徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


今夏の杉並公会堂公演(補遺)。
甍 土曜日には呼ばれてもいないのに受付嬢として杉並公会堂の合唱団公演に遊びに行ってきたわけで、ああ面白かった。パンフレットへのチラシ挟み込みでは「りびさん寝てるし」とか言われていたようだが、僕が混ざると能率が落ちるのでいないほうがいいのだ。折れてる肋骨もちょっと痛かったしな、まあいいじゃん。

それでまあ、杉公さんとの付き合いも長いので、今回気がついたところをいくつか。


車椅子来場のお客さま

いちばん目につくホール入口は後部にあって、ここには階段がある。
車椅子ご使用のお客さまとかならば、ホール脇の通路(ちょっと傾斜はあるが段差レス)を通っていただいて客席中央の「車椅子スペース」にご案内するのがたぶん正しい。とうぜん介助のかたがいらっしゃるわけだから、その周辺も所謂「予約席」としておいたほうがいいと思う(今回は座席を替わってくださったお客さまがいらした)。できればスタッフが付き添いでご案内するのが正解なのだと思うが、今回はなかったね(ヒマなので俺が行ったね。浜離宮ホールだと専属スタッフがついてくださるのだが、そっちはそっちで「要予約」だったりするのでどっちがいいのかよく判らない)。


扉番不在

その「いちばん目につくホール入口の扉」は、階段下と階段上に2枚ある。
開演直前直後ならばスタッフがホワイエにいる必要はまずないわけで、2階も併せて人を配置しておくべきだったと思う。作業としては、「始まったら閉める」だけ。


子供室

正式名称は知らんが、2階席の右っかたに子供室というか、騒いでいても平気なブースというか個室がある。以前に『王孫不帰』を歌ったときに、一般客が呆然とするなか子供室だけバカウケという事態があって、「勝ったな」と思ったこともあるさ。

ふだんは照明を消して、カンテラなどでご案内をしていた筈だが、今回は照明全開で子供丸見えだったんだけど、合唱団側が気にならなければそれでいいか。


開場時刻

合唱団側も下は14歳なのはいいとして上は87歳だったりするので、お客さまなら100歳くらいのかたがざらざらいらっしゃるのではないか。開場待ちの列にちょっと椅子くらい用意してもよかったような気はする(東京文化会館では警備のおじさんが「椅子どうスか?」ってもってきてくれる)。大した問題ではないが。

それと、リハーサルが終わって会場点検が済んだら、開場は前倒しでいいと思うんだけどな。いや、高齢者観客の多い夏場の演奏会でステージマネージャに「前倒し」という考えがなかったことを問題だと思うわけ。


トイレ

スタッフ全員が場所くらい把握しておこうよ。
「だれでもトイレ」もそうね。
同じことは「子供室」にも言えるのだけれども。

喫煙所の場所も、知っているのが僕だけだった。はっはっは。


曲間入場

とうぜんながら、開演に遅れてくるお客さまもいらっしゃる。たぶん国土交通省の責任とかそんなやつだ(17時開演を午後7時開演だと思ってご来場くださったお客さまはさすがに気の毒だったが、アンコール3曲のうち2曲は聴いていただけた)。

たとえば笠置くん指揮の劈頭ステージでは2曲目と3曲目の間には入場が可能だということを指揮者に確認してきたのだが、それって遊びに来ている俺が確認するようなことなのか? 


そんな感じです。
全体としてはいい演奏会だったと思うので、敢えて書いたというか、僕が来年まで生きているかどうか判んないし(‥ )/


スポンサーサイト
2016年8月13日(土曜日): 男声合唱『甍』、僕は受付嬢。
今日の衣裳:

本日の衣裳 甍 白石一郎『観音妖女』講談社文庫 09:00、平和裡に起床。今日は愉しい男声合唱『甍』演奏会で、別に頼まれてないけど裏方作業の邪魔でもしようかなと思って11:00くらいにとことこと杉並公会堂に向かう。とくにやる気などあるわけでもないので、本日の衣裳はダメージドジーンズにエアマックス、腹にはコルセットでHONUのネックにかりゆしウェアとサングラスという信じられないもので、この恰好を見て「あ、スタッフだ」と思うお客さまがいたら顔が見たい。ついでに言うとほんとうはかりゆしにジーンズはおかしいのだが、誰も気がつきゃしねえだろ。

