FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


週刊文春 vs. 朝日新聞。
朝日新聞が、本紙掲載の『週刊文春』の広告の一部を黒塗りにしたという話があって。塗りつぶされたのは、朝日新聞を指して「人はそれをブラックジャーナリズムと言う」とした部分なのだそうな。


「黒塗り」というのがひっかかって、「まさか手で(クレヨンかなんかを使って)塗りつぶしたわけじゃあるまいな」と思って、買ってきました朝日新聞。バカだね俺。


けっきょく、印刷ベタで潰されておりましたな。なんだつまらん。


つまらんと言えば、朝日新聞の度量の狭さもつまらんなあ。例のライブドア騒動のときにフジテレビでは当初一切の報道がされなかったが、あれもセコいと思うし。ニュースソースはいちばん持ってるんだから、社内取材をどんどんやってあることないこと報道して世論誘導すれば面白かったのに。朝日新聞も、孫悟空を泳がす仏陀のごとく泰然自若と構えていれば却ってかっこいいと思うんだけどな。


関係ないけど、「ブラックジャーナリズム (Black Journalism)」って、アメリカじゃあ公民権運動の一翼を担っている立派な活動なんだけどな(英語圏でどういう報道がなされるのか、ちょっと興味はある)。

朝日新聞もそのあたりをイイワケにすりゃよかったのに。
広告基準に不掲載の基準としてある「本社の記事を中傷、否定するもの。ただし本社が妥当と判断するものを除く」に抵触する
としているが、文春の見出しをみる限りでは問題となっているのは記事ではないじゃん。そらいけ文春ほらつっこめ(笑)。


とはいうものの、僕は学生時代に5年間ほど朝日新聞東京本社でバイトして食わせてもらっていたし、そこで覚えたワープロ技能の惰性というか遺産でいまだに食いつないでいたりするもので、あんまり悪口を言う気もないんだな。

投書欄を眺めていたら、あいかわらず当初のタイトルが「6文字×2行」で統一されている。これをして「6文字2行にまとめている人が偉い」と思うか「無駄な努力」とみるか「社風乃至伝統」とみるかは人それぞれなのだろうけれども、続けているのはとりあえずいいことだと思う。きょうはカギカッコ(「」)がセットで1文字扱いなのを発見しました。いやあ、知らなかった。

ついでに、投書子の年齢が、60代2名、50代1名、すっぱり飛んでティーンネイジャー3名だったように思う(テンプラ油をくるんで棄ててしまったのでもう判らない)。なんか偏っているように思わないでもないが、きっとそういう日もあるのだろうなあ。


スポンサーサイト



寝すごした(笑)。
朝11時起床。9時起床予定だったのだが、2時間くらい前後したってまあ構わんでしょう。
体調はまあまあ元気なもんなんだが、ちょっと血圧が高いような気がする。なんとなくエウスタキオ管が詰まったような、気休めで献血に行きたいような。そういえば90年代初頭にイギリスに行ったことがあるから、献血するならいまのうちだな(冗談です冗談。石を投げないでぶつけないでやめて)。やたらと喉も渇くし、ひょっとして糖尿か? なんて悩んで遊ぶ。とりあえず乾燥納豆など齧ってナットウキナーゼとマグネシウムで糖尿病治療、ついでに麦茶で血液をさらさらにして、と。鰯の頭も信心から。

とっととお仕事にかかって、15時から16時までは代々木でウクレレを教えて、帰宅してヤキソバなどいただいてからまたお仕事で、19時までにメールにて納品完了。こっちは原稿の返却もあるし、明日あたりご挨拶がてら訪問してみようと思うの。


今日の晩飯:
味噌が払底していたもので、ハナマルキのインスタント味噌汁を鍋に作って、刻んだ油揚を放り込む。滅茶苦茶である。
ご飯は到来物の「玄米」を炊いて、納豆とシラスでいただく。
メインのおかずはアジのヒラキで、添え物でトマトとレタスのサラダ。

お腹いっぱい。仕上げの杜仲茶でまた血液さらさら、と。ほんとか。


野暮用で中野に出た後、総武線沿いの桜は咲いてるかなと思って徒歩にて帰宅。東中野駅から中野寄りの線路北側の土堤には季節がくると菜の花が敷きつめたように咲いて、そのうえの道沿いにはソメイヨシノが満開になって景色がいいんだな。

菜の花はそろそろ咲き始めていたけれども、さすがに桜はまだでした。でも寒緋桜が咲いていたから、満足して帰る。
サッカー(日本 vs. バーレーン戦)。
スポーツ中継って観ないんだよね、俺。

ほら、酒は飲むし楽器は演るし映画は観るしたまに本も読むし、あちこち出かけるし(さいきんはヒッキーだが)、博打とスポーツ観戦を自らに禁ずることを律したのはけっこう昔のことだ。
どうやら最後にスポーツ中継を熱心に観たのは、夜中にふと目覚めてテレビを点けてみたら徒競走をやっていて、テレビを消して寝ようとしたところで谷口浩美の靴が脱げたあたりなんじゃないのか。あのあとの谷口浩美を観なかったら漢じゃない、くらいの感じで朝になってやんの。なんだ、けっきょく好きなことは好きなんじゃないか。

あとは「スキージャンプ・ペア」くらいだな、たぶん。それと、ナマは大相撲とボクシング(フライ級)に1回ずつ行っていると思う。人間って、殴られると殴られた部分が赤くなって、そのまんま腫れてくるんですよ。それくらいのことは知っている。
センセー(生徒46号さん8回目)。
15時からのウクレレ教室に、マジで15時ちょうどくらいに到着する私。まあいいでしょう。
46号さんは昨クリスマスあたりのお稽古を風邪ぶっこいてお休みして、3か月ぶりの登板である。どんな風邪なんだ(笑)。
とりあえず様子を見ようと思って『いつも何度でも』のソロ譜を弾いていただいて、あとはいつも通りに話がどんどんヨレていく、と。


どうにも音がぷつぷつ切れちゃうものだから、まずは愛想だな。ソロ譜なのでコードと単音が錯綜しておる。それでコードを弾いてから単音に行くときに、残せるコードノートは残しておくように指導。それと、押弦とストロークのタイミングを揃えること、かな(『救急車』も演っている筈なのだが)。

1123のBbで1弦が押さえられていないもので、手首の形などちょいと見て、掌をネックに寄せるようにしたら鳴るようになりましたな。ついでに0123のBb maj7でも構わないようなお話をしてみたら、「C7の音はどうしてBじゃなくてBbなんですか?」というたいへんにいい質問が出たもので、メジャーセブンスとドミナントセブンスの使い方についてちょっと解説して実演もしてみる。

中盤のストロークで「ンチャキ」(ダウンミュートとサムアップ)も出てくるので、これは3連ストロークも含めて特訓して、と。それから細かい指遣いなどちょっとやって、本日終了。
footcopy