしょう。

数刻も経ないうちに、御礼のメールを頂戴しました。今後ともよしなに。

ふと気づいたのだが、初期の2枚が黄色と赤ってのはセロニアス・モンクと同じなんだな。いや、気づいただけなんですけど。

Genius of Modern Music, Vol. 1Genius of Modern Music, Vol. 2
びっくりするくらいよく似ていると思うのだけれども、いかがでしょう。
Theronious Monk "Genius of Modern Music" Vol.1 & 2


物件は、僕も大好きなセロニアス・モンクの才能にびっくらこいたプロデューサのアルフレッド・ライオンが、「無名の新人のオリジナルをリリースできるかどうかは判らんけれども、とりあえずこりゃ録音しとかなきゃ男がすたる」ってんで録りまくったという代物。才気煥発な若者にびっくらこいているという構図までよく似てはいる。偶然だとは思うけどね。


どさくさ紛れに書いておくと、ウクレレのソロで『CARMINA BURANA』の練習なんかもしていたりして。テーマ劈頭の16小節だけだけど、『GODZILLA』よりは少し簡単かもしれない。なんらかの意味があるのかどうかは措いといて、弾いているとなんとなく楽しい。
belowな話で恐縮ながら。
今朝方から腹具合がよろしくない。朝食はふつうに納豆ご飯とシジミスープなどを作っていただいて、「なんか調子悪ぃな」とは思いつつざっくりお仕事など片づけて、昼は豆腐と油揚の味噌汁を作って、ピーコックのイカ天やカボチャ天と、あとサラダ。

その昼食後ぐらいからですね。えーい、食事中のやつは去れ。昼食後くらいからものすごくくだってきて、13時から14時まではずうっとトイレで液体様のものをですね。しまいにゃ血便まで出てきやがって、ひょっとするとこりゃもう長くねえぞ。

なんでしょうね、精神的なものかな。屠られることを悟りながら震える仔羊のように繊細なぼくの精神と、蜘蛛の糸のように細く暗闇に光るぼくの神経と、白くなめらかな絹豆腐のように危ういぼくの肉体が、なにかのプレッシャーに耐えられなかったのでしょうか。それともやっぱり昨日板橋の道端で拾って食べたコロッケパンがよくなかったかなあ。


ものすごい状態はなんとか14時くらいに一段落したものだから、薬もあんまり好かんのだが征露丸など飲んで少しじっとして、と。いやあ、症状が納まってからたまに薬に頼ると、面白いほどよく効くわい。

血便のほうは鮮血便だものだから、まあ直腸あたりの内壁が切れたんだろうなあ。たいした痛みも発熱もないから、腸重積だの出血性大腸炎だのの心配もあるまいこととて、こっちは放置だな。しばらく続くようだったらタイレノールでも放り込んでみるか。

あとは水分補給と安静、だな。そのうちなんとかなるだろう。


とか書いていて死んだらスゴいけどな(笑)。

ちょうど昨日だったか、某所で「僕が殺された場合」が話題にのぼってな。そうすると「警察がえらく迷惑するのではないか」といった話で、動機の特定がねえ。金銭関係とモノトリの線は、無い。異性廻りのトラブルも、まあ無い。寂しいが、無い。とーこーろーがー、怨恨となるとこれがもううじゃうじゃいて、「君は恨まれてるからねえ」と気楽に言われたのだが、まあいいか。矢でも鉄砲でも持ってこーい。

つまり、俺を倒すならいまだぞ>>そこのあなた。
footcopy