スタッフ控室にあった珈琲とサンドイッチを勝手にいただいてから、いつもの喫煙所に行ったらいつも通りに小田先生がおられてご挨拶などする。それで杉並公会堂のちょっと西にある古書「象のあし書店」で以前から捜していた白石一郎『観音妖女』(十時半睡、講談社文庫)をゲットしてにこにこしながらホールにもどって、みんなが頑張って「チラシの挟み込み」をしているのを横目に見ながらロビーのソファで寝る。折れた肋骨がいきなり痛み始めたものだからな、まあしょうがないね。どのみち僕はそっち方面はやたらと不器用なので、いてもいなくてもいいけどどちらかというといないほうがいいのだ。

うちのお客さまはストリクトなかたが多くて、16:30開場(17:00開演)だと言っているのに16:00前からお客さまがそこそこいらっしゃるので、そっちの整理はいちおう担当してみる。目黒寄生虫館のサナダムシ様にうねうねと並んでいただいて、早めにいらしたお客さまには特権としてロビーのソファに座っていただく。杉並公会堂ならもう庭みたいなものだから、そのへんに悩みはない。あと平均年齢は少しお高めで「立って待つのが辛い」というお客さまもいらしたのだが、そのへんは特権でソファに座っていたお客さまが譲ってくださったりして、気分のいい現場だ。

車椅子のお客さまが3人か4人さまほどいらしたのは後ろの階段口ではなくてホールサイドの通路から入っていただく必要があるのだが、スタッフにはまったく徹底されていなかったらしいのは次回の課題だな。ここでも車椅子スペースのお隣のお客さまが介助者さんのために席を明けてくださる。ありがたいことだ。


今日の演奏会:

演奏会概観 毎夏恒例男声合唱『甍』演奏会はざっくり早稲田大学高等学院グリークラブ、早稲田大学男声合唱団コール・フリューゲル、そのOB会のいらか会合唱団の3団体合同演奏会で、高度成長時代もバブル崩壊も乗り越えて飽かず倦まずに今年で55回を迎える。最年少は高校1年生だから15歳、最高齢はたぶんオカヤマさんが87歳になられる筈だ。

僕も若いころは毎年出演していたのだけれども、最後に乗ったのは5年前の第50回演奏会で、東京文化会館大ホールで着席率97%という冗談みたいな集客を叩き出したなあ。ありゃ疲れた。今回は病み上がり(まだ上がってないという話もある)ということもありついでに肋骨も折れているので出演は遠慮して、「ちょっと乗らない?」とか「譜めくりやってくれない?」というありがたいお誘いもいただいたのだけれども、出演については練習に行ける自信がなかったので遠慮、譜めくりについては整形外科の先生に「座って立って胴を伸ばして左手で4尺先のページをめくって身体を戻してまた座る作業を30回」って言ってみたら「やめときな」って言われて終了。

本番中はなんだかんだで走り回っていたので、演奏は聴いていない。いつものことだ。集客は700強さまで、実質は1,000席のホールなのでこれくらいならほぼ満席と言えるんじゃないかな。


今日の帰宅:

おしり 19:30終演で、ほんとうはホール地下でのウチアゲ、そのあと駅前で本格ウチアゲなどと予定されていたのだが、ちょっと電池が切れてきたのでそのへんはご遠慮して帰宅。20:00には帰宅して20:30には就眠爆睡。


26:00くらいに目覚めてみたら、ホール事務所からの不在着信が21:48から22:15までの間に11件(!)も入っていた。まったく気がつかんかったの、よく寝たわい。合唱団のホール地下グランサロンでのウチアゲ終了後ということになるので、さては鍵でも返し忘れたか支払い忘れか、あるいは失せ物のたぐいか。もちろん演奏会責任者の連絡先もさきさまはご存知なわけだが、この時間帯だとたぶん荻窪駅前地下あたりでの本格ウチアゲに突入していた筈だから連絡がつかなかったのだろうな、申し訳ないことだ。

明朝一番で連絡を入れてもいいのだが、僕は勝手に行って勝手に遊んで勝手に帰ってきた立場なのでなにを言われても判らんなあ。ここは先輩筋にご相談を入れてみるということでお茶を濁そう。

