徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


肋骨骨折で股関節レントゲン写真を撮られた話:「今日の医療ミス」(と言ってしまおう)。
診療明細書(右股関節と肋骨をレントゲン撮影している) 次回大病院の膵炎もろもろ受診に向けて資料を当たっていたら古文書が出てきたもので報告しておくので、「そんなこともあるね」くらいのことで聞いていただきたいのだが、今年の5月29日の話だ。
僕は謎の右胸痛があって、大病院整形外科を受診した。その部位であれば持病の重症急性膵炎、にしてはなにやら様子が違うので外科を受診したら「肋骨でしょうね」というので、レントゲン線で記念撮影をしていただくことになった。それで撮影会に行ったら、なんでか右股関節の写真を撮ろうとするわけ。俺は節足動物かっつうの。もちろん撮影技師さんのトンチキではないし、お医者さんだってとうぜん事態はお判りの筈なのであって、じゃあ僕の撮影部位図面の肋骨のうえに「股関節」って書き込んだトンチキはどいつなのよ、という疑問は残るわな。
さらに言うなら、撮影後に整形外科に戻ってお医者さんに「股関節撮られちゃいましたよ」って言ったら「レントゲンも混んでるから」というので再撮影をやんわり拒否されたのには問題があると思うぞ。それはつまり「股関節撮影でも肋骨の診断はできる」という超科学が存在するか、あるいは「必要のない撮影を強行した」かのいずれかであるからだ。そして点数が287点で僕が3割負担であるのだから、国庫に2,000円から4,000円の損害を(僕個人について言うなら800円~1,700円くらいの)無駄を強いたことにはなる、筈だ。算数を間違えていたら教えてください。
ことが肋骨程度で僕ならよくあることだったので大過なきを得たが、ここはひとまず指摘はしておかざるを得ないだろう、一昨年来の罹病につき社会資本によって生かされている私としては。
基本的には大病院を信頼している。瑕疵のない病院などないし、瑕疵があったらあったで患者側からのフィードバックがないよりはあったほうが体制の補強にも繋がるだろうとも考えている。たとえば、その大病院で母は肺癌が脳に飛び散って死亡した。その脳腫瘍の抗癌剤適応について医師団側が「ない」とする「肺下葉の生検体が、大病院にはあります」と断言したのはムンテラ時の僕で、病院内の連携不良かなにかで担当のお医者さんたちがご存知なかったことは調査すれば判る筈だが、そこまでは言わない。
ひとつだけ、言い置かざるを得ない。。

私たちは、最終的には、最終的にはだよ、あなた方を信用するしかないのだ。



スポンサーサイト
ドルえもん
こんなことやだな
あったらやだな
あんなことこんなこと
いっぱいあるけど
みんなみんなみんな
かなえてしまう
ふしぎな理屈でかなえてしまう

原発放射能おっかないな
はい、安全ですっ!

あんあんあん、トンデモだいすき
安倍総理
※斜体の2行をいじって遊ぼう。
岩手県議小泉光男さんの話。
発端:

小泉みつお・岩手県議会議員は岩手県立中央病院での精算呼出が番号だったことに怒り心頭に発して受付嬢を罵倒し、支払いをせずに病院を去る。あと1年前くらい前だと思うけど、会計待ちで窓口に呼び出されたことに怒り心頭に発して支払いをせずに病院を去る。診察であまりに待たされたもので支払いをせずに病院を去る。そういうのをブログに書いて読者の同意を求めたわけですが、この小泉みつお議員の謂を読んで「病院の対応がおかしい」って思ったひとはいたのかしら。ひとことしておくと、県議が県立病院についてこの反応とこの意見ってとっても大問題ですよ、ってあたりには異論はなかろうかと思うのです。


詳細を知りたい向きは、
ガジェット通信 http://getnews.jp/archives/356246
Jcast ニュース http://www.j-cast.com/2013/06/10176952.html?p=all
あたりを読んでみてください。YouTubeにCX『とくダネ!』の動画もあります。「小泉みつお」検索でもたくさんひっかかりますね。
個人的には「選良と国歌独唱者は誰がやってもいい」という立場、たとえば歌のヘタクソなひとでも歌っていいのが国歌、資格要件(犯罪者じゃないとかそんなこと)を満たせば国民誰でもなれるのが政治家、と考えていますので、今回は小泉みつお氏の政治家としての資質については、そんなには触れないつもりではあります。ってそれ無理か。

