FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


日常。
昨晩に半端な時刻に仮眠してしまって、お仕事が5時くらいまでかかったものだから半端に眠れない。うすら眠い。ビールでも呑んで午前中は寝とくかってんで(はい、ロクデナシです)、サンクスまで歩く。買物して、残金187円。ソリッドな生活。


栄養はつけておくかってんで、
  • ざく切りトマトに、オリーブオイルとバルサミコと粉砕パセリと醤油(滅茶苦茶やね)を混ぜたドレッシング、
  • アンチョビの豪華大根おろし乗せ、
  • もずく酢に生卵の黄身乗せ、
  • 焼いた油揚げに鰹節、
  • 締めでサンクスのカレービーフン弁当(できあい)、

無闇と豪華なことになってしまった。


昼まで寝て、と。テレ東午後ローが『ハートブルー』で明日が『ディアボロス』、ということは、新作公開に合わせてのキアヌ・リーブス特集なんだろうな。
と思ったら昨日の『ビルとテッドの大冒険』をなんでかPCが録画しておった。これ、ぜんぜん宣伝になってないと思うんですけど。

関係ないけど、『ビルとテッド』はここんとこ毎年夏にテレ東午後ローが『地獄旅行』ばっかりを流していたのだが、『大冒険』も持っていたのね。なんで流さなかったのだろう、よく判らん。


夕刻までに今日のお仕事終わり。あとはのんべんだらりんとする。


スポンサーサイト



オヤジ(そろそろ最終)。
実務系の情報があれば、適切なものは逐次続報しますが。


ネットで関屋晋関連情報をいろいろと読んでみたりして、こちらのコメント欄を読んでボロ泣きしたりもして。

そうか、すみだトリフォニーにとうぜんオヤジも来ていたんですね。P君のハンティング・ワールドに納まって、か。そこに気づかなかった僕がマヌケなのだが、骨壺にご挨拶できなかったことに悔いはない。同じ場で一緒に演奏を聞けたことが嬉しいだけだ。

(情報ありがとうございました)。


トリフォニーでは、松原混声のメンバーがステージには乗らずに運営に関わっている姿をたくさん見かけた。きっと京都エコーの皆さんもたくさんいらしたのだろうなあ、見かけないかたがずいぶんいた。

そりゃまあ、1週間間隔で京都公演と東京公演があって、スケジュールなどはまったく知らないが合同練習などもあったろうし、物理的に参加できかねるメンバーが多数おられただろうことは想像に難くない。むしろステージに200人も乗っていたほうが驚異なのだが、こんなことになっちまって、乗れなかった歌手の忸怩たる想いを考えるとまたいたたまれない。

と書いてから慌てて追記しておくと、松原の団長(書いちゃうと大谷君)からは、書いちゃって構わないと思うから書いちゃうと、
今回の演奏会は、松原とエコーの合同演奏会であって追悼演奏会ではありませんので、その点についてもご理解頂けると幸いです。
というコメントが内輪某所にありました。それはそれで頼もしいことだと思う。


余計なことも書いておく(だんだん俺らしくなってきたぞ)。
夢。
現在午前4時半、やっとこお仕事終了でメール納品したところあるよ。

糠床。
そのお仕事で得た豆知識なのだが(オープンな話なので構うまい)、川崎の民家に弘化2年(1845年)から伝わる糠床があるらしい。ざっくり160年、毎朝かき混ぜたとして58,440回。そうかと思うと四国の松屋旅館には200年ものの糠床があるらしい。えーと、73,050回くらいか。乳酸菌の寿命ってどれくらいなのかな、代々なにかが伝承されていたら楽しいのだけれども。

夢。
午前2時くらいにさすがに眠くなったもので、90分ほど寝る。「人類の睡眠サイクルは90分を単位としている」という本当なのかウソなのか判らない説に従ったわけだが、まあふつうに目覚めたから構うまい。

その仮眠中に夢を見た。僕が街を歩いていて、よく知っている男女(人物は特定されていません)のタダナラヌ関係を目撃してしまうのだな。たぶんラブホテルから出てきたとかそんなところなのだろうと思うが、これもよく覚えていない。
数日後、その男性のほうに呼び出されて、口止め料なのだろうと思うのだが、3万円を手渡されまして、僕が受け取るところで夢は終わり。

俺はそんな他人のゴシップに興味はないし、仮になにかを知っていたとしてもそれを他人に話すこともない。あたりまえのことなのだが、そんなことも判らなかったんだなこの人は、というのがまずひとつ。
それはいいとして、俺がそういうカネを躊躇せずに受け取る人間だったということが判明したほうにはびっくりしたなあ。どうやら「受け取ってやったほうがこいつも安心なんだろうなあ」といったことらしいのだが、いやそれにしても。



愛子さま。
バイキンの話で思い出したのだが、先日に漬物学者に聞いた話。
僕は千代田区千代田一丁目界隈に関してはまったく疎いのだが、漬物学者としては、
ああなんでもかんでも抗菌だ滅菌だとやって育てていたら、人類本来の免疫力が弱まってしまうのでよろしくない。
という意見をお持ちなのだそうな。俺も「衛生とはつまり稀釈」論者なので同感だが、発酵学と衛生学と醸造学の泰斗が言うと重みが違いますな。
俺の息子が生まれたときには、まだヤバそうな食品も出回っていてな。多少は腐りかかっていそうなものも。
まず息子さんに喰わせてみるんですか?って聞いてみたら怒られました(笑)。

関係ないけど先日のテレビ報道で、その愛子さんとご両親が栃木の御陵牧場で遊んでいるところが映っていましたな。
僕は宇都宮育ちなので、小学生時分にはよく子ども仲間と自転車で遊びにいったものです。行ってもただの広い草っ原なのだが、カンケリやって怒られたり、無闇とコオロギを採集して始末に困ったり(「リリース」という発想はなかったなあ)、蛙の卵を持ち帰ったらオタマジャクシが大量発生して泣きそうになったり。トノサマバッタの脱皮を最初から最後までみんなで眺めたのも覚えている。

まだあんな感じなのだったら、そのうち弁当とウクレレでも持って遊びにいってみようかしらん。



一人法師。
テレビつながりで、先日の昼間にうすらぼんやりと飯など食べつつテレビのクイズ番組を眺めていたら、これがマジかよと思うくらいに簡単な問題ばかり出す企画で、まあそれが狙いなのだろうけれども。「こりゃ全問正解だな」なんて思って油断していたら、
「"一人法師"の読みを書きなさい」
という問題に答えられませんでした。

クヤシいので会う人ごとに訊いているのだが、いまのところ正解者はないなあ。それでもクヤシい。あなた読めました? そうですか、偉いっスね。

ヒント:「大多羅法師」。

さて、洗濯物でも干すか。
footcopy