2016年6月19日(日曜日): ウクレレ最初はC。
今日のウクレレ:

菜箸(景品) 10:00からの、年に1回ある国内最大のウクレレメーリングリスト「最初はC」のオフラインミーティングに、なんだかんだでのんびりと13:00くらいに顔を出す。入場時の福引で、ちょうど欲しいなと思っていた菜箸を頂戴して嬉しい。

最初はC くつろぐ私 おーうちさん タッキー

演し物はウクレレで『家とカサ』、ピアノで中村十兵衛『長い髪の女』、同サポートで『Fly Me to the Moon』とかそんなの、それからウクレレで『雲雀よ雲雀』(feat. 成田さんカホン&タロットさんベース)。あと休憩時間にソロピアノをちょっと弾いたが、ジャムセッションは別としてソロピアノはそれなりに腕をめきめきと落としておるなあ。なんぞせねばならんな、こりゃ。


今日の下北沢:

セッション仲間の亜紀ちゃんとマルオさんが下北沢Music Island Oで対バンをやるというので食指をそそられていたのだが、ウクレレ二次会のお店がサービスで1時間延長してくだされなかったらマルオさんのほうも間に合ったんだけどなあ、どこにも文句の持ち込み用がなかたい。

いちおう後番のアキちゃんのほうには間に合ったからヨシとしよう。


今日の明日:

おしり 静養日。

2016年5月22日(日曜日): 見上げられるから空がある。
ウクレレ「最初はC」主宰のイタチさんにたぶん「たまたまそこにいたから」という理由でお誘いをいただいて、小田急線南林間La stanzaさんで一発ライブなどぶっ放してきた。
演奏中 Sets: りびけん on Uke., feat. 成田さん on カホン
  1. 家とカサ(詞:深川大輔、曲:りびけん)
  2. 上を向いて歩こう(Blues ver.)
  3. 長い髪の女(中村十兵衛作、on Piano)
  4. 雲雀よ雲雀(津原泰水作、feat. タロットさん on Bass)
  5. コーヒー・ルンバ(feat. 竹之内浩一さん from Route8464)
  6. All of Me(りびけん on P., feat. 竹之内浩一さんとタロットさん)
  7. ラストダンスは私と


明日(2016年5月22日の日曜日)、南林間でライブ演ります。
5月22日(日曜日)、ライブイベント「大動脈瘤大爆破」
大動脈瘤大爆破2016年5月22日(日)南林間La stanza

於: 南林間La Stanza、駅歩3分とやら(南林間自体は新宿から小田急線で45分くらい)、17:30開場
出演:生醤油、イタチ、りびけん
僕はウクレレ弾き語りで、19:40~くらいからの出演です。
よしなに。
2016年4月23日(土曜日): アルカフェ10周年記念シリーズライブ。
アルカフェ アルカフェ 土曜日は荻窪のライブハウスアルカフェさんの10周年記念シリーズに寄せていただいて、20分ばかり歌ってきた。

アルカフェ開店10周年!を記念して、10年前の開店当時に出演していた皆さんが再び登場!という企画で、僕は2006年10月19日の開店前に初出演していて、10年経ったということは10歳齢をとったということを2階店舗までの階段で思い知るわけだ、はっはっは。到着するなり皆さんにご心配いただいた体調のほうは、うすらかったるいくらいでまあなんとか。


2014年と2016年の私 Sets:(基本的にウクレレ弾き語り)
  1. サウンドチェックからいきなり『ラストダンスは私と』
  2. 『家とカサ』(詞:深川大輔)
  3. 『上を向いて歩こう(Blues Ver.)』
  4. 『長い髪の女』(中村十兵衛、ピアノ弾き語り)
  5. 『雲雀よ雲雀』(津原泰水、客席の皆さんと一緒に)
ところで『上を向いて歩こう』は後続のwaccaさんに丸パクリされて、キーと進行とストレッチまで同じとなるともう故意かわざとかあるいは知っててやったとしか思えない。
ところで今回「2年前の2014年5月3日に同じくアルカフェで敢行したライブと衣裳を揃えてみる」という無意味なギャグをかましてみたのだが、どなたも突っ込んでくださらなかったので寂しい。

