FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


お仕事。
朝9時、きわめて元気よく起床。コーヒーとフルーツクリームブラン(「おめざ」ですね)。

例のベタ入力のお仕事をやっつけるのに、ちょっといい機械を貸してもらおうと思ってケッタでオーバーの事務所に行く。なに、キーボードと画面が大きくてスペックも豪華だというだけのことだ(「だけ」かよ)。処理快調。

昼、なぜかオーバーの奢りでオリジン「白身魚のり弁当」と、シジミスープ。
書けねえ。
というかですね。
  • ホッパー君のベース教室のネタ、
  • オランダのsus2の話、
  • ジェームズ・ヒルさんのワークショップの話の補遺、

という巨大ネタが書けないままに溜まってるんですよね。而して更新が滞る、と。

雑ネタ(←自分で言うぞ)はいくらでも書けるのだが、そのいとまに大ネタをやっつけておきたいのですが。


文才ねえな。ちくしょ。
営業。
雨のしょぼ降る午後、本郷三丁目の某社までいそいそと出かける。先週末に頂戴したオファーの原稿を受け取るのと、それから初対面のご挨拶ということになる。こういうことは初回営業も大事だし、2年前にお送りしたDMを保存しておいてくださった(そしてそれを参照した!)というだけで、きっちりしたお客さんであろうことは判る。いいお付き合いになればいいのだが。


なんつっても某社といえば、半ば門外漢の僕でも名前を知っている業界屈指の老舗出版社である。創業なんか明治初期だもんね、まだ三越が越後屋呉服店だった時代から出版業を営んでおられる。というか、紙幣が印刷される前から出版業を営んでおられる。なんで俺みたいな若造のところに仕事をくださるのだろうかしらん。いや、ありがたいんですけど。
花見→沖縄。
土曜日はサラリーマン文化芸術振興会のお花見に混ぜていただいてですね。というか俺ってば会員でもないのに平気で100年前から居座っているような顔をしていっつもイベントに参加させていただいているのだが、いいのかなあ。まあ、いいか。

先日は東京都現代美術館に遊びに行くとちゅうで、「そういえばサラ文のイベントをやってた筈だな」ってんで図々しく元加賀ホールに上がりこんだら「利き酒の会」の真っ最中で、なんでかゴチになって帰ったなんてこともありましたな。ほんまにも(笑)。
26対0。
昨日の試合はすごかったねえ、という話になって。

り「26点だもんなあ」
某「完封だものねえ」
り「これで今日は楽天の勝ちだな」
某「なんで?」
り「ロッテは昨日26点も取らされたんだよ」
某「はあ」
り「それだけ働かされたら、今日あたりは疲れて動けないんじゃないの?」
某「そうかなあ」
り「いや、どうせ負け試合なら点差は関係ないんだからさ。翌日を意識した楽天の秘策とみたね」


そんなわけ、ないか。
煙草。
近所の不動産屋兼たばこ屋の社長さんと、道ぺたでばったりお会いしてご挨拶などする。

おや、久しぶりだね。

そりゃそうだ、以前は毎日通っていたのだから(いまはいちおう禁煙中なんだな)。たまには顔を出しておいたほうがいいのかなあ、どうしたものだろうか。
お仕事。
某社編集局からお電話で、テキスト入力を依頼したいとの由。え? どなた?
なんでも、2年くらい前に出しておいたDMを保存しておいてくださったらしくて、今回の依頼となった由(たぶん年度末進行で手が足りなくなっちゃったんだろうなあ)、ありがとうございます。

さいきん変化球ばっかりだったからなあ。たまのストレートど真ん中だ、きっちり仕上げましょ。

などと言いつつ、市ヶ谷土堤でのサラリーマン文化振興会の花見に出かける私。昼過ぎくらいに近所を通り掛かったら電話でもください>>どなたか。
ジェームズ・ヒルのワークショップ。
JAMES HILL(ジェームス・ヒル)FANTASY FOR 'UKULELEカナダ在のウクレレ・バーチュオーゾ、ジェイムズ・ヒルのワークショップがHawaiian Dreamで開催されたもので、お手伝いと称していそいそと見物に行ってみました。

ほぼ1年半ぶりに会うジェームズが、会うなり僕を認識したのには驚きましたな(「Hi, Revi-san」だって)。前回はツンツンの金髪にサングラス、今回はえーと「いい人のコスプレ」のウェーヴィ・ロン毛に素通しメガネ(笑)。やはり一家を成す人は見るところが違う、のかなあ。そうかなあ。


ワークショップの内容をざっくり書き出しておきます。思い出したときに追記するのがよかろうかと。
footcopy