FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


明日(月曜日)は。
生徒58号さん2回目。

うー。


スポンサーサイト



今日もオランダ。
Ukulele being played by a Ziegfeld Follies chorus girl, c. 1920
オランダのマーセル君からお返事が届く。

先に書いておくと、なんで「オランダ」で「ネザーランド」で「ネーデルラント」なんだ、なんてことは調べると面白くないので調べない。ベースのデイブ・ホランドあたりがオランダ出身かな、なんてなんとなく思っているのだけれどもきっと間違っているに違いない。どうでもいいや。


マーセル君とのやりとりのなかで懸案だった「各国語での"ウクレレ"の表記」については、ここでいちおうの解決はついたような気はする。「夏威夷的四弦琴」なら「ハワイの四弦の撥弦楽器」(for Marcel, it means 'Hawaiian 4 string Musical Equipment')なのだから問題なかろう(「夏威夷」が「ハワイ」なんですね、知りよらんかったと)。

それでAltaVistaあたりで翻訳すると、中国語でも「尤克里里琴」とか「尤克裡裡琴」って、たぶん表音文字で「ウクレレ琴」って書いてあるのだろうけれども、さっぱり判らんぜよ。※ハングル表記は調べればなんとかなりそうなので、後刻。



もっと懸案だった「sus2」については、

I must say that I don't use it myself conciously. I probably use it in between... like in chord melody.
In fact, a Bsus4 is the same as an Esus2. So it depends on where in a transition you use it whether you would call it a sus2 or a sus4.


実はsus2ってそんなに使ってないんだよね(訳注:腰が抜けた(笑))。実際にはBsus4とEsus2は同じだし、どう読んでも構わないんじゃないかな(訳注:また腰が抜けた(笑))。



そのsus2については、ウェブサイトをご紹介いただきました。拡張子のaspってなんか気に食わないけど措いといて。引用させていただく。

Sus means suspended. I have to admit that I have never really understood why the term suspended is used in this context, but this is not important. A major or minor chord has a third, either a major third or a minor third. The third is the note that gives the chord its character. The sus-chords have no third. Instead the sus2 has a major second. It gives a kind of open, restless sound. It is mainly used as a passing chord.

The sus2 chord is a favorite of Police and U2.

Sometimes you can see the sus2 chord labeled as an add9 or add2 chord. But in my opinion, this is not correct. An add chord indicates a basic chord with an added note. An add9 chord is a major chord with an added 9th. In the sus2 chord, the third is subsituted by a major 2nd. The add9 is a 4 note chord, while the sus2 is a triad.

The sus2 and the sus4 are closely related. If you build a sus4 chord from the fifth in a sus2 chord, you will get the sus2 in second inversion. To put it another way: The notes in a Csus2 are the same as the notes in Gsus4. If we start from the sus4 chord, then we find a chord with the same notes if we build a sus2 on the fourth note, which means that the sus2 can be seen as the sus4 in first inversion.


ざっくり、
  1. sus2はパワーコードである、
  2. 経過音として使用される、
  3. 3度は存在しないので9thやadd9とは違う(そりゃそうだ)、
  4. Csus2はGsus4と同じだ。


ってな感じか。

だいたい判った、現状において「sus2」なんていうコードチェンジの表記は必要なかろう。「U2とポリスが愛用している」とあるように、モード系の音楽で3度を省くために導入されたものであろうというのが当座の結論となる。たぶんルート以外では使われまいし(勘)、そうであるなら最初からモードを指定しておけば済むだけの話だ(『Take the 'A' Train』の2小節目を「D7b5」と表記してホールトーンスケールを指定するようなものだ)。

4番目に採り上げた「Csus2はGsus4と同じだ」というあたりは納得できないのだが、そのへん後刻。
footcopy