写真は2014年と2016年の私。

2016年3月12日(土曜日): フォルマントは「ぷう」とか「ぺん」とか。
今日のハモニカ:

YAMAHA SS-220 chromatic harmonicas 昨日は歌舞伎町Golden Eggの松村くんセッションへの行きがけに、なんとなく西武新宿シマムラ楽器でヤマハの二段クロマチックハーモニカを買っていく。小学校で習ったやつで、2,000円くらいかなと思ったら3,400円もしたのは、まあいい。それでセッションでSummertimeとかThe Days of Wine and Rosesとかを吹いてみたらなにやら意外と好評だったみたいなんだけど、私はこのさきどっちに進めばいいのだろう。

とりあえずふつうのクロマティック・ハーモニカがたくさんと、SS-220と、XB40まであるんだがらくちんなのはまずピアノ、次がウクレレなんだよなあ。北は西荻北から南は南荻窪までを支配するセッションリーダーのイイヅカくんによると、僕の本業はハーモニカなのだそうだが。そうなのか。


今日のライター:

ライターズ 土曜日の朝は、オイルライターの燃料を充填する。本体は現状で108円のやつが4本、5,000円のやつが1本、100,000円のやつが1本ころがっているのだが正直どれがどれやら判らない。よく見れば判るのと、ダイソーのやつは突如としてぼそっと壊れるところが大きな違いだな。ZIPPOのオイルはコンビニでは4 oz(オンス)が500円、オリンピックで買うと12 ozで500円。同じ制式品だと思うのだが、どうしてここまで価格差が出るのかは判らない。

さいきん漫画雑誌もどんどんROM落ちしてしまっているしテレビドラマも「毎週観ている」ものはないので、一週間の区切りはもうこのオイル充填だけになってしまった。これさえなくなれば自由になれるんだけどな。


今日の御飯:

めし めし めし

めし めし めし

めし まあ、なんかは食っている。
さいきんのマイブームはレバの血抜き。


今日の水素水:

水素水(株式会社中京医薬品謹製) 200円もしなかったので、AEONで「水素水」を買ってきた。メタルボトルなので水素が抜けにくいのだそうな(憫笑)。

こんなもん作ってる医薬品会社も終わってるし、こんなもん売り出してるAEONももう駄目だな。近在のスーパーマーケットならAEON、ライフ、みらべる、サミット、生協、飯田百貨店といった感じだけれど、取柄のあるのはダントツで東中野サミット、次点からがごくふつうのライフ、品揃えのよいコモディ・イイダ、ご近所で基本は押さえている生協、ヘンな肉が愉しいみらべる。AEONにはなんの面白みもないけど併設の処方箋薬局が素晴らしいので通っている感じ(ツルハね)。


今日の明日:

おしり 明日というか長期計画なのだが、

  1. なるべく15日までに確定申告を終わらせること。めんどくさいから区役所で相談しようかな。
  2. 楽器のメンテナンスをしておくこと。まともに吹けるハーモニカが少なくて、鍵盤楽器があらかた壊れておるのでなんとかしよう。
  3. 4月23日と5月22日にウクレレ弾き語りライブを敢行する予定なので、落ちた声量を取り戻すためにすこし歌っておく必要があるな。
  4. iPhone4Sが死にかけているもので、ちといろいろあったがやはりJ:COMガラホあたりでとっとと手続きをするように。
  5. とかいうと忙しいようだが、月末か四月初旬あたりに能登あたりには散歩にいこう。ここ2年半ばかりはコルトレーンばりにレジャーがなかったしな。
なに、息をしているだけでも丸儲けだ。
明日の2016年3月6日(日曜日)はいらか会合唱団の演奏会。
もういくつ寝るとお正月(Uke)。
動画をアップするとなるとクリスマス以降大晦日までになってしまうネタなので毎年タイミングを外していたのだが、今年は間に合ったかなと思ったらもう寝るヒマはないのでした。


暗かったので撮りなおしてみました。


もういくつ寝るとお正月(Uke)。
動画をアップするとなるとクリスマス以降大晦日までになってしまうネタなので毎年タイミングを外していたのだが、今年は間に合ったかなと思ったらもう寝るヒマはないのでした。


暗かったので撮りなおしてみました。


footcopy