FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


blogのトラックバックに関して、諸々。
タイトルにわざわざ「blogの」って書いている段階で間抜けなんですけどね。なんとなく書きたいじゃあありませんか、「インターネットのホームページ」(←もうひとつ間違っている)と似たようなもんだ、ほっとけ。

さて、こういうスパムがトラックバックされたのだが。「トラックバック通知ツール&RSSReader」というもので、要するに「RSSのエントリーから読み込んだ情報を元に、トラックバックを一括して送信」してくれるもの、らしい。すげえ迷惑。迷惑なのだが、日本語のヘタクソな解説文が、ヘタクソなりに妙に詩的なのが気になるところではある。「にくめない」というと怒られますかね。まあ、読んでみて、そして使わないで。

こいつが蔓延すると、それなりに発展というか流行っているblog文化が死ぬけどな。


合唱指揮の関屋晋先生について、半ばは情報提供のつもりで記事を書いたら、某所からトラックバックを貰いました。
ところで合唱指揮者の関屋晋さんが亡くなったそうです。
って、「ところで」ってナメとんのかきさん。さらに記事の内容は合唱に関わるものではまったくなく、しまいにゃ「関屋さんの霊に捧げ」たはずの武満徹を「どれも同じに聞えます」って、こういう無責任というか関係ないというかどうでもいい発言を、リンクというかトラックバックしては欲しくないものだとは、思ってはいた。

貴様ごときがオヤジを語るな。バカタレが。語るにしても俺と関係ないだろ? 判るよな。

そして、関屋先生関連のblogを観に行くと、悉くにこのかたからのトラックバックが付いているわけよ。書いたからには読まれたいのは判るが、読まされるほうの迷惑は考えないのか? それだけのクオリティのある記事を書いたのかあんたは(そんなものを書いていないことは論証した)。

ちなみに、先方からこちらへのリンクはない(構わんが)。


そんならトラックバックを僕が削除すればいい話で。

話題は錯綜するのだが、僕が「先生」と呼ぶのは合唱指揮の関屋晋先生と、経営コンサルタントの市井俊哉先生と、ハワイアンのナガオ先生だけなんだけどな。措いといて。

でも放置することにしました。

ひとつには、ああいうツール(先述)が出てきた以上、今後のblog上ではスパムトラバが増えていくことは目に見えている。有効な対応策が提案されるまでは、放置しつつ、その分の手間を記述にかけるほうが得策でしょう。

ふたつ、恥知らずがアクセスアップのために努力しているのだから、そこは汲んでやりましょうよ。よく考えると、トラックバックがついたからといってとくに困ることはないのだから。

みっつ、たとえば検索エンジン経由で読まずに来ているトラバだといっても、たまさか有用な情報があることもありましょう。そう、あんたは俺のblogを読んでいないとしても、俺はいちいち読みに行ってるんだよ(そしていちいち削除していたわけだが、面倒くさいからもういいや)。


先日の記事だが、
googleで『Ka Nohona Pili Kai』を検索すると、俺んとこがトップでヒットしちまう。

だから俺はSTICK TO THE MANでDON'T TRUST OVER 30なROCKの人なので、ALOHAなHawaiianとは関係ないつうか正反対なんだつうのに。たまさか検索して辿り着いてしまったかた、ごめんなさい。
と書いた。

無駄な情報にアクセスしてしまう無辜の民の手間なんか考えてないんだろうね、某さんあたりは。それはそれでしょうがない、か。


スポンサーサイト



映画版『あずみ』(DVDにて)。
あずみ スタンダード・エディション-DVD-〔送料無料キャンペーン中〕明治座の舞台版『あずみ』も観たことだし、漫画も読んでいないわけではない。じゃあDVDのほうもチェックしておこうかな、ということで借りてきました、『あずみ』。

『ゴジラ ファイナル ウォーズ』スタンダード・エディション【TDV-15203D】 =>20%OFF!《発売...正直なところ、昨年師走に観た『ゴジラ FINAL WARS』を以て、北村龍平監督にはまったく期待していなかったんだよね。
当時の日記から引用してみる。
こんなもんは怪獣映画ではない。ということはゴジラ映画でもあり得ない。~中略~むしろ主人公の破壊力と苦悩を描いた『クロスファイア』のほうが、よっぽど怪獣映画として真っ当だよ
怒ってはる怒ってはる(笑)。
ごめんなさい、僕が間違っておりました。
Super Mario Brothers.
さて、生徒51号さんにリクエストされた『スーパーマリオ』なのだが、ネットで漁ってみたら音源がわんさか出るわ掘れるわ。ついでにジェームズ・ヒル版のタブ譜まで出てきてしまいましたとさ。

みんな一様に楽しそうだ。僕は子どものころから本ばっかり読んでいたもので、『スーパーマリオ』ってやったことないんだよね。Ukulele Bashのときにもジェームズ・ヒルがバカウケしているのを指をくわえて眺めていたわけだし、リンク(下のほう)にあるコーラス篇とかアコースティック・ギター篇なんかのライブ版もすごく楽しそうだ。

なんか小学生のころにひとりだけ遠足に行けなかったみたいな感じで、ひじょうに寂しい。

footcopy