以下、あたま悪そうに書いていきますけどごめんなさい(アタマヘタクソなんですよ)。
あと、ご本人がブログを削除しておられるものだからウラトリとか時系列とかけっこういいかげんですが、部品は揃っていると思うのでそのへんご勘案いただければ幸甚です。なにやら間違っていたら教えてください。


番号で呼ばれたら腹を立てるのか?:

241番事件の話ですが、同姓同名の取り違えで堕胎されちゃった事件とかありましたよね(なくても今後あるという危険性はある)。事務手続きの効率性を考えても、同姓同名の取り違えの危険性を考えても、個人情報保護の観点からも(診療科目や個々の事情によっては、フルネームを呼ばれて困るひともいらっしゃるでしょう)、番号呼出についての正当性はあると思います。

さらに言うなら、小泉先生は241番として待合にいたので、おそらくは240番までのひとが番号で呼ばれていたのを聞いていた筈です。ほかのひとが番号で呼ばれていくのを聞きつつ、「僕だけは名前で呼ばれるんだろうなあ」とか思っていたのでしょうね、県議だし。拍手とか期待してたのかも。あるいは、ほかのひとが呼ばれている「番号」が理解できなかったのかもしれません。


「待たされて料金踏み倒し」の意味:

このひと、診察を待たされている間は我慢して待っているんですよね。たぶん診察(だか診療だか)はされたいのでしょう。そして診察後の精算なら「もう帰っちゃってもおれ健康体だもんね」ってんで帰っちゃう。それなりに自分の利益は考えていらっしゃるんですね、まああたりまえですけれども。

おかしいなと思うのは、待たされてイラついているにもかかわらず「精算は会計ブースから出てきてこっちまで来い」って言っていること。それ余計に手間かかって余計に待たされるだけじゃん、どういう思考回路のかたなのかよく判りません。

要は「俺は議員さまだから特別扱いしろ」ということなのでしょうか。どのみち料金踏み倒しの常習犯なので「上客」でもなんでもありませんが。ちなみに母も都内大病院の常連で医療費はみつおの15,000円なんかちゃんちゃらおかしいくらいの高額ですが、だからといって病院で威張ったこともないし、そも「客だ」なんて意識はありません。あたりまえだよ、患者なんだから。

そもこのかたは県議会議員なので、県立病院の運営に問題があるならば行政の観点から改善を図れる立場にあります。看護婦さんだの受付事務員さんだのを怒鳴りつけてどうにかなると思う時点で間違っとりますな。


そもそもみつおは不当に待たされていたのかどうか問題:

ところで、病院で3時間待たされたことに腹を立てて診療代を踏み倒して帰っちゃった日、小泉さんは医師の紹介状をもって岩手県立中央病院を訪れているようです。ということは初診ですね。そして心臓外科(だと思う)で心房肥大の診察がくだったということは、10:00の段階で最低限レントゲン撮影と採血はあった筈です。ということは、検査結果が出るのに2時間やそこらかかるのは当たり前ですし、さらにこの病院の診察開始は08:30のようですから、10:00のみつおの前に90分ぶんの患者さんが待っておられます。これで文句つけられたら病院もたまんないよね。

さっきも書いたかな、僕の母も寄る年波でけっこうガタがきていて、東京の大病院の常連です。腰も傷めているので車椅子で診察を待っているのも辛いのですが、「私ひとりが助かるわけにはいかない」と言って2時間でも3時間でものんびりと待っています。それがあたりまえでしょう。大病院側も、あまり辛そうなときはケアルームに収容してくれます。ありがたいことです。


謝罪になってない件:

例の謝罪文だが、謝っているのは「不適切な表現」についてのみで、理不尽な罵倒や料金の踏み倒しについてはひとこともありませんでしたな。個人的には、やらかしちゃったことはよく判りましたので表現は不適切ではなかったものと考えています。日本語の精度だの誤字だのについては、まああまりひとのことも言えませんし、重箱の隅はみないことにしましょう。


これは邪推なのですが:

ところで、小泉みつお先生の自宅から徒歩3分のところに、岩手県立一戸病院(300床超でマンモグラフィーもMRIもあるけっこうな大総合病院)がある。なにかそちらに顔を出せない理由でもあったのでしょうか、以前に料金を踏み倒しっ放しにしているとか。ですから邪推ですってば。


今日の明日:

一部報道によれば、17日の月曜日に岩手県議会の臨時総会だか臨時委員会だか(詳しくない)が開催されて、みつお問題が審議されるとの由。まあ問責決議も辞職勧告も強制力はないからどうなるか判んないけど、興味はあります。ってか小泉みつお本人が議会場に姿を現すかどうかというのがまずポイントなのかな。

