徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2000年12月30日(土曜日、仕事持ち越し中)。
中井駅前にある世界一の鶏肉屋「鳥一」のレバーはいつも品薄なのだが、なんつっても今は柏景気でもあり鶏もどしどしバラされていることだろうて、しかも年末にレバーを買う奴はいない。というわけで狙って行ってみたら、やっぱりレバーが山盛りで売られていたよ。これは胡麻油と塩の刺身でいただく。幸せ。


関係ないけど、法改正(非営利の情報保障をするについては、著作権者の許諾を得なくていいよ、みたいな感じ)を受けて1月1日の「ゆくとしくるとし」(観たことないんで表記は不正確だが、誤解はあるまい)の字幕をどっかで付けるらしいんだな。それ自体は喜ばしい。
それでまあ全難聴を見に行ったら関連ページが出来ていて、でも、

本来はテレビ局が自らの責任で字幕放送を実施することがその社会的責務と考えていますので、リアルタイム字幕配信はその補完的事業と考えられます。


といったスタンスなんだな。頭悪すぎのうえに合目的的ですらないぞ。


ついでに今回の配信主体たるリハ協さん(というかノーマネットさん)も覗いてみたら、こちらは専用ページもあって割と具体的みたい。まあやってみないことには判らないわけだが。
個人的には、たとえばリハ協さんの、

1.テレビ放送等の音声を聞くことができない人のため、これまでインターネットなどのネットワークを使って、音声を字幕化し送信する活動が、ボランティアの手によって行われていました。


なんかは根本認識からして間違っていて、これは「音声を聞くことができる人もできない人も」一緒にTV番組を楽しみましょうよ、というに尽きる。「聴障者のために」ではなく「聴障者だからといって阻害されることなきように」というのが根底にあるべきだろう、と勝手に思う。
それ以前に「責任主体者」たれなかった(名前だけ貰って喜んでるんだろうか)全難聴がなさけないんですけどね。まあ団体として卑怯者でウソツキだから(トップがそうなんだからそう考えて構わない)、しょうがないか。たまに表彰とかされて喜んでるくらいが関の山で、肝心なときには役に立たないのが今回も露呈した、と。

気にならないこともないのが「通訳IRC」の出方なのだが(「協力しない」という選択肢ももちろんあり得る)、ここは心配する必要はないんだろうな、もはや。ずいぶん前から正念場だったのだが、今回も正念場であることとて頑張ってほしい。


スポンサーサイト
2000年12月13日、尊師のバカ。
朝も早よから霞が関で10時-12時の字幕。時給は5,000円くらいではあるのだけれども、つまるところ8時に家を出て帰宅したら2時とかやん、これで6時間で1万円だぜ。料金体系は見直して欲しいって全難聴には5年前から言ってるんだけどな、どうしょもない。さらに日頃「2時間ものはやらん」って言ってるのに、なんで請けちゃったんだろう。会合そのものも時間のムダみたいな感じだったし(「情報保障を入れました」という体裁を整えるだけのお飾りだったらお断りなんだよ、俺は。マイクのスイッチ入れろよ、話が終わったら切れよ、丁々発止すんなよ、バカ>>官僚さんたちとか委員さんたちとか)。 気を取り直して、終わってからなんでか赤坂見附に出て、ビブレ(だっけ)の階上の「揖保の糸」で玉子丼。美味しいうえに鶏肉まで入っているのに、玉子丼。いと奥ゆかし。ところで何故「卵丼」という表記を見かけないのだろうか。 今年は「X'mas」という誤記が減ってきたような気がする。関係ないけど。 天気もよかったので、赤坂見附から青山一丁目まで豊川稲荷に寄ったりしながら歩いて、大江戸線で帰宅。のんびりとする。
11月12日の字幕実験のレポートが送られてくる。現実に沿わない状況を無理やり作り出して、被験者には嘘をついて、おカネをかけて各方面に迷惑をかけて、過去の積み重ねは全部無視して、自分の実績だけは鼻にかけて、結果的に全てが時間の無駄って、バカ過ぎて腹が立つよ。全難聴も当事者能力が無いなら手を引くなりアウトソーシングなりすべきだし、アウトソーシングするならするで相手を選んだほうがいい。 俺には関係ないけどね、全世界の聴障者に迷惑かけてるっていう自覚はあるんだろうか。無いに決まっているが。 そういえば今日の現場にはDさんもいらしていたが、先日のどっかの現場で俺不在のおりには「(俺に)謝っておいてください」とか某さんに伝言してたらしい(Dさんてば俺のメルアドも知ってるんだから、そんなもんシカト。それ以前に、記事にした以外にものすごく目茶苦茶な誹謗中傷イイガカリを寄せてくれたり人間としてちょっとマズいんじゃないかみたいなことをしでかしてくれたについての釈明もとい説明は皆無だ)のに、本人(俺)が登場したら一言も無いよ。こんなのが国政関連の審議会に堂々と出てくる。もう福祉関係者なんてクズばっかし。 そこの障害者さん(あなた)さぁ、将来は暗いよ。「うえのほう」は、みんな自分のことしか考えてないよ。障害者福祉は立身出世の踏み台だよ。俺は「提供側」の現場に出ているから判るけどね。あなたには判らないだろう。じゃあどうするよ。
床屋に行きたい。ヘアスタイルちょい爆。今日は白シャツに黒ズボンに爺ちゃんの形見のジャケツで字幕現場に臨んだのだが、うーん。ついでに野球帽かぶってアンダーシャツが赤かった。って、昭和初期のスリか俺は。いやそう見えた。 とか思いながら、ハワイからリクエストのあったタブ譜を2つアップ。「きよしこのよる」はいいとして、もう一個が「ゴジラ」。まあいいでしょう。 クライアントさんから「請求書出してちょうね」との連絡あり。忘れてた30万円と50万円の2件、つくづく金儲けには縁がねえなあ(ずぼらなだけ)。明日はやるぞっ!(熱血!)。 ストレートニュース最終回を熱心に観る。熱心に観ないと面白くないということにやっと気づく。それでいいじゃねえか、文句のある奴ぁ前に出ろ(特に特典もありませんが)。球場の場面はCGっちゅうかブルーバック合成だなあ(文句はないが意図がよう判らん)。あと矢島ひとみは「ほぼ日」のキャラに酷似。
footcopy