FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


虞犯。
曙橋から自衛隊のアンテナをなんとなく眺めていたら、ガイジンの人に声をかけられた。
あれはなんですか?

えーと。Armyだとマズかろうし、「Japanese Self Defence Force」のアンテナだよ、くらいにご説明しておく。

東方面に歩きながらアンテナの解説をする僕とガイジンさんを、通りの向かいからお巡りさんがじいっと目で追っていましたな。そりゃまあ2m超の全身彫り物の黒人と短躯のサングラス東洋人風味が自衛隊を凝視しながら歩いていたら不審だろうなあ。

知らんよ。


スポンサーサイト



知見。
「個人事業主」って、「こじんじぎょうしゅ」って読むんだ(らしい)。「じぎょうぬし」だとばかり思っていました。どうもいけません。


「多士済々」って、「たしせいせい」って読むんですね(らしい)。ずうっと「さいさい」だと思っていました。こっちはけっこう自信を持っていた自分がいるだけに、反省しきり。


たとえば僕の育った宇都宮市峰町は「みねまち」で、中学生時分に「Mine Hamlet」なんて駄洒落を思いついてはいたのだが。措いといて。

「なんとか町」を「なんとかちょう」と発音する場合には、「町役場」も「ちょうやくば」と発音するんですね(らしい)。なにがなんでも「マチヤクバ」だと思っていた僕が間抜けです。どうもいけません。
いい話。
こちら。半年以内にハリウッドの動きが表面化するほうに500円。
センセー(教えたわけじゃない)。
生徒32号さんからメールで、「ご無沙汰ですが、レッスンは何曜日でしょうか」との由。調べてみたら前回お稽古が2004年1月14日でやんの(笑)。僕の都合よりはお稽古場の都合(ほかのレッスンとのせめぎ合いですね)のほうが重要であること、僕としては何曜日でも構わないこと、14か月間でずいぶん譜面なんかも増えたこと、などはお返事しておく。
退院
そんなこんなで昨晩遅かったのに、9時から母の電話で叩き起こされる。退院が決まったので迎えに来い、と。「あと30分寝ていい?」って聞いてみたら、電話切られてやんの俺(笑)。

11時くらいに大荷物とともに病院を出て、クルマで新宿に出て伊勢丹6階の「宮川」で鰻。
結局のところ腫瘍マーカーはたいした数値でもなく、でも白血球の数値が低いもので拘束(笑)されていたわけで。その白血球が上がったということは、まあ骨髄くんも頑張ったのかもしれないけれども、実は体内で白血球さんたちがナニモノかと闘っているという可能性もあるのだよ、といった話などする。
あまり食事中に相応しい話題でもなかろうが、こないだ行った焼肉屋で隣席のOLさんたちが「香港で食あたりして食べたものがそのまま出てきた」話を延々としていたのに比べれば

食後のお茶などしているところに母の携帯電話に着信があって、なんでも「お友だちのPCがプリンタデバイスを認識しなくなったのだがどうしましょ」ってので電話を代わる。ざっくり聞いてみて、要するにプリンタを削除してリインストールすればいいんだろうなあ、なんて話をしてみるのだが話が通じません。これは後刻メールということにして、と。なにしてんの俺。
footcopy