そういえば小泉みつお先生は自民党議員の地盤を襲った筈なのに、なんで自民党は追加公認しなかったんだろう。そこはちょっと謎(詳しくない)。

2012年7月1日(日曜日): 原発事故はマクガフィンか。
今日のパソコン:

有線LANルータ 無線LANルータ 無線LANアダプタ わけあって実家でPC作業などする。

目の前にLenovo(Windows7)、Vaio(Windows XP sp2)、MC2/40(Windows2000)が並んでいてぜんぶ使うのだが、フレッツの回線が1本、マウスが2本、連携はなくてデータの移動はUSBメモリというとっても素敵にレガシい環境になっちまった。さきに4口ルータでも買ってきたほうが早かったんじゃねえのか、あはははは。

LAN化は本気で考えるとすると、最大でPC×2台のプリンタが1台。別に移動させたりゃせんのだから有線でも構わないのだが、無線ルータも安いしアダプタなんか1,000円もせんのだから5,000円かけて無線にしたものかな。えーと、2,000円のルータと1,000円のアダプタ×3本という計算です。


今日のアル中:

ところで到来物のビールが積んであったので1リットルほど飲んでいたら父親に飲み過ぎだぞと因縁をつけられたのだが、こんなもんふだん飲んでる焼酎(25°)に換算したらコップ1杯だぜ、飲んだうちには入らないのだった。


今日のクレーマー: アル中つづき。

サントリー・ザプレミアムモルツ それはそれとして、ちょっと前に寄ったそこそこ高級なレストラン(五目ヤキソバが1,500円といえば見当はつこう。もちろんひとの奢りだ)に入って生ビールを頼んだら、これがちょっとだけ鉄くさかった。サントリーのプレミアムモルツを飲みつけていてビールにはちょいとうるさい俺さまだから気づくような微かな異臭ではあるが、気づいちゃったものは仕方がないので店員さんに「鉄くさいよ」と一言してからそれでもお代わりする俺。

お代わりを持ってきた店員さんが「『鉄くさい』の意味が判らないので、圧を変えてみました」ってこいつぜんぜん判ってないなあと思ったけど面倒なので文句など言いません。でも帰宅してからお店宛にメールはして事情を説明する俺。

後日に店長さんからお返事があって、「ご指摘の通り、『鉄くさい』=『機材の洗浄が出来ていない』と認識しています」との由。ついでに「もしチャンスを頂けましたら、次回ご来店時に 大変お手数ですがこのメールを従業員に見せて頂ければ、50%OFFとさせて頂きます」ともあるなあ。

そういう目的ではなくて、僕としてはちゃんとビールが飲めれば問題はないので、いちおう「また鉄くさかったらちゃんとしたお替わりを要求できる権」だけ請求するお返事を出しておきましたとさ。妥当な落としどころだと思うんだけどな。


なに、ビールが鉄くさい以外は味もサービスもちゃんとしたお店なのさ。50人ほど連れていって大宴会をやらかした後(たとえば中野ゼロで合唱団の演奏会やったあとのウチアゲ後)とかに250,000円の勘定書きが出てきてからおもむろにメールを取り出すようなクレイジー・キャッツ『こりゃシャクだった』みたいな真似はしません。

たぶん。


【その他のりびけんクレーマー事件】
  • 有名なのはでたぜん。(全難聴と全要研に喧嘩を売られた2002年)
  • 自動販売機にお釣りをごまかされたので地獄の底まで追いかけて200円取り返した事件(3年くらい前)
  • 実家の新築時にエクステリア業者と下請けさんの対応に齟齬があったのでエクステリア本社と掛け合って始末書とってみた事件(1989年)
  • スタート・ラボのCD-ROMがケースから出すたびに割れる欠陥品だったもので苦情を申し入れて50枚ほどかっぱいだ事件(2007年)
  • 近所のDVDレンタルがケースと本体を間違えて延滞金を請求されたので、いちおう支払ってから本社に連絡を入れて1,200円返してもらった事件
  • 長丁場なのに飯を食わせないPC要約筆記現場差配の左コメカミにグーパンチ入れた事件(3年くらい前かな、俺的には笑い話だが殴られた悪鬼羅は気の毒なもんだ。まあ殴ったほうも痛いってんで禁酒が1日だけ途切れたので勘弁しておけ)
オーストリアのPC要約筆記現場で現地設置担当者と喧嘩になって英語とドイツ語と日本語が錯綜してエラいことになったとか、まあいくらもあるなあ。僕はこんなに温厚な性格なのに、どうしていつもトラブルに巻き込まれてしまうのだろう。祟りか。

今日の明日:

どうやらよいよいの母の某所合唱団練習に付き合わされるらしい。付き合うとなると歌うわけなのだが、僕もさいきん酒ばっかり飲んでるもんで体力に不安があったりなかったり。つい全力で歌っちゃうんだよねー、ペース配分とかいう概念がないんだよねー、バカだねー。

fff連続とかだったらまだいいんだけど、pppのほうがよほど疲れるわけ。
The Zirconsばかりだったらよほどラクなのに。

庭山(にわやま)由紀事件まとめ(6月12日時点)。
【発端】

汚染地域の人の血、ほしいですか

桐生市議会議員の庭山由紀さんが、市役所前にいる献血車を目撃/撮影して「放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?」とTwitterに発言しちゃった、と敢えて書こう。

5月25日くらいのことだと思う。
ソース:http://rocketnews24.com/2012/05/25/215436/


【なんとなく感想】

バカってどこにでもいるなあ、とは思いましたな(後述)。


【なんか気にいらない】

ところが、ネットで眺めているとこの庭山由紀さんを擁護する、あるいは庭山由紀さんを追及する側を追及するという勢力(笑)がいるみたいなのね。なんだそれ。


【しかたがないので書いておく】

  1. 「放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?」という発言は、「放射能汚染地域でできた野菜って、ほしいですか?」という発言と質が変わらない。
    彼女(だよな?)が選良たる議員としてすべきだったことは、「安全性の確認」と「採血の妥当性の検証」(安全性に不安がなくても、供給量と風評被害(輸血される側の意識の問題とか)との整合性の検証とか)だった思うの。
    そこまでの関心も知識も実行力もなきゃ黙っていればいいし、そこを措いてただ「放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?」(つまり「怖いよね?」)と言ったのならば、それはただの「バカの感想」ではないか。どうにも擁護する気にはなれないのです。

  2. 庭山由紀市議の市議としての働きについてはあまり僕がいうことでもないのですが、今回についてはつまり「桐生産の野菜(あるいは特産品だろう帯でもなんでも)って、ほしいですか?」というのと同義ですよね。構いませんよ、「ああ、桐生市ってそういうところなんだ」と市外の民は思うだけです。
    それがきちんとした根拠に基づくものならば、あるいは正当な意見として発せられたものならば、市の産業の評判は却って上がることでしょう。少なくとも僕は評価します。今回は、そうでもありませんな、残念ながら。

  3. あと辞職勧告とリコール運動の違いも判っていないと思しく、なんだかなあ。庭山由紀市議ブログに「書いているヒマがあるなら、リコール運動すればいいじゃない」と書いてあることが、辞職勧告は同業者、リコール運動は市民という認識がなかろうという証左になります。
    ソース:http://niwayamayuki.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-4b7f.html
    議員と市民とどっちが多いと思っているんだろう。

  4. さらに、その庭山由紀議員の『涙ぐましい無駄な努力の数々』と題されたブログ
    ソース:http://niwayamayuki.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-4b7f.html
    には、その辞職勧告に賛同した個人の氏名がいちいち列記されています。勧告は議会によるものであり、その要望を出した町長なりの個人は所謂「署名した一般人」にすぎませんし、行政に対して何らかの要望を出した個人の氏名がいちいち公表されていては市民生活は成り立ちません。この点からは、庭山由紀議員に基本的な情報リテラシーがないことも判ります。そも涙ぐましい無駄な努力でブログ書いてるのはどっちやねん。


物事を考えないアタマのヘタクソなひとが「放射能ってやあねえ」と言った、文句言われたらキレてる、それ以上のことはなにもないんです。 政治家だからなにか考えていたという要素はまったくなくて、政治家としての資質がないことを露呈したに過ぎないのですよ、庭山由紀さんは。
2011年11月3日(木曜日): もうだめだと思うことは今まで何度でもあった。
今日のお店:

サトシン/おくはらゆめ『とこやにいったライオン』教育画劇 どうもここんとこ時代小説ばかり読んでいるもので、「お店」とあったら「おたな」と読んでしまうヘキがついておりますな。とくに困りもしませんが。

さて、近所に「Crab Cut」という髪床があるのを発見。おそらくは、道玄坂に実在する「入口にゴッホを飾っている床屋」と同種の洒落であろう。じつは近所に「不思議の国のアリス」由来の名前を冠する託児所もあるのだが、今日はさわらないことにしておく。

昨日寄った荻窪のもつやきカッパさんだが、あれκじゃねえよな。いや、判らんぞ。

そういえば荻窪アルカフェの近所にBack Schonというキャバクラ(たぶん)があるのだが、綴りはあれで合ってるのかしら。まあいいや。さらにまったく関係なく、トイメンシャオってトイメンシャンと関係あるのかな。ないな。


今日の今日:

大失態を一発。

2011年9月30日(金曜日): So What?
Omelette 書いたか書かなかったか忘れたので書いておくと、さいきん近所の煙草屋さんでゴロワーズが手に入らない。滅多にお店が開いてないのもあるし、自動販売機の品揃えが軒並み品切れだったりもするし。今日はおじさんをつかまえたので訊いてみたら、なにやら足をヤったそうで仕入れもままならないのだそうで。それじゃあしょうがないね。

ここんとこ煙草屋さんでやたらとライターをくれるなと思っていたら、かんたん着火のライターってこの27日で販売禁止になってんのな。ばかばかしい、あんなカラクリ仕掛けのライターがあったら、子供だったら灯くまで試すに決まってんじゃん。役人ってほんとうに馬鹿だし、そんなのがまかり通る日本のシステムってどうしょもねぇな。

2011年9月7日(水曜日): 文系ですから。
今日の腕時計:

オリエント スリースター 一昨日のオリエント時計は、文字盤に思いっきり「5 bar」って書いてあるのにショップが「10気圧防水」と言い張っているについては、とくに文句はない(潜ったり沈んだり流されたりはあまりしない生活ですから)のだがいちおう問い合わせはしておきました。


※翌日追記
お店のかたよりご丁寧な返信がありました。
ご指摘の通り、ご注文商品は5気圧防水でございました。
当店の記載ミスでございます。
誠に申し訳ございません。

当店のみすでございますのでご希望であればご返品の対応もさせていただきます ので、ご返品の場合はご連絡いただけますでしょうか?
いや、別に潜りも沈みも流されもしないしバタフライは苦手なので5気圧でも10気圧でもいいので返品の意思はない旨、お返事しておきました。対応の丁寧なお店で、好感はもてます。サイトのほうもあっという間に訂正されておりましたとさ。

シリコン腕時計 今日届いた韓国製の安っちいシリコンバンド腕時計は、英文マニュアルには思いっきり「3 bar」って書いてあるのに、サイトには「1気圧防水」とありますな。もうなんの理屈も判らないのでした。
2011年6月19日(日曜日)、ナメられたら黙っていられ、る。
Stand Up! Japan それがプライドってもんだろうに。
これといってとくになにもない日。
今日のTシャツ:

震災復興支援のStand Up JapanからオフィシャルTシャツが出るてんで、ステージ衣裳用にちょいと手配してみました。いちおうライブで着ていればなんにもないより宣伝にはなるだろうし、たいがいYouTubeにも載るし、すくなくともジャイアン(ベーシストではなくて歌手のほう)だのAlice Cooper先生だのを着ているよりはなにごとかあるかもしれないし、どうせ2,000円だし半分は寄金に廻るらしいし。


今日のニュース:ってか知ってたってか。

ずっとウソだった 「メルトスルーこきゃがって、福島ってば人類史上最大の大惨事って言われてるぜ」っていうアルジャジーラの記事です。専門家がうじゃうじゃ出てきて「なにやってんのあいつら馬鹿なんじゃねぇの」まで言われてるわけだが、国内だと首相が専門家風をびゅんびゅん吹かせているくらいで、ほんとうの専門家はなにも言ってくれないわけだし、しょうがねぇか。

そういえば誰も「ブラジル・シンドローム」って言いませんね。


今日のDVD:

DVD『マシニスト』 ヒマだったので中古購入DVD『マシニスト』を観ていたのだが、これっていい映画だよなあ。「主人公の痩せぎみが不気味」という理由で観ないひとが多い(ふたりくらいは知っている(社長とかエイジさんとか)が、母数から推定するに実数は多かろう)。

そも「痩せてるひとが主人公」だと思えばそんなに困ることはないんだけどな。

ネタばらしにはならないと思うので書いておくと、「マリアとイワン」という時点で物語の組み立てに興味がいくのではないかしら。いや僕は「アイヴァンはイワン」というのに気づくのにずいぶん時間がかかりましたが。

そういう前提だと、『エンゼル・ハート』とか『ファイト・クラブ』とかと同じ話なんだな、これは。

関係ないけど、僕はマイケル・アイアンサイド出演作品が好きだということに気づかされるわけ。『スキャナーズ』『スターシップ・トゥルーパーズ』『T4』といったところか。